社会の話題と反応を発信していくネットメディア

エリック・トランプ「トランプ氏の2024再出馬を約束/「バイデンは父のエネルギーに及ばない。父は朝早くから夜遅くまで働いて世界中どこでも行ったが、バイデンは国境にさえ行かない」

政治
スポンサーリンク

エリック・トランプ、Newsmax TVに登場。バイデンは父のエネルギーに及ばない

2021年05月03日

トランプ元大統領は常に「エナジャイザー・バニー」で、朝早くから夜遅くまで働いていると、息子でトランプ・オーガニゼーションの執行副社長のエリック・トランプ氏がニュースマックスTVに語った。

バイデンは先週、毎日のブリーフィング以外に5つの公のイベントを行っただけであるのに対し、トランプは同じ比較対象の就任週に、1日おきに9つの公のイベントを行っていた。

スポンサーリンク

父は10時に帰ったとしても、電話をかけ続けていた。決してやめなかった

“エリック・トランプ氏は、父がホワイトハウスにいた頃について、「父が夜の9時や10時に帰った後も、まだ電話をかけ続けていました。”つまり、父は決してやめなかった。彼は決してやめなかった」。

トランプ氏は、長時間労働の後でも、共和党員の様子を確認し、さまざまな危機に対処していたと息子は語っています。

その仕事ぶりは、トランプ・オーガナイゼーションを運営していた頃からのものだという。

また、トランプ氏は世界のリーダーたちと話し、世界を旅していたとエリック・トランプ氏は指摘する。

“彼はポーランドにいた。北朝鮮にも行った。あなたはおそらく、彼が非武装地帯を歩いて渡り、北朝鮮に入ったことを誰も信じられなかったことを覚えているでしょう。”

スポンサーリンク

バイデンは国境にも行かない、警備隊とも会わない

一方、バイデンについては、エリック・トランプは、「この男を見ないで何週間も過ごすことができる。南部国境には降りてこない。彼も(カマラ・)ハリス副大統領もだ。彼らは仕事をしていない。

ゴールドスターの家族とも会わないし、国境警備隊とも会わない。建設プロジェクトを見学することもありません。彼らは事実上、どこにもいません。控えめに言っても、このコントラストは不可解だ。”

このエネルギーは、近い将来に行われるトランプの集会や、もしかしたら2024年の大統領選への再出馬を示唆しているのではないかと、司会のグレッグ・ケリー氏に尋ねられたエリック・トランプ氏は、「また見られると思うよ。約束しよう、我々は再びそれを手に入れるだろう」と答えた。

https://www.newsmax.com/newsfront/erictrump-donald-trump-energy/2021/05/03/id/1019990/
スポンサーリンク

国境危機の中、バイデンは教会に通い、国境責任者ハリスはケーキをむさぼる

南部国境危機の最中、バイデンは国境に通う

カマラ・ハリス副大統領は、米国南部国境の人道的危機を解決するはずだったが、彼女は自分のケーキで忙しすぎて、この状況を救うために指一本動かすことができない。

その代わりに、火曜日にはシカゴのサウスサイドにあるブラウン・シュガー・ベーカリーに顔を出し、ビジネスオーナーや地元の政治家たちと交流した。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました