社会の話題と反応を発信していくネットメディア

BIG!<疑惑が公になる時32>G7公式声明草案で、ウイルスの起源に関するフェーズ2の調査を要求!/WHOテドロス事務局長、手のひら返し「ウイルス起源がG7で議論された」「中国の協力と透明」が十分ではなかった」

コロナ
スポンサーリンク

G7、公式声明草案でCOVIDの起源に関する新たな「WHOを中心とした」フェーズ2調査を要求

スポンサーリンク

G7サミット:リーダーはCovid起源の中国の実験室リーク理論について議論したとWHOのチーフ

2021/6/13

世界保健機関の局長は、Covid-19ウイルスが中国の研究所から漏れた可能性について、土曜日にコーンウォールで開催されたG7サミットで世界の指導者たちによって議論されたと述べた。

テドロス・アダノム・ゲブレイエスは、中国は発生の起源に関する国際調査の最初の部分に完全には協力していないと述べ、病気の犠牲者の「尊重」から透明性を改善するよう北京に求めた。

2019年後半に中国の武漢市で発生した発生の原因についての論争が高まっており、野生動物が食料として売られている「生鮮市場」を非難する支配的な理論への挑戦が高まっています。

中国は、市内の最高セキュリティ研究所からの人工ウイルスの漏出によってキラーパンデミックが引き起こされた可能性があるという提案を否定しています。

スポンサーリンク

テドロス「協力と透明性」が十分ではなかった

テドロス博士は、コーンウォールで開催されたG7サミットへのビデオリンクで、調査の初期段階では中国からの「透明性と協力」が十分ではなかったと示唆しました。

ラボリークの可能性がまだテーブルにあるかどうかを尋ねられた彼は、次のように述べています。4つの仮説がありますが、決定的なものではありません。私は、4つの仮説すべてが開かれているべきだと信じています。そして、その起源を本当に知るためには、第2段階に進む必要があります。」

テドロス博士は、ラボリーク理論はG7サミットの健康セッションで議論され、リーダーがパンデミックに発展する前に動物媒介性疾患の人間集団への将来の移転を抑制するための新しい世界的イニシアチブについて説明を受けたと述べた。

スポンサーリンク

「それは提起され、私たちは起源について話し合った」とWHOのチーフは言った。

彼は次のように付け加えました。「1億7400万人以上がCovid病で確認されています。これは実際には過小評価であり、それ以上になる可能性があります。これまでに375万人近くが亡くなりました。

「これは非常に悲劇的であり、これらの人々にふさわしい敬意は、このウイルスの起源が何であるかを知っていることであり、それにより、再発を防ぐことができます。

「起源研究は、WHOが真剣に取り組んでいることです。中国側からの協力が必要であり、このウイルスの起源を理解し、見つけるためには透明性が必要です。

G7 summit: Leaders discussed Chinese lab leak theory for Covid origin, says WHO chief
Beijing must co-operate with inquiry out of ‘respect’ for victims, says Tedros
スポンサーリンク

参考記事

NEW!<疑惑が公になる時31>ゲノム配列が人工ウイルスを証明!/ウイルスが中国の研究所で意図的に作られたものであることを「レア」なゲノム配列がほぼ確実に証明。
「レアな」ゲノム配列決定は、Covid が世界に流出する前に中国の研究所で意図的に作成されたことをほぼ確実に証明している 「COVID」が世界に流出する前に中国の研究所で意図的に作られたものであることを、「希少」なゲノム配列でほぼ確実...続きを読む
<疑惑が公になる時30>中国の科学者がウイルスが世界的な大流行になる前に、ワクチンの特許を申請したが、その後謎の死を遂げた/中国が認めるよりもずっと早くウイルスについて知っていた可能性を示唆
中国の科学者が謎の死 中国の科学者が人民解放軍に代わり、ウイルスが世界的な大流行になる前にCOVID19ワクチンの特許を申請したが、その後2020年に謎の死を遂げた。 中国軍の科学者が、ウイルスの世界的流行が宣言される前にCOV...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました