社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ウイグル人、チベット人、香港の支持者は、北京での2022年冬季オリンピックの完全なボイコットを呼びかけ

スポンサーリンク

ウイグル人、チベット人、香港の支持者の連立は、北京での2022年冬季オリンピックの完全なボイコットを要求しました。

スポンサーリンク

ウイグル人とチベット人の擁護者が2022年北京オリンピックの全面ボイコットを呼びかけ

ウイグル人、チベット人、香港の支持者の連合体は月曜日、政府、人々、オリンピック委員会、アスリートに対して、2022年に中国で開催される冬季オリンピックを全面的にボイコットするよう呼びかけたと、APが最初に報じました。

なぜそれが重要なのか。米国をはじめとする各国は、中国がイスラム教徒であるウイグル人に対し、新疆ウイグル自治区の収容所内で強制不妊手術、レイプ、強制労働、拷問などを行っていることを非難している。

国務省は、同盟国やパートナーと共同でボイコットを検討するとしています。米国がオリンピックをボイコットするのは、1980年のモスクワ大会以来のこととなる。

中国は、この地域のウイグル人に対する虐待を否定し、ボイコットの可能性に対して「強固な中国の対応」を約束した。

スポンサーリンク

権利団体は昨年中に何度も国際オリンピック委員会と会合を持ち、大会を中国以外の国で開催するよう求めている

AP通信によると、権利団体は昨年中に何度も国際オリンピック委員会と会合を持ち、大会を中国以外の国で開催するよう求めているとのことです。

彼らの言い分は “チベット・アクション・インスティテュートのラドン・テトン氏は、AP通信の独占インタビューに応じ、「IOCと話し合う時期は終わった」と語った。”これは、IOCにとっても、国際社会にとっても、通常通りのゲームや通常通りのビジネスではありえない」。

“もし大会が開催されれば、北京は自分たちのやっていることが国際的に承認されたことになる」と、テトン氏は語っています。

Uyghurs and Tibetan advocates call for total boycott of 2022 Beijing Olympics
The U.S. and other countries have accused China of carrying out a genocide in Xinjiang.
スポンサーリンク

アメリカは、北京五輪参加巡りパートナー国と協議した(4/6)

4月6日

米国務省のプライス報道官は4月6日、2022年の北京冬季五輪について、米国が参加をどのように進めるか同盟国などと協議する意向を示した

プライス報道官は記者会見で、米政府が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と見なしている新疆ウイグル自治区におけるウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対する抑圧に言及し、中国政府による人権侵害を巡る懸念を改めて表明。

他の国と協調して北京五輪のボイコットの可能性について協議しているかとの質問に対し、「当然、協議したいと考えている。協調的な対応は米国のみならず、同盟国とパートナー国の利益にもなると理解している」と述べた。

報道官はその後、電子メールで、記者会見で言及したのは協調的なアプローチについてで、米政府は協調的なボイコットについて協議しているわけではないと説明した。

米、北京五輪参加巡りパートナー国と協議=国務省報道官
米国務省のプライス報道官は6日、2022年の北京冬季五輪について、米国が参加をどのように進めるか同盟国などと協議する意向を示した。
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました