社会の話題と反応を発信していくネットメディア

BBCの有名司会者女性(44)、ワクチン接種後に死亡 検視で関連を調査へ/1回目のワクチン接種後に血栓を発症

コロナ
スポンサーリンク

BBC司会者、ワクチン接種後に死亡 検視で関連を調査へ

リサ・ショーさんは2016年にBBCラジオ・ニューカッスルに入社し、日中の番組の司会を担当していた

今月21日に死去したBBCラジオ司会者について、英アストラゼネカ製の新型ウイルスワクチン接種と死因との関連が、検視によって調べられることになった。

遺族によると、BBCラジオ・ニューカッスルで司会を務めていたリサ・ショーさん(44)は、1回目のワクチン接種後に血栓を発症し、治療を受けていた。基礎疾患はなかったという。

スポンサーリンク

ワクチン接種が死因の可能性

BBCが確認したショーさんの死亡確認証明書では、死因として検討されている可能性のひとつとしてワクチンが挙げられている。

イギリスの医薬品・医療製品規制庁(MHRA)はアストラゼネカ製ワクチンについて、接種の利益がリスクを大きく上回っているとしている。

ニューカッスルのカレン・ディルクス上級検視官による死亡確認証明書には、「アストラゼネカ製COVID-19ウイルスワクチン接種の合併症」が死因として検討されると書かれている。

この証明書は死因を決定するものではなく、最終的な判断は検視の完了後に出される。

スポンサーリンク

接種1週間後に激しい頭痛

遺族は声明で、ショーさんは「アストラゼネカ製ワクチンを接種した1週間後にひどい頭痛を訴え、数日後には容体が悪化した」と説明。その後、王立ヴィクトリア病院の集中治療室で「血栓と脳出血の治療を受けた」という。

「悲しいことに、リサは家族に囲まれて21日午後に亡くなりました(中略)彼女が関わった全ての人に愛されていたことが、家族の大きな救いになっています」

MHRAの報道官は取材に対し、「深刻な副反応が疑われる場合、MHRAは死亡に関する報告を十分に調査し、入手可能であれば検視の詳細な結果も考慮に入れる」と述べた

BBCはショーさんについて、「視聴者に愛されていた素晴らしい司会者」だったと説明。「とても多くの人にとって大切だった人を亡くした」と追悼した。

スポンサーリンク

血栓症は、オックスフォード・アストラゼネカ製ワクチンの副反応として知られている。

この血栓は脳静脈洞血栓症(CVST)と呼ばれる特殊なもので、体内の血小板の減少と共に起こるのが特徴だ。

この副反応が生じる確率は非常に低い。イギリスでは3500万人近くがこのワクチンを受けたが、血栓の報告は332件。うち死亡例は58件となっている。

しかし、あらゆる医療はリスクと利益のバランスで成り立っている。この副反応も、イギリスをはじめとする各国のワクチン接種事業を方向転換させた。

理想的には、40歳以下の成人は米ファイザーや米モデルナ製のワクチンを接種することが望ましいとされている。(bbc)

https://www.bbc.com/news/uk-england-tyne-57267169
スポンサーリンク

参考記事

<疑惑が公になる時16>米国民目覚める/約9割がウイルス調査をするべき/トム・コットン上院議「陰謀論は間違いだったのだ!中共が研究室で何をしたのかを明らかにする時が来た」
有権者の多くが「COVID-19」が中国の研究所から持ち込まれたと疑い、調査を支持 2021年5月27日 有権者の大多数は、COVID-19が中国の研究所で発生した可能性が高いと考えており、パンデミックの起源に関する連邦政府の調査が...続きを読む
【エプスタインの元恋人の裁判で大物の名前が出る可能性】/未成年者誘拐などの容疑で起訴されたマックスウェルの証人が裁判でエプスタインと交わした何千人もの人物と交わした電子メールが公開する可能性
ジェフリー・エプスタインの元恋人「ギスレーヌ・マックスウェル」の裁判の証人喚問で被告に不利な証言をする可能性 EXCLUSIVE: ジェフリー・エプスタインの共謀者とされる人々(リクルーター、性的パートナー、友人を含む)は、ギスレーヌ・マ...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました