社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【NEW】中国だけCO2削減すれば良いだけとわかる/中国の温室効果ガス排出量は、2019年にすべての先進国を合わせた排出量を上回っていたことがわかる/ネット:世界に迷惑をかける国

エコ
スポンサーリンク

中国の温室効果ガス排出量は、すべての先進国を合わせた排出量を上回る

ジャストイン:新しいレポートによると、中国の温室効果ガス排出量は、すべての先進国を合わせた排出量を上回っている-CNBC

研究者たちは、中国の排出量に対抗するために「すべての国からの重要かつ迅速な行動」が必要であると述べている

Chinaの温室効果ガス排出量は、初めて、すべての先進国を合わせた量を上回った。

スポンサーリンク

 中国の温室効果ガス排出量、2019年に初めて先進国を上回る

2021年5月6日

ロディウム・グループは毎年、2020年の米国と中国のGHG排出量の暫定的な推定値に加え、1990年から2019年までの190カ国以上の経済全体の排出量(6種類の京都ガスを含む)の年次推定値を提供している。

たに更新した2019年までの世界の排出量データを用いて試算すると、2019年には、各国の温室効果ガス排出量が測定されるようになってから初めて、中国の年間排出量がすべての先進国の合計排出量を上回った。

中国の排出量は、1990年には先進国の排出量の4分の1以下でしたが、過去30年間で3倍以上に増加し、2019年にはCO2換算で14ギガトン以上に達した。

スポンサーリンク

2019年の世界の温室効果ガス排出量

新たに更新された2019年の速報値によると、京都議定書の6種類のガスすべての排出量を含み、土地利用と森林、国際バンカーを含む世界の排出量は、2019年にCO2換算で52ギガトンに達し、過去10年間で11.4%増加した。

中国は全世界の総排出量の27%以上を占め、第2位の米国の11%を大きく上回った(図1)。また、インドは世界全体の排出量の6.6%を占め、初めてEU-27を抜いて3位となった。

図1
2019年、中国のGHG排出量は初めて14ギガトンの閾値を超え、140億9,300万トンのCO2換算量(MMt CO2e)に達した

スポンサーリンク

中国の排出量は初めて先進国全体の排出量を上回る

図2
2019年、中国の排出量は、世界第2位の排出国である米国(世界総排出量の11%)の排出量を上回っただけでなく、初めて先進国全体の排出量を上回った

スポンサーリンク

一人当たりの排出量も先進国全体の合計に非常に近いところまで来ている

図3
中国は、2019年には年間排出量で先進国の合計を上回り、一人当たりの排出量も非常に近いところまで来ている

rhg.comより引用

China's Greenhouse Gas Emissions Exceeded the Developed World for the First Time in 2019 | Rhodium Group
Each year Rhodium Group provides the most up-to-date global and country-level greenhouse gas (GHG) emissions estimates through the ClimateDeck (a partnership wi...続きを読む
スポンサーリンク

ネットの声

疫病といい、CO2といい、この国は世界に迷惑をかけることしか知らんのか

この事実を認めないのだろうなCCPは

共産党の利益なら他人の迷惑考えない国

ジェノサイド中国

参考記事
タイトルとURLをコピーしました