社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【これを無能という】バイデン、スピーチでブリンケン国務長官同様、「誤算」を認める/「真実は、我々が予想していたよりも急速に展開した」(読み違い)、「アフガン軍は崩壊し、時には戦おうともしなかった」(愚痴)

政治
スポンサーリンク

バイデン氏、アフガニスタンがタリバンに奪われたことについて。「真実は、我々が予想していたよりも急速に展開したということです。

スポンサーリンク

バイデン大統領のアフガニスタンに関するスピーチ(抜粋)

全部トランプ氏とアフガン軍のせいにするバイデン。

自ら言っているように、政権を握ったのであれば、軍を再投入することもできたはず。

撤退するにしても、タリバンと再交渉したり、トランプ氏やポンペオ氏の言うように、抑止力を維持しつつ撤退することもできたはず。

アフガン軍が弱かったなど、寝言にしか聞こえない。

完全にアフガン情勢の読み違い、読み誤り。

2021年8月16日
午後4時2分(日本時間)

私が就任したとき、私はトランプ大統領がタリバンと交渉した契約を継承しました。 トランプ大統領の合意では、2021年5月1日までに米軍がアフガニスタンから撤退することになっていましたが、これは私が就任してからわずか3カ月あまりのことでした。

米軍は、トランプ政権下ですでに約1万5,500人の米軍から在日米軍2,500人に縮小しており、タリバンは2001年以来、軍事的に最も強い状態にありました。

スポンサーリンク


あなた方の大統領として私がしなければならなかった選択は、その合意に従うか、それとも春の戦闘シーズンの真っ只中にタリバンとの戦いに戻る覚悟をするかということでした。

5月1日以降の停戦はありませんでした。 5月1日以降、わが国の軍隊を保護する合意もなかった。 5月1日以降、アメリカ人の犠牲者が出ない安定した現状もありませんでした。

そこにあるのは、軍の撤退という合意に従うか、紛争を拡大させて何千人もの米軍を再びアフガニスタンに送り込み、紛争の30年目に突入させるか、という冷たい現実だけだった。

私は自分の決断を断固として支持します。 この20年間で、私は、米軍を撤退させるのに適した時期などないことを痛感しました。

スポンサーリンク


だからこそ、私たちはそこに留まっていたのです。 私たちは、リスクについて明確な目を持っていました。 あらゆる事態を想定していました。

しかし、私はいつもアメリカ国民に「正直に話す」と約束していました。 真実はこうです。

これは私たちが予想していたよりも早く展開しました。

では何が起こったのか? アフガニスタンの政治指導者たちは、あきらめて国外に逃亡しました。 アフガン軍は崩壊し、時には戦おうともしなかった。

午後4時21分(日本時間

スピーチ全文

Remarks by President Biden on Afghanistan | The White House
East Room 4:02 P.M. EDT  THE PRESIDENT:  Good afternoon.  I want to speak today to the unfolding situation in Afghanistan: the developments that have

スピーチ動画

President Biden Delivers Remarks on Afghanistan

ブリンケン氏も誤算を認めている

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】バイデンの無責任に記者から怒号!/バイデンはアフガン情勢をトランプ氏などのせいにしてスピーチを終え、質問を一切受けず逃げ去る。行き先はキャンプデービットで休暇/記者「飛行機にしがみついたアフガン人をどう思うのか!」(昨日3人が死亡)
バイデンは、地上の現在の劇的な状況について、アフガニスタンの前大統領であるトランプとアフガニスタン軍を非難した。彼は質問をせずにスピーチを終えた。 ホワイトハウスはバイデンのスケジュールを更新し、彼は今キャンプデービッドに戻ってい...続きを読む
米メディアWSJ誌、アメリカの歴史に残る屈辱にバイデンを激しく批判/アメリカが撤退するような時期に最高司令官が行った歴史上最も恥ずべきことの一つとして、歴史に残る(wsj)/バイデンは土壇場で責任を放棄しトランプに責任転嫁しようとした
アフガニスタンに関するバイデンの発言は、歴史上最も恥ずべきものの一つである」と述べた。 2021年8月16日 ウォール・ストリート・ジャーナル社説は、ジョー・バイデン米大統領が土曜日に行ったアフガニスタンから手を引くような発言は、"...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました