社会の話題と反応を発信していくネットメディア

動画あり【トランプ氏がCPACでバーについて語った内容と公開した元検事の手紙】/バー元司法長官は、ペンシルベニア州の連邦検事による2020年の選挙犯罪への調査を禁止した

政治
スポンサーリンク

ペンシルベニア州の連邦検事による2020年の選挙犯罪への調査を禁止するバー

2021年7月12日

トランプ大統領は昨日、テキサス州で開催されたCPACで、ジョー・バイデンのために選挙を盗むために数々の犯罪を犯したにもかかわらず、彼の元司法長官ビル・バーが2020年の選挙への調査を禁じたことを共有した。

 トランプ大統領は、昨日の保守政治行動会議(CPAC)での講演で、「1日前に(彼は)、ペンシルバニア州で高く評価されている連邦検事から、ビル・バーが投票者の不正を調査することを許可しないという声明を受け取った」と明らかにした。

私はつい1日前に、ペンシルバニア州で高く評価されている米国弁護士から、ビルバーが投票者の不正を調査することを許可しないという声明を受け取った。 信じられるか? ペンシルバニアは全米で2番目に腐敗した場所だということを理解してほしい。 

1番目は何か知っているか?デトロイトだ。デトロイトはとても腐敗していた。 フィリデルフィアも腐敗していた。 しかし、米国弁護士は調査することを許されなかった。

(thegatewaypundit)

BREAKING: AG Barr Forbid Investigations Into 2020 Election Crimes Per US Attorney from Pennsylvania
President Trump shared yesterday at CPAC in Texas that his former Attorney General Bill Barr forbid investigations into the 2020 Election even though numerous c...続きを読む
スポンサーリンク

検事がトランプ氏に送った手紙

2021年6月9日
親愛なるトランプ大統領へ
あなたの政権下で、ペンシルバニア州東部地区の連邦検事を務められたことを大変光栄に思います。
務めさせていただきました。公共の安全を優先するようにとのご要望でしたが、まさにその通りです。
私はそれを実行しました。フィラデルフィアの過激な左派地方検事であるラリー・クラズナーは、凶悪犯罪者を逃がしていました。

暴力的な犯罪者を逃がし、暴徒、略奪者、放火犯の起訴を拒否していたのに対し、私たちの事務所は彼らを刑務所に入れ、立ち上がったのです。彼らを刑務所に入れ、法を守る市民のために立ち上がったのです。
2020年の春、私は、南フィラデルフィアの選挙管理委員会の裁判官に対する選挙詐欺事件を起訴し、勝訴しました。

南フィラデルフィアでは、投票箱に詰め物をしていた選挙判事に対する選挙詐欺事件を起訴し、勝訴しました。また、私が起訴したのは政治コンサルタント(元民主党下院議員)が、投票箱を詰めるために判事に賄賂を支払っていたことも告発しました。
裁判官に賄賂を支払い、投票箱を詰めていた政治コンサルタント(元民主党下院議員)も告発しました。

スポンサーリンク

トランプ氏が2020選挙についてやろうとしたことは正しかった。

トランプ大統領、あなたは民主党がペンシルバニア州で行った2020年の選挙のやり方に怒ったのは正しかったのです。
知事、連邦長官、そして州知事、連邦長官、そして党派的な州最高裁が自分たちのルールを作り、法律に従わなかったのです。
法律に従いませんでした。さらに悪いことに、州の司法長官であるジョシュ・シャピロは、州の選挙法を執行する責任者であるにもかかわらず、その責任を果たしませんでした。

州の選挙法を執行する責任者である州検事総長のジョシュ・シャピロは、選挙日の数日前に、あなたは選挙に勝てないと宣言しました。

あなたは選挙に勝てないと宣言したのです。これほど無責任な発言はないでしょう。
これほど無責任な発言はありません。しかも、選挙が激しく争われている最中にです。
このような発言を受けて、多くのペンシルバニア州民が州の選挙結果を信じられないのも無理はありません。
このような発言を受けて、多くのペンシルバニア州民が選挙結果を信じられないのも無理はありません。

選挙当日、そしてその後も、当事務所には不正投票や選挙違反に関するさまざまな申し立てが寄せられました。
選挙の日以降、当事務所には様々な不正投票疑惑が寄せられました。連邦検事としての責任の一環として、私は一般市民に対して透明性を保ちたいと思いました。

スポンサーリンク

バーは調査するなと指示をした

私は連邦検事としての責任の一環として、市民に対して透明性を保ち、当然ながら疑惑を完全に調査したいと考えました。しかし、バー司法長官は、選挙の不正の可能性について、公の場で発言したり、プレスリリースを出したりしないようにと指示しました。

バー司法長官からは、不正選挙の可能性について、いかなる声明やプレスリリースも行わないよう指示されました。また、重大な疑惑がある場合は、州政府に伝えるようにとの指示もありました。

重大な疑惑は州の司法長官に伝えて調査してもらうよう指示されました。司法長官は、すでにあなたの勝利はありえないと宣言していたのです。

1/2
ウィリアム・M・マクスウェイン
元連邦検事(ペンシルバニア州東部地区、2018~2021年)

2/2は割愛

手紙全文はこちら

スポンサーリンク

トランプ氏の発言

トランプ大統領、ビル・バーが有権者不正の調査を許可しなかったことを明らかにしたマクスウェイン連邦検事からの手紙について語る

“彼は自分の仕事をすることを許されなかった”

その代わりに、バーはマクスウェインに、民主党のシャピロ司法長官に有権者不正の調査を渡すように命じた — 隠蔽するために!

スポンサーリンク

参考記事

HUGE!「45thトランプ大統領声明」/ビルバー元司法長官は、2020選挙時にペンシルバニア州の検事に「不◯選挙を調査しないように圧力をかけていた」/元検事がトランプ氏に手紙を送り暴露、トランプ氏は手紙を公開
リズ・ハリントン氏のツイート「45thトランプ大統領声明」 SAVE アメリカ ドナルド・J・トランプ大統領 - 2021年7月12日 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明ペンシルバニア州東部地区の連邦検事...続きを読む
<動画あり>【CPAC2021】USAの大コールの中、45thトランプ大統領登場!/「国境を守り、左翼キャンセル文化を止め、公正な選挙を取り戻し、アメリカを再び偉大な国にする」と宣言
トランプ、CPAC登場。我々は左翼のキャンセル文化を止める USAの大コールの中トランプ氏登場 2021年7月11日 ドナルド・トランプ前大統領は、日曜日にダラスで開催された保守政治行動会議「CPAC2021」...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました