社会の話題と反応を発信していくネットメディア

COVID-19の成人入院患者540,667人を対象とした調査では、94.9%が少なくとも1つの基礎疾患を有していた/死亡の最も強い危険因子は肥満など/重症化の最も強いリスク因子は高血圧と脂質代謝異常、肥満、糖尿病(CDC)

コロナ
スポンサーリンク

COVID-19の成人入院患者540,667人を対象としたこの横断的研究では、94.9%が少なくとも1つの基礎疾患を有していた

COVID-19の成人入院患者540,667人を対象としたこの横断的研究では、94.9%が少なくとも1つの基礎疾患を有していた。

高血圧と脂質代謝異常が最も頻度が高く、肥満、合併症を伴う糖尿病、不安障害、および疾患の総数がCOVID-19の重症化の最も強いリスク因子であった。

これらの基礎疾患や複数の疾患を持つ集団におけるCOVID-19の予防は、引き続き公衆衛生上の優先事項であり、対象を絞った緩和活動を行い、これらの個人やその身近な人にワクチンがある場合には、確実に摂取させるべきである。

米国の800以上の病院のデータを用いて、2020年3月から2021年3月までにCOVID-19を発症した18歳以上の入院患者を解析した。

スポンサーリンク

死亡の最も強い危険因子は、肥満、不安および恐怖関連障害、合併症を伴う糖尿病

PHD-SRで入院した成人4,899,447人のうち、540,667人(11.0%)がCOVID-19の患者であり、そのうち94.9%が少なくとも1つの基礎疾患を有していた。

高血圧(50.4%)脂質代謝異常(49.4%)、肥満(33.0%)が最も多かった。

死亡の最も強い危険因子は、肥満(調整後リスク比[aRR]=1.30、95%CI、1.27-1.33)、不安および恐怖関連障害(aRR=1.28、95%CI、1.25-1.31)、合併症を伴う糖尿病(aRR=1.26、95%CI、1.24-1.28)でした。

結論
COVID-19の重症化には、特定の基礎疾患とその数が関連していた。高血圧と脂質代謝異常が最も多く、肥満、合併症を伴う糖尿病、不安障害がCOVID-19重症化の最も強い危険因子であった。COVID-19患者の基礎疾患を慎重に評価・管理することで、重症化のリスクを層別化することができる。
Underlying Medical Conditions and Severe Illness Among 540,667 Adults Hospitalized With COVID-19, March 2020–March 2021
Preventing Chronic Disease (PCD) is a peer-reviewed electronic journal established by the National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion. P...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

ワクチン接種後もウイルス拡散させる可能性、「もはや感染予防できない」米CDC/重症化や死亡に関しては防止できる。だが、もはや感染を防ぐことはできなくなった
ワクチン接種後もウイルス拡散させる可能性、「もはや感染予防できない」 米CDC 2021.08.06 (CNN) 米疾病対策センター(CDC)のロシェル・ワレンスキー所長は5日、新型コロナウイルスのワクチンについて、接種を完了した人...続きを読む
米CDC、PCR検査の取りやめを決定 新たな検査法を推奨:偽陽性のリスクが高まるという懸念等から/WHOも「ほとんどのPCR検査は診断の補助である」とするガイドラインを発表
米CDC、PCR検査の取りやめを決定 新たな検査法を推奨 2021年8月3日 09時17分 米疾病管理予防センター(CDC)は7月21日、新型コロナウイルス(中共ウイルス)について、「PCR検査を推奨しない」とする新たなガイドライン...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました