社会の話題と反応を発信していくネットメディア

2020年を左右するジョージア州での不○投票を示す新たな証拠が示される/裁判官は、選挙結果を疑うほどの違法票、不○票等があったと判断した場合選挙のやり直しを命じることができる(thefederalist)

政治
スポンサーリンク

フェデラリスト設立者、シーン・デイビス氏

2020年を左右するジョージア州での不○投票を示す新たな証拠が示される

スポンサーリンク

2020年を左右するジョージア州での不正投票を示す新たな証拠が登場

新たな証拠は、2020年11月の総選挙において、ジョージア州で10,300票以上の違法票が投じられたことを示している。この数字は、今後数ヶ月の間に増加し続け、ジョー・バイデンとドナルド・トランプを分けた12,670票を超える可能性がある。

この証拠は、ジョー・バイデンが我々の大統領であるという事実を変えるものではありませんが、自由で公正な選挙と有権者の権利剥奪を純粋に考えるすべてのアメリカ人は、今後の選挙で同じことを繰り返さないために、透明性と解決策の両方を要求すべきだ。また、この証拠は、ジョージア州の選挙結果に異議を唱える際に行った、関連する公的(私的)コメントと法的主張について、トランプ元大統領とその弁護団の正当性を証明するものでもある。

COVID-19に隠れて、ジョージア州は他の多くの州と同様に、住民に不在者投票の申請を殺到させた。また、他の州と同様に、ジョージア州は、不正行為を防止し、投票の完全性を確保するための様々な法律上の義務を無視しました。これらの事実に加えて、ジョージア州や他の州では大統領選が僅差であったため、不正投票、違法投票、憲法の選挙人条項違反などの告発や訴訟が相次いだ。

ジョージア州では、監査と再集計が行われ、バイデン氏の勝利が確認されましたが、その過程で、約3万5千人のジョージア州民が違法に投票した可能性があることが無視された。

ジョージア州の法律では、住民は選挙の30日以内に居住地を変更しない限り、居住地の郡で投票しなければなりません。アトランタの著名な選挙弁護士であるジェイク・エヴァンス氏によると、30日の猶予期間を過ぎて、居住していない郡で投票した場合、「その郡での投票は違法になる」とのことだ。

11月の総選挙の直後、データプロダクション社の社長であり、有権者データ分析と居住問題の専門家であるマーク・デイビスは、全米住所変更(NCOA)データベースから、米国郵政公社に引越しを確認したジョージア州の住民のデータを入手した。デービス氏は、総選挙の30日以内に発効した引っ越しを除外し、ジョージア州の州務長官室から入手したデータを用いて、ジョージア州のある郡から別の郡に引っ越したと回答した約35,000人のジョージア州の有権者を特定しましたが、2020年の総選挙では引っ越し元の郡で投票していた。

スポンサーリンク

違法な投票の可能性に疑問を呈する

デイビス氏は、これらの引っ越しの中には、学生や軍人などの一時的なものも含まれていると強調し、ジョージア州の法律では、一時的な引っ越しによって市民の居住資格が変わったり、投票が違法になったりすることはないと付け加えました。しかし、2人の大統領候補の差を考えると、問題となっている票の約3分の1が選挙の結果を変えた可能性がある。 しかし、メディア、裁判所、国務長官室はこの問題を無視し、軽視していた。

「メディアや裁判所が、このような深刻な問題をほとんど無視しているのを見て、違和感を覚えました。特に、私が見たデータは非常に正当な問題を示していたからです」とデイビスは言う。「実際、州務長官チームのメンバーが、居住権に問題のある票があったことは認めたものの、選挙結果を疑うほどではなかったと主張しているのを聞きました」とデイビスは付け加えました。「私が見ていたものとは全く違っていましたし、私の知る限り、州務長官室は実際に見た票の数を発表していません」。

データを見れば一目瞭然

デービスがデータを調べたところ、11月の総選挙の30日以上前に、ある郡から別の郡に引っ越したと答えた約3万5,000人のジョージア州民のうち、5月の時点で1万300人以上が有権者登録情報を更新し、以前USPSに提供した正確な住所を州務長官に提供していた。また、その10,300人以上が、以前住んでいた郡で投票を行っていた。

「この数は、登録を更新する人が増えているので、毎日増え続けています」とデイビスは言う。「その数は、ジョージア州でのバイデン大統領の勝率に匹敵し、それを超えることは間違いありません」。選挙で争われた事件で何度も鑑定人として証言してきたデイビス氏は、裁判所が実際に彼の訴えを聞いていれば、ジョージア州の選挙結果に対する異議申し立てにトランプ氏が勝っていたかもしれないと考えている。

スポンサーリンク

ジョージア州の法律では、裁判官は、選挙結果を疑うほどの違法票、不○票、不適切な拒否票があったと判断した場合、あるいは『組織的な不正』の証拠を見つけた場合には、選挙のやり直しを命じることができる

とデイビス氏は述べています。

「これらの問題は、州内のすべての郡、すべての州議会、すべての上院、そしてすべての連邦議会で発生している」とデイビス氏は強調しました。

また、ジョージア州史上唯一、同一レースで2つの選挙を覆すことに成功した弁護士として知られるエバンス氏も同意見です。

ジョージア州の法律では、“選挙は、(1)選挙を決定した票よりも多くの票が違法、不当に拒否された、または不○であった場合、または(2)選挙結果に疑問を抱かせるような組織的な不○があった場合のいずれかで覆されるべきである “とエバンスは説明している。

「2020年の総選挙の場合、デービスの分析によると、両方の要因があった可能性があるとエヴァンズは私に語った。

トランプ大統領がジョージア州の選挙結果の認証に異議を唱えた際、批判者たちはNCOAの情報が信頼できないか、選挙結果を疑うには不十分な大きさであるとしたため、デービスのデータは重要な意味を持つ。しかし、有権者は、自分の登録情報をNCOAデータベースに登録されているものと同じ住所に更新することで、その情報の信頼性を自ら証明したことになる。

さらに、有権者登録のために住所を更新することで、その移動が一時的なものではないことを確認したことになります。「有権者が有権者登録を新しい住所に更新するということは、郡の選挙管理委員会とそれに対応する州務長官に、新しい住所を法的な居住地と見なすことを通知しているのです」とエバンス氏は説明する。(thefederalist)

New Evidence Indicates Enough Illegal Votes In Georgia To Tip 2020
Both an audit and a recount confirmed Biden’s victory, but ignored in the process was evidence that nearly 35,000 Georgians had potentially voted illegally.
スポンサーリンク

ジョージア州では最大のフルトン郡での2020年の不在者投票の集中監査への道が開かれた(6/24)

2021年6月24日

ジョージア州の判事が本日下した命令は、郡の選挙管理委員会の個人メンバー数人を選挙関連訴訟の回答者として指名し、ジョージア州最大の郡における2020年の不在者投票の集中的な監査への道を開いた。

上級裁判所のブライアン・アメロ判事は木曜日の判決で、フルトン郡の政府機関に対して提起されたいくつかの請求を主権免責を理由に棄却したが、フルトン郡の登録選挙委員会の5人のメンバーを訴訟の被告とすることを認めた。

政府側の訴訟当事者を解任したにもかかわらず、アメロ氏はその後、フルトン郡の選挙管理委員会の5人のメンバーを、この訴訟の請願者からの要請に基づいて、当事者として追加するよう申し立てた。

アトランタ地区の弁護士であるボブ・チーリー氏は、Just the Newsの取材に対し、今回の提訴は「監査を受けて真実を知る」ためのものであり、今回の決定を受けて監査は前進するだろうと述べた。

「これは、フルトン郡が不在者投票数を誤って処理した方法について、真実を知りたいと願うすべての人にとって大きな勝利です」と、木曜日の夜に語った。

リズ・ハリントン氏「真実は勝つ!」/ジョージア州最大のフルトン郡での2020年の不在者投票の集中監査への道が開かれる !/裁判官が本日下した判決により、郡選挙管理委員会の5人のメンバーが選挙関連訴訟の回答者として指名された
トランプ氏スポークスマン、「リズ・ハリントン」氏のツイート 「これは、フルトン郡が不在者投票数を誤って処理した方法についての真実を知りたいと思っているすべての人にとって大きな勝利です。真実は勝利する」 「Huge victory...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

トランプ大統領、ビル・バー元司法長官を激しく批判「ジョージア州で行われた「投票用紙の詰め込み詐○事件」が何かさえわからなかった」
リズ・ハリントン氏 トランプ大統領が弱いRINOビルバーに関する声明を発表 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領 - 2021年6月27日 ...続きを読む
【第45代トランプ大統領声明】ジョージア州や他の州について、他の多くの情報がまもなく明らかになる!「FAST and FURIOUS(速くて猛烈なもの)」だ。
第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 ドナルド・J・トランプ大統領 - 2021年6月22日 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 ジョージア州は現在、10万人以上の「時代遅れ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました