社会の話題と反応を発信していくネットメディア

これは、本物の「醜い」になっている(Kyle Becker)/バイデン、世界に「8,100万票」の実力を見せつける/各メディアの動画「再生数」と「dislike」数!

政治
スポンサーリンク

カイルベッカー氏のツイート

これは、急に本物の*醜い*になっている。

スポンサーリンク

ライブストリーミングの数字の少なさはバイデンの人気を示している

ジョー・バイデンは100日近く待って、初めて大統領として議会で演説を行った。この演説を見るためにライブストリームにチャンネルを合わせたアメリカ人が少なかったことを考えると、それほど期待されていたわけではないようだ。

今回も、Youtubeのライブストリームでは、肯定的な反応よりも否定的な反応の方が多かっただ。ちょっと見てみよう。

スポンサーリンク

すべてのメディアの再生数は悲惨、好きより嫌いがはるかに多い

CBSでは、18,000人強の同時視聴者がいたが、サムズダウンとサムズアップの数は2倍。

CNBCは1万2千人近くが見ているが、ポジティブな反応よりもネガティブな反応が多い。

ロイターは、演説開始1時間後の同時視聴者数が2,049人にとどまり、ネガティブな反応がポジティブな反応の3倍もあった。

スポンサーリンク



Timeも、100万人の購読者のうち1,170人しか視聴しておらず、否定的な比率は3倍だった。

「USA Today」は、1時間後に3,778人の視聴者が集まりましたが、ポジティブな反応よりもネガティブな反応が圧倒的に多かった。

ワシントン・ポストは、ポジティブな反応がネガティブな反応を上回った数少ない新聞のひとつです。Bidenのスピーチの1時間後には76,000人以上が視聴していた。

Yahoo Financeはライブストリームで7,000人強の視聴者を得たが、やはりネガティブな反応がポジティブな反応をはるかに上回っていた。

CNNも比率が高くなった。

スポンサーリンク

人気の保守系評論家の動画は3万8千の「いいね」と509の「嫌い」

比較のために、保守政治評論家で人気の高い(*)スティーブン・クラウダーがバイデン大統領の演説をライブで「ファクトチェック」したものを見てみよう。

8100万票、アメリカ

https://beckernews.com/wp-content/uploads/2021/04/CROWDER-scaled.jpg

(*)スティーブ・ブレイククラウダー(wikipedia)

1987年7月7日生まれ。アメリカ、カナダの 保守的な 政治評論家、メディアホストとコメディアン。彼は、毎日の政治ポッドキャストLouder with Crowderと、YouTubeで最大の独立系ニュースチャンネルをホストしており、チャンネル登録者数は503万人を超えている。元フォックスニュース。

Steven Crowder - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました