社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】「もしまだ見ていないのなら読んでほしい」→「マクラフリン世論調査:64%がバイデンは2024年に出馬しないと回答、トランプはハリスを破る」

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】ICYMI(まだ見ていないのなら)

「マクラフリン世論調査:64%がバイデンは2024年に実行されないと言う、トランプはハリスを打ち負かす」

ICYMI: “McLaughlin Poll: 64% Say Biden Won’t Run in 2024, Trump Beats Harris”
Over the past four years, Donald J. Trump's administration delivered for Americans of all backgrounds like never before. Save America is about building on those...続きを読む
スポンサーリンク

マクラフリン世論調査:64%がバイデンは2024年に出馬しないと回答、トランプはハリスを破る

2021年5月19日(水)

ドナルド・トランプ前大統領がカマラ・ハリス副大統領に真っ向勝負で勝ったが、新しい世論調査によると、有権者の3分の2近くがジョー・バイデン大統領が今の任期を終えるとは思わないと答えたことで、より大きな意味を持つものとなった。

マクラフリン月刊誌5月号の世論調査では、ハリスがバイデンの4年の任期が終わる前に大統領になるかどうかという質問に対して、可能性の高い有権者の64%が「なる」と答えました。

バイデンの有権者(51%)や民主党員(50%)でも、多くの人がハリスが大統領になる可能性が高いと答えています。

スポンサーリンク

トランプ氏とハリス氏が対戦する大統領選では、49%対45%で前大統領がリードしています。

トランプ氏は、無党派層(48%対42%)と郊外の有権者(52%対42%)でハリス氏をリードしていますが、ヒスパニック系では39%、アフリカ系では17%の支持を得ています。

バイデン氏は純正の雇用支持率を維持していますが、マクラフリン氏によると、バイデン大統領の好悪の評価は、承認53%、不承認46%と拮抗しており、56% – 43%だった先月よりも低下しています。

また、無党派層(賛成47%、反対51%)、白人層(賛成44%、反対56%)、55歳以上の有権者層(賛成47%、反対53%)、男性層(賛成47%、反対52%)では、大統領は正味の不評を買っています。

ハリスの場合はさらに悪い。有権者の半数以下(47%)が彼女に好意的で、48%が彼女に好意的ではありません。

ハリスは、2024年の予備選挙の候補者である民主党員の間ではまだリードしています。彼女の得票率は35%で、ミシェル・オバマ元大統領夫人(16%)、アレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員(ニューヨーク州)(7%)、ピート・ブッティジエッグ運輸長官(6%)を上回っています。

スポンサーリンク

共和党予備選投票者全体の73%が、2024年に前大統領が再出馬することを望んでいる

主流メディアではトランプ氏に関する否定的な報道が多いにもかかわらず、共和党予備選で投票する無党派層を含む共和党予備選投票者全体の73%が、2024年に前大統領が再出馬することを望んでいます。

また、マクラフリン社の世論調査によると、共和党予備選投票者はトランプ氏を82%-13%の割合で支持し、総選挙では83%-11%の割合でトランプ氏に投票するとしています。

2024年の共和党候補として16人の候補者がひしめき合っている中で、誰を支持するかを尋ねたところ、トランプ氏は57%の票を獲得し、マイク・ペンス元副大統領(10%)やロン・デサンティス共和党知事(8%)を大きく引き離しました。 リズ・チェイニー下院議員(共和党・ウィヨ州)は1%で最下位でした。

トランプ氏を選択しなかった場合、ペンス氏(19%)がデサンティス氏(18%)をリードし、ドナルド・トランプ・ジュニア氏(13%)、上院議員(13%)となりました。13%)、テッド・クルーズ(テキサス州選出)(12%)となりました。

マクラフリンは、民主党が “世論調査で同じ数字を出しているに違いない “と推測し、”民主党が弾劾から新たなインチキ起訴を期待するようになったのも不思議ではない “と述べています。

スポンサーリンク

2022年の中間選挙、世論調査では、有権者が民主党は不利な傾向

ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は、好感度が37%、不評度が57%と非常に不人気です。

上院院内総務のチャック・シューマー氏(民主党)は、好感度32%、不人気度48%にとどまっています。

一般投票では、共和党が47%対46%でリードしています。

また、バイデン氏と民主党員は、経済が冷え込んでいると考える有権者の影響を受けています。4月には、52%の有権者が経済は良くなっていると答え、32%が悪くなっていると答えていました。それが今月は49%-43%に下がっています。

有権者の半数が米国は景気後退していると答え、そうでないと答えたのはわずか42%でした。

国の方向性については、「正しい方向に進んでいる」が49%、「間違った方向に進んでいる」が46%と、停滞しています。

https://www.newsmax.com/politics/trump-harris-biden-mclaughlin/2021/05/19/id/1021965/
スポンサーリンク

参考記事

トランプ氏「不○選挙が証明された場合、人々は自分で決断しなければならない。私は譲歩はしない。その時、国民と政治家が決める事になる」
ジェナ・エリス弁護士のツイート トランプ氏、2020年の敗北を「譲歩していない」 ペンス氏の選択がなければ「別の大統領」になっていたかも|Just The News トランプ氏:2020年の敗北は「譲歩していない」、ペンス氏の選...続きを読む
http://totalnewsjp.com/2021/06/21/usnavy-2/
タイトルとURLをコピーしました