社会の話題と反応を発信していくネットメディア

中国製ワクチンに疑義…チリ、3回目接種はアストラ製で接種を行うと発表/ウルグアイ政府も2回接種終了の国民に米ファイザー製を追加接種を促す

コロナ
スポンサーリンク

中国製ワクチンに疑義…チリ、3回目接種はアストラ製で

8/7(土) 8:22配信

南米チリ政府は5日、中国製薬大手「科興控股生物技術」(シノバック・バイオテック)製の新型コロナワクチンを接種した55歳以上の市民に対し、11日から英アストラゼネカ製を使って3回目の接種を行うと発表した。

チリでは人口約1900万人の約65%が接種を完了したが、そのうち約75%がシノバック製だった。

シノバック製は有効性に疑義があると指摘されており、感染力が強いインド由来の変異ウイルス「デルタ株」の感染拡大を防ぐには、別の種類の追加接種が必要と判断した模様だ。

南米ではウルグアイ政府も、シノバック製で2回の接種を終えた国民に対し、米ファイザー製を追加接種する方針を示している。(リオデジャネイロ支局 淵上隆悠)

スポンサーリンク

中国製は、先にシノファーム社のワクチンがデルタ型に対してより弱い抗体反応を示していた

7月21日

北京, July 21 (Reuters)

中国製シノファーム社のCOVID-19ワクチンは、より感染力の強いバージョンに対する効果について最初に発表された研究によると、Deltaバリアントに対してより弱い抗体反応を誘発した。

シノファーム社のBBIBP-CorVワクチンを受けた人の抗体レベルは、武漢で最初に確認されたコロナウイルスの古いバージョンと比較して、Deltaバリアントに対して1.38倍減少していたことが、スリランカの人々のサンプルに基づく実験室での研究で明らかになった。

中国国営企業シノファーム社のCOVID-19ワクチンは、デルタ型に対してより弱い抗体反応を引き起こすという研究結果(ロイター)
シノファーム社のCOVID-19ワクチンは、感染力の強いデルタ型に対する効果を初めて検証した結果、デルタ型に対してより弱い抗体反応を示した。 シノファーム社のCOVID-19ワクチンは、デルタ型に対してより弱い抗体反応を引き起こす-研...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

米上院、世界保健機関(WHO)総会への台湾のオブザーバー参加復帰を後押しする法案を全会一致で可決/「米国は引き続き台湾に寄り添い、同盟国の国際的な活動への支援すべき」
台湾のWHO復帰後押し 米上院で法案可決 2021/8/7 10:32 (JST) 【ワシントン共同】米上院は6日までに、世界保健機関(WHO)総会への台湾のオブザーバー参加復帰を後押しする法案を全会一致で可決した。法案は米国...続きを読む
東京2020が終わりに近づき、ライトアップされたスカイツリーに海外メディア等が感動の声/街の眺めは息を呑むほど!必見
inquirerのツイート これがすべてのオリンピック選手を祝うことです! ルック:東京2020大会が終わりに近づくと、象徴的な東京スカイツリーがオリンピックリングの色でライトアップされます 東京五輪公式インスタグラム ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:WHO)

タイトルとURLをコピーしました