社会の話題と反応を発信していくネットメディア

44歳で亡くなったBBCラジオ・ニューカッスルの司会者の死因は、アストラゼネカ社のコビットワクチンの合併症によるものとBBCが発表

コロナ
スポンサーリンク

リサ・ショー プレゼンターの死はコビットワクチンの合併症によるもの

2021年8月26日

リサ・ショーさんは、5月に亡くなるまでBBCラジオ・ニューカッスルで司会者を務めていました

ラジオの司会者が、アストラゼネカ社のCovid-19ワクチンによる合併症で死亡したことが、検視官によって明らかになった。

BBCラジオ・ニューカッスルで働いていたリサ・ショーさんは、ワクチンを初めて接種した1週間後に頭痛を発症し、5月に44歳の若さで亡くなりました。

ニューカッスルの検視官であるカレン・ディルクス氏は、ショーさんが脳内に血栓を生じ、それが最終的に彼女の死につながったと聞きました。

審問では、オックスフォード・アストラゼネカ社のワクチンに関連したこの症状は非常に稀であるとされました。

スポンサーリンク

検死官は次のように述べています。「リサはアストラゼネカ社のコビット・ワクチン接種による合併症で死亡しました」

ディルクス女史は、ショーさんは以前は健康であったが、彼女の死は非常に稀な「ワクチン誘発性血栓性血小板減少症」によるものであることが「明確に立証された」と結論づけた。

コンセット市に住む1児の母であるショーさんは、4月29日にワクチンの初回接種を受けました。5月13日、彼女は数日前から頭痛がして、救急車でノース・ダーラム大学病院に運ばれました。

彼女は額から目の奥にかけて「撃たれるような激しい頭痛」を訴えていたと述べています。

検査の結果、脳内に血栓が見つかったこの血栓は、英国でアストラゼネカ社のワクチンを1回目に2480万人、2回目に2390万人が接種した後、417件の報告があり、72人が死亡している極めて稀なケースとされています。

スポンサーリンク


スキャンの結果、脳内出血を起こしていることがわかりました。その後も病状は悪化し続け、さらに手術や治療を続けましたが、5月21日に亡くなりました。

医薬品・ヘルスケア製品規制庁の安全性責任者であるアリソン・ケイブ博士は、検視官の評決を「再検討」すると述べました。

「アストラゼネカ社のCovid-19ワクチンの利点は、ほとんどの人にとってリスクを上回り続けている」と彼女は言いました。

「したがって、予防接種と2回目の接種を受けるように勧められた場合には、必ず名乗り出ることが極めて重要です」と述べています。(BBC引用抜粋)

Presenter's death due to Covid vaccine complications - BBC News
Lisa Shaw developed headaches shortly after being vaccinated against Covid-19, an inquest hears.
スポンサーリンク

参考記事

動画あり【トランプは正しかった8】:4年前トランプ大統領は、アフガンからの早急な撤退を警告していた/「早急な撤退がもたらす結果は、予測可能であると同時に受け入れがたいものになる。早急な撤退は、即座に失敗するという真空状態を生みだす」
4年前トランプは、アフガニスタンからの早急な撤退を警告していた。 トランプ大統領のメッセージ「早急な撤退は、即座に失敗するという真空状態を生みだす」(2017年8月21日) 早急な撤退がもたらす結果は予測可能であり、受け入れがたいも...続きを読む
アンジェリーナ・ジョリー、インスタでアフガニスタン問題、バイデン氏を非難/インスタは数日で100万人のフォロワーを集める/「撤退に関する同氏の対応を「恥ずかしい」/「同盟国や支持者を見捨て逃げ出すことは、裏切りであり、理解できない失敗」
アンジェリーナ・ジョリー、アフガニスタン問題でバイデン氏を非難、撤退に関する同氏の対応を「恥ずかしい」 アンジェリーナ・ジョリー、アフガニスタン問題でバイデンを非難、「理解することがほとんど不可能な失敗」 2021年8月27日 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました