社会の話題と反応を発信していくネットメディア

<疑惑が公になる時20>アメリカに続きイギリスも!/新型コロナの起源 英情報機関も“武漢説” 中国との対立激化か

スポンサーリンク

サンデータイムスのツイート

パンデミックの起源について新たな疑問が投げかけられる中、サンデー・タイムズ紙は、武漢ウイルス研究所について分かっていることを検証し、Covid-19が研究室から脱走した可能性はどの程度あるのかを調べています。

スポンサーリンク

新型コロナの起源 英情報機関も“武漢説” 中国との対立激化か

2021年5月30日

新型コロナウイルスの起源をめぐり、イギリスの情報機関も、中国・武漢の研究所から流出した可能性があるとみている。

日曜紙「サンデー・タイムズ」は、イギリスの情報当局が情報を再評価する過程で、研究所からの流出に「現実味がある」と考えていると報じた。

アメリカに続き、イギリスの情報当局も研究所流出の可能性を認めたことで、中国との対立が激化するとみられる。(fnn)

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。
スポンサーリンク

英情報機関も研究所流出説 コロナ起源、中国と摩擦も

英日曜紙サンデー・タイムズは30日、英情報機関が新型コロナウイルスの起源をめぐり、中国の武漢ウイルス研究所から流出した可能性があると考えていると報じた。この問題をめぐっては、バイデン米大統領も米情報機関に追加調査を指示したばかり。研究所流出説が再燃する中、これを否定する中国と米英などとの摩擦が激化しそうだ。

報道によると、英国を含む欧米の情報機関は当初、研究所から流出した可能性は「ごくわずか」にすぎないと判断し、動物由来の自然発生が有力とみていた。しかし、現在ではこれを見直しており、流出の「可能性がある」と考えているという。

英情報機関も研究所流出説 コロナ起源、中国と摩擦も:時事ドットコム
【ロンドン時事】英日曜紙サンデー・タイムズは30日、英情報機関が新型コロナウイルスの起源をめぐり、中国の武漢ウイルス研究所から流出した可能性があると考えていると報じた。この問題をめぐっては、バイデン米大統領も米情報機関に追加調査を指示したばかり。研究所流出説が再燃する中、これを否定する中国と米英などとの摩擦が激化しそう...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

<疑惑が公になる時19>COVID-19は「自然界には存在しない」、中国の科学者が作り出した。コウモリから生まれたように見せるために偽装した/英国とノルウェー教授が論文
独占情報:COVID-19は「自然界には存在しない」ものであり、中国の科学者が作り出したものである。彼らはコウモリから自然に生まれたように見せるために「レトロエンジニアリング」を行い、その痕跡を隠そうとした。 COVID-19のサンプルか...続きを読む
<疑惑が公になる時18>共和党ファウチの解雇を要求/ファウチは中国と、WHOをかばった!/ファウチの組織、国立衛生研究所から武漢研究所に60万ドルが流れたが「使途不明」は理解不能だ
共和党、武漢ラボ論争でファウチ氏の解雇を要求 2021年5月28日 米国国立衛生研究所(NIH)から中国の武漢ウイルス研究所に60万ドルが流れたことを擁護したアンソニー・ファウチ博士に対して、共和党議員は解雇を求める声を強めている。...続きを読む

タイトルとURLをコピーしました