社会の話題と反応を発信していくネットメディア

中国・武漢、全市民にウイルス検査実施へ 1年3カ月ぶり感染者/ネットの声「1年3カ月ぶり感染者」、「1年3カ月ぶり感染者」

コロナ
スポンサーリンク

中国・武漢、全市民にウイルス検査実施へ 1年3カ月ぶり感染者

2021年8月4日

中国・武漢当局は3日、約1100万人の全市民を対象に、新型コロナウイルス検査を実施すると発表した。新型ウイルス感染症COVID-19が世界で初めて確認された同市は1年以上にわたり感染を抑え込んできたが、前日2日に7人の感染が確認されていた。

中国はここ数カ月で最大規模の感染拡大に見舞われている。過去10日間に確認された感染者は300人を超えた。

現在15の省で感染が確認されており、政府が大規模なウイルス検査やロックダウン措置を実施する事態となっている。

当局はデルタ株と、国内の観光シーズン真っただ中にあることが感染拡大の要因だとしている。

中国は3日、全国で新たに90人の感染が確認されたと発表した。

中国国家衛生健康委員会(NHC)によると、このうち61人は市中感染で、前日に確認された55人から6人増えた。

スポンサーリンク

南京でデルタ株を確認

中国はこれまで、国内の新型ウイルスの感染をほぼ抑制してきた。

しかし7月に南京空港の従業員の間で、従来株より感染力が強いデルタ株が初めて確認されると、各地に感染が拡大。

中国の防御態勢に懸念が生じている。

空港従業員の感染を受け、当局は南京市民約920万人に3回のウイルス検査を実施。数十万人を対象にロックダウン措置を敷いた。

しかし先週末になると、人気観光地の湖南省張家界市に注目が集まるようになった。

スポンサーリンク

直近の感染者の多くは張家界市で確認された。

南京からの旅行者が最近、同市を訪れたとみられる。

保健当局は張家界市内の劇場に注目し、それぞれの居住地へと戻った約5000人について追跡調査を行っている。

「張家界市はいまや、中国の感染拡大の新たな中心地と化している」と、中国の呼吸器疾患の第一人者、鍾南山氏は記者団に述べた。

新たな感染拡大は首都・北京にも到達しており、同市内での感染例も報告されている。

Wuhan: Chinese city to test entire population after virus resurfaces
The city of 11 million people is known to be the site where the coronavirus first emerged in 2019.
スポンサーリンク

参考記事

伊藤選手への妨害ライトは日テレ「スッキリ」の取材班だった!/伊藤美誠に“妨害”ライト、韓国メディア犯人説が流布するも、ようやくわかった真相(デイリー新潮)/ネット:「騒ぎを知らないはずがない、これは悪質」「社長が謝罪する案件だ」「即停波!」
伊藤美誠に“妨害”ライト、韓国メディア犯人説が流布するも、ようやくわかった真相 8/5(木) 騒ぎは知っていて黙っていた  その“事件”は7月28日に起こった。卓球女子シングルス準々決勝に臨んだ伊藤美誠(20)が、第四セット序盤に審判...続きを読む
【東京五輪】 中国の金メダル選手が「毛沢東バッジ」着用 IOCが調査/競技の前後に「政治的などの意見の表明」ができるが、表彰式ではオリンピックの規則に抵触する恐れ/中国の五輪委「二度としません」
「毛沢東バッジ」着用 IOCが調査 【東京五輪】 中国の金メダル選手が「毛沢東バッジ」着用 IOCが調査 3時間前 自転車女子の中国ペアは、ドイツとロシア・オリンピック委員会のチームを破って金メダルを獲得した。写真の青丸の部分...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:WHO)

タイトルとURLをコピーしました