社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【アリゾナ監査】マリコパ郡が削除したデータの件/実行者は、国家反逆罪で終身刑の可能性

政治
スポンサーリンク

マリコパ郡が削除したデータドライブには、(投票内容が変更された)裁決済みファイルが含まれていた

5月14日

マリコパ郡監督委員会は、監査官に投票用紙を引き渡すわずか10日前に、アリゾナ州上院から召喚された資料の記録から証拠のほとんどを削除したため、卵の上を歩いているようなものだ。

しかし、なぜ証拠を改ざんしてまで刑務所に入るリスクを冒すのか、とリベラル派の知人が尋ねた。単純に考えて、選挙違反の共謀罪の方がはるかに刑罰が重いからだと答えた。

削除されたものの中には、裁決済みの投票用紙の記録もあった。つまり、手書きで入力しなければならなかった投票用紙は、ある候補者から別の候補者に切り替えるのは朝飯前だということです。不正投票の一番の証拠が削除された。

以前は正直に選挙結果を疑っていた人も、きっとマリコパ郡で何かハンカチーフが行われているのではないかと思っているに違いない。

スポンサーリンク

国家反逆罪なら終身刑

証拠隠滅の罪で有罪になれば、わずか15ヶ月の刑期だが、選挙妨害の共謀は、正当に選出された政府を転覆させたとして反逆罪で有罪になれば、終身刑になる可能性がある。特に、削除された記録に不正の反論の余地のない証拠が含まれていた場合は、賭けてみる価値があるかもしれない

監督委員会は、選挙に使われたルーターの引き渡しも拒否している。ドミ○オン社は、彼らの機械のパスワードを隠している。

スポンサーリンク



アリゾナ州上院は来週、マリコパ郡監督委員会のメンバーを招待し、召喚された資料の保留や選挙証拠の削除などの行動を説明させた。

これは、誰か(システムは誰かを教えてくれません)によって審査され、その人(システムはいつ教えてくれません)によって操作され、おそらくバイデン票に変更された投票用紙を含んでいる。(frankspeech)

https://home.frankspeech.com/article/bombshell-data-drives-deleted-maricopa-county-included-adjudicated-files-where-votes-were
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました