社会の話題と反応を発信していくネットメディア

中国の環球時報は、アメリカとアフガニスタンの例を挙げて台湾を威嚇/「アフガニスタンで起こったことから、台湾の人々は、ひとたび海峡で戦争が起これば、島の防衛力は数時間で崩壊し、米軍は助けに来ないことを認識すべき」

中国
スポンサーリンク

中国の環球時報は、アメリカとアフガニスタンの例を挙げて台湾を脅す

中国の環球時報は、アメリカとアフガニスタンの例を挙げて台湾を脅し、「アフガニスタンで起こったことから、台湾の人々は、ひとたび海峡で戦争が起これば、島の防衛力は数時間で崩壊し、米軍は助けに来ないことを認識すべきである」と述べている。

スポンサーリンク

社説:台湾当局がアフガニスタンから学ぶべきこと(環球時報)

2021-08-16 17:43

アフガニスタンからの米軍撤退は、カブールの政権を急速に崩壊させた。 タリバンの兵士が大統領官邸に押し寄せる中、米軍のヘリコプターが外交官を空港に運んでカブールを脱出する光景は、世界に深い印象を残し、米国の国家的信用と信頼性に大きな打撃を与えた。

多くの人は、1975年に南ベトナムの同盟国を見捨ててサイゴンを陥落させ、米国を緊急避難させたことや、2019年に米軍がシリア北部から平然と撤退し、同盟国であるクルド人を見捨てた場面を思い出さずにはいられない。

アメリカがカブール政権を放棄したことで、アジアの一部では特に台湾がその影響を強く受けた。 台湾はアジアの中で最も米国に保護を求めている地域であることは間違いないが、民進党政権はこの誤った方向性をさらに悪化させている。 アメリカに見捨てられていたアフガニスタンの状況が突然ひっくり返り、それを聞いたアメリカが撤退したばかりというのは、何か台湾の将来の運命の前兆なのだろうか。

犬の死を悼んで米大統領に哀悼のメッセージを送った蔡英文は、このアフガンの事態を前にして何も言わず、緑の陣営の他の政治家やメディアもこの衝撃的で劇的な変化を軽視していた。

スポンサーリンク

しかし、彼らは皆、緊張と不吉さを感じているはずで、アメリカが「頼りにならない」ことを静かに意識している。

アフガニスタンの地政学的価値は、台湾のそれに劣らない。 中国、ロシア、イランという米国の3大地政学的ライバルに囲まれ、反米イデオロギーの拠点となっているアフガニスタンから米国が撤退したのは、アフガニスタンが重要でないからではなく、米国のプレゼンスが「高すぎる」からであり、米国は世界の覇権を維持するためには、別の方法で資源を使った方がコスト効率が良いと考えているからである。

台湾は、東アジアで最も費用対効果の高い米国の同盟国と言っても過言ではありません。 米国は台湾に軍事的プレゼンスを持たず、台湾に一括して武器を販売し、民進党当局に政治的支援と工作で反中政策を促し、台湾海峡の両岸にある程度の相互消耗をもたらし、時折、軍艦や航空機を海峡付近に登場させることで台湾との同盟関係を維持している。 アメリカは台湾に一銭も使わずに、武器を売ってお金を稼ぎ、アメリカの豚や牛を無理やり売って、お金だけを稼いで絶対に損をしない地政学的な取引をしているのである。

ひとたび台湾海峡を挟んで戦争が勃発し、本土が武力で島を占領すれば、アメリカはアフガニスタンやシリア北部で粘り強く軍事介入を実施しなければならないが、それは1975年に南ベトナムを見捨てなかったことよりもはるかに決意の固いものになるだろう。 これまでのケースで同盟国を見捨てなかったのは、結局のところ現状維持に過ぎないが、台湾海峡での戦争に軍事介入することは、米国の対台湾海峡政策の現状を変更させることになり、座右の銘が苦しいギブアンドテイクになってしまう。

台湾のグリーンキャンプの中には、

スポンサーリンク

「台湾はアフガニスタンとは違う」「アメリカはアフガニスタンは諦められるが、台湾は諦められない」と唱える人もいる。

違いは、米国は台湾海峡での戦争に勝つ見込みがなく、それはさらに深いコストと犠牲を意味するということであり、台湾の「特別な重要性」については、民進党当局と島内の様々な「台湾独立」勢力は、あまり 台湾の「特別な重要性」については、民進党当局や島内の様々な「台湾独立」勢力は、あまり満足してはいけない。

カブール政権は、アメリカにとって2,000人以上の兵士の命と1兆ドルの価値があり、また小国の抵抗を前にしたアメリカの威厳を感じさせるものだ。 台湾がアメリカにとってどれだけの兵士の命と何兆ドルの価値があるか考えてほしい。 アメリカは一つの中国を割引いているが、結局、一つの中国を認めているのです。 台湾独立」のための戦いに、アメリカや欧米でも、アフガニスタンで戦ったときよりも現実的で永続的な道徳的支援を得られるだろうか。

スポンサーリンク

民進党当局は最後まで目を覚まさないといけないし、美談を夢見ている様々な「台湾独立」勢力も目を覚まさないといけない。

彼らはアフガニスタンの出来事から、ひとたび台湾海峡で本格的な戦争が勃発すれば、台湾軍の抵抗は刻々と崩れ、米国の援軍は来ず、民進党当局はすぐに降伏し、個々の高官は飛行機で逃亡する可能性があることを知るべきである。 そのような状況は確かにあるだろう。

民進党当局にとっての最良の選択肢は、戦争勃発までの事態を招かないようにすることであり、そのためには、米国の戦略的手先になり、やがて戦争勃発の弊害を被るのではなく、米国の太ももにしがみついて大陸に対抗する路線を大きく軌道修正し、政治的に台湾海峡の平和を維持する必要があるのである。(環球時報)

社评:台湾当局需要从阿富汗汲取的教训
民进党当局的最佳选择是别让局势走到战争爆发的那一步,为此他们需要改弦更张,对死抱美国大腿对抗大陆的路线做重大调整,以政治方式维护台海和平,而不是堕落成美国的战略棋子,最终承受战争爆发的恶果
環球時報(かんきゅうじほう、中: 环球时报:wikipedia)

中国共産党の機関紙『人民日報』傘下のタブロイドで、海外のニュースを中心とした紙面構成。国際版として英字紙Global Timesも発行。『人民日報』の姉妹紙である。民族主義的観点を持つことで知られており[2]、「中国共産党の対外威嚇メディア」という評価がある

環球時報 - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

【これを無能という】バイデン、スピーチでブリンケン国務長官同様、「誤算」を認める/「真実は、我々が予想していたよりも急速に展開した」(読み違い)、「アフガン軍は崩壊し、時には戦おうともしなかった」(愚痴)
バイデン氏、アフガニスタンがタリバンに奪われたことについて。「真実は、我々が予想していたよりも急速に展開したということです。 バイデン大統領のアフガニスタンに関するスピーチ(抜粋) 全部トランプ氏とアフガン軍のせいにするバイデン。 ...続きを読む
世界の指導者関係らもバイデンを激しく非難!/「鉄の女」英サッチャーのトップ元補佐官がバイデンを酷評:「バイデンはアメリカに恥をかかせ、テロリストに贈り物を渡した」「米史上、最も弱く、最も左翼的な大統領によってもたらされた記念すべき大惨事!」
"マーガレット・サッチャーのトップ元補佐官がバイデンを酷評:「最大の失敗の一つとして語り継がれるだろう」" デイリーワイヤーニュース - 2021年8月16日 DailyWire.com マーガレット・サッチャー元英国首相の最側...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました