社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NHK「感染症の撲滅は難しい」「地球の隅々までウイルスが広がっているので、ウイルスをなくすことはおそらくできない」「ワクチンの効果期間は半年なのか、1年なのか、わからない」「ウイルスが変異するのでインフルのように繰り返しかかる可能性」

コロナ
スポンサーリンク

終わりはいつ?そんな疑問に答えた記事です

スポンサーリンク

学生との問答の形で答えます

ただ、感染症の撲滅はほんと難しいんですよ。

例えば「はしか(麻しん)」。

日本は2015年に、WHOの西太平洋地域事務局から「日本は、はしかを排除した国ですよ」って認定されたんです。

だけど、国内で「はしか」に感染する人が2016年以降報告されています。

日本の過去の予防接種制度などの影響で、30~40代くらいの世代は、はしかに免疫を持っていない人が比較的多いとされています。

私たち人類にとっては、克服できていない感染症が非常に多いんです。

スポンサーリンク

これからもwithコロナ!?

新型コロナは今後どのような立ち位置になっていくのでしょうか。

天然痘みたいに撲滅はできないだろうとみられています。

これだけ地球の隅々までウイルスが広がっているので、ウイルスをなくすことはおそらくできないだろうと。

「はしか」のように、ワクチン接種で何十年も続く免疫ができ、その後はほとんどかからないということになると、感染者が減ることも考えられます。でも、おそらくそうはなってくれなさそうです。

なぜですか?

スポンサーリンク

その原因の1つはウイルスが変異しているからです。

デルタ株(インドで確認)ウイルスに感染して免疫を獲得したり、ワクチンを打ったりしたとしても、次の変異したウイルスにかからないとは限りません

インフルエンザのように繰り返しかかる感染症になるかもしれないという専門家もいます。

長くつきあうことになりそうなのですか?

その可能性はあると考えておいた方がいいかと思います。

はっきりしないことって何ですか?

スポンサーリンク

ひとつがワクチンの効果です。

感染や発症、重症化を防ぐ効果は高いとされていますが、その効果がどれくらいの期間続くのかということ。

半年なのか、1年なのか、それ以上なのか。

あと、今後のものも含め、変異ウイルスにどれくらい効果があるのかです。

効果が長く続かなかったり、変異ウイルスへの効果が十分でなかったりしたら、どうしたらいいのでしょうか。

インフルエンザのワクチンのように毎年、定期的に接種することになるかもしれません。(NHK引用抜粋)

【2021年夏 改定版】1からわかる!新型コロナ(3)終わりはいつ、どうやってくるの?|NHK就活応援ニュースゼミ
【NHKニュース】 終わりの見えない新型コロナウイルスの感染拡大。一体いつまで不自由が続くの?終わりは、いつやってくるの?そのときは、元どおりの生活ができるの?切実なギモンについて1から解説します。
スポンサーリンク

参考記事

中国保健当局自体が、自国製ワクチンを投与した国民に対し外国製ワクチンの追加接種を検討/中国の評判が地に落ちる可能性/戦略国際問題研究所局長「これで中国自体が自国製ワクチンを信頼していないことが示された」
マレーシア保健省がシノバックワクチンの接種を中止する 2021年8月8日 中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製ワクチンに頼っていたマレーシア保健省がいずれ同ワクチンの接種を中止するという方針を表明した。 同誌に...続きを読む
テドロスWHO事務局長「研究所漏えい説を排除するのは時期尚早」と発言/中国以外の世界諸国の幹部や保健当局からは、「人工的にウイルスが生成された可能性」
テドロスWHO事務局長「研究所漏えい説を排除するのは時期尚早」と発言 2021年8月8日 インド太平洋諸国で中国製ワクチンの評価が下がる中、世界保健機関事務局長が「研究所漏洩説を排除するのは『時期尚早』」と発言(ロイター) 世...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:WHO)

タイトルとURLをコピーしました