社会の話題と反応を発信していくネットメディア

医師会・中川会長「国民は疲弊、延長に同意するが感覚的に解除せず、専門家の意見を尊重しろ」/ネット:疲れたから資金パーティーでもすっかな。疲れたから寿司デートでもして相手を1800万で雇おうかな。

コロナ
スポンサーリンク

中川会長、延長に同意するが専門家の意見を聞け

スポンサーリンク

寿司デート”お相手の職員を「年収1800万円」の特別待遇

“利用できる男は利用する”
 日本医師会の中川俊男会長(69)が昨夏、高級寿司店で女性とデートしていたことを、5月20日発売の週刊新潮は報じた。折しも国民に「人との接触を控えよ」と呼び掛けていた時期。さらに今回、中川会長の尽力により、お相手の女性は“医師会一番の高給取り”になったことも判明した。

その女性は、日本医師会総合政策研究機構の主席研究員である山田陽子さん(仮名)。中川会長と山田さんの関係について、さる日本医師会幹部が打ち明ける。

「中川さんが日本医師会の常任理事になったのは2006年で、副会長に昇格したのが10年。横倉義武前会長の前、10~12年の原中勝征会長時代に、“山田さんのがんばりは群を抜いているので特別に給料を上げるべきだ”と、会長に直訴したと聞いています。

事実、彼女の年収は昨年時点で1800万円。元来、日医の職員で最も高給だったのは、厚労省からの天下りポストである事務局長で、年収1500万円ほどでしたが、山田さんが最も高額になっています」

スポンサーリンク

 日医の複数の理事と付き合いがある関係者も、

「中川さんが山田さんの給与を上げるように会長に直談判した、という話は当時から聞いています。“中川さんの後押しで山田さんが厚遇されている”“二人はできている”とも、複数の理事から聞きました。彼女は以前、“私は利用できる男は利用する”という趣旨の発言をした、という話も聞きました」

と話す。そこで、直談判を受けたという当事者、前々会長の原中氏に尋ねると、二人の関係や、給料についての直訴について否定せず。思わせぶりにこう答えた。

「記事を書くことでなにかが動いて、それが国民の幸せにつながるのが一番だと思っています」

5月27日発売の週刊新潮では、中川会長という後ろ盾を得た山田さんの振る舞いを含め、本件を詳しく報じる。(デイリー新潮)

日本医師会・中川会長、“寿司デート”お相手の職員を「年収1800万円」の特別待遇に | デイリー新潮
日本医師会の中川俊男会長(69)が昨夏、高級寿司店で女性とデートしていたことを、5月20日発売の週刊新潮は報じた。…
スポンサーリンク

ネットの声

この人、人間のクズ?

誰がお前の言うこと聞くか!

よく人前に出てこられるわ

文句ばかり言わず自分たちで具体的な対応策の一つでも示してみろ!

ちゃんと自粛してる人もいるのに、パーティーやら寿司食ってる奴に言われても説得力ないって!本当に

疲れたから政治資金パーティーを主催していいか?

スポンサーリンク

参考記事

国民が自粛中、「資金パーティー、高級寿司デート」の日本医師会・中川会長が理事長を務める病院で11人のクラスターが発生していた
日本医師会・中川会長が理事長を務める病院で11人のクラスター発生! 2021年05月20日 中川会長を巡り〝激震〟続きの日本医師会  コロナ禍で政治資金パーティーや高級寿司デートを報じられた、日本医師会の中川俊男会長(69)が理事...続きを読む
資金パーティーの中川氏が開き直り「距離とり、無言、水も飲まないからセーフ」に批判コメント1万!/ネット:「国民には休業しろ、やめろ」と言ってたろ!」「対策とればこれから何やってもいいらしい」
まん防最中に資金パーティーを企画、実施していた中川日本医師会会長が開き直り 感染防止対策を徹底していた」「退くつもりは全くない。これまで以上に責務を果たす」政治資金パーティー出席が報じられた日本医師会の中川会長 日本医師会の中川俊男...続きを読む
「まん防期間中、中川日本医師会会長自らが発起人になりパーティーに参加」に国民の怒り爆発/「散々あおっておいて、自分はこれか!」「危機感、緊張感をもてと言ったのは誰だ?!」
まん防期間中に、中川日本医師会会長、自らが発起人になりパーティーに参加 まん防の最中 日本医師会・中川俊男会長が政治資金パーティーに参加していた 5/11(火) 16:12配信 東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が700人...続きを読む

タイトルとURLをコピーしました