社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【中国がバイデンのアメリカを脅す】中国が米国の領海内に軍艦を送り込むと威嚇。この場合の「領海」とは日本、豪州、グアムの12マイル以内に送り込むという意味だ/中国の意図と国際法によれば、脅威となる中国の侵攻は戦争に近い挑発行為となる。

事件
スポンサーリンク

中国が米国の領海内に軍艦を送り込むと威嚇

「現実は明らかだ」その意図と国際法によれば、脅すような中国の侵攻は、戦争に近い挑発行為となる。

スポンサーリンク

中国が米国の領海内に軍艦を送り込むと脅す

2021年09月08日

中国は20日、米国の領海内に軍艦を送り込むと威嚇した。

環球時報は、人民解放軍海軍の軍艦が “アジア太平洋の米軍基地と米国の同盟国の海岸線に出向き、近接偵察活動を行い、航行の自由を宣言する “ことを呼びかけた。さらに社説は、「米国はそう遠くない将来、PLA(人民解放軍)が玄関先に現れるのを確実に目にすることになるだろう」と付け加えている。

これは単なる暴言ではない。環球時報は、中央外事委員会の楊潔部長の下で運営されている。その言葉は確かな脅威である。

中国はなぜそれほどまでに激怒しているのか。

それは、米海軍の駆逐艦が水曜日に南シナ海の中国の人工島の12マイル以内を通過したことによる「露骨な挑発」を嘆いているのだ。

楊氏は、「米国に自分の薬を味わわせることによってのみ、米国とその同盟国の神経を逆なでし、南シナ海での米国のいじめに対する西側諸国の理解を変えることができる」と警告している。この評価は、現実とはほとんど関係がない。

スポンサーリンク

中国が南シナ海の領有権を主張することは、地理的にも政治的にも不合理であり、帝国主義的である。

それどころか、中国は2つの明らかに不当な理由で、南シナ海の軍事化をエスカレートさせている。第一に、中国共産党の一方的な資源採掘のためにこの海域を安全にすること。第二に、他国から政治的な譲歩を引き出して、その見返りに海洋へのアクセスを可能にすることである。中国のレバレッジは、南シナ海を通過する年間3.5兆ドルから4兆ドルの貿易の流れである。

トランプ政権とバイデン政権は、水曜日に行われたような米国の海軍の行動で、中国の行動に抵抗するのは当然のことだ。彼らは、中国が貿易、主権政府、そして第二次世界大戦後の米国主導の国際秩序の重要な原則である「自由な往来」に対する脅威であることを認識している。

しかし、アメリカのヨーロッパの同盟国は、中国を動揺させるようなアメリカ式のトランジットを行うことを嫌がっているが、オーストラリア、インド、日本、ベトナムなどの国々は、アメリカの立場に近づきつつある。中国は、より強力な多国間の挑戦に直面するかもしれないと感じている。

スポンサーリンク


北京が採用した「アジア太平洋の米軍基地と米国の同盟国の海岸線」で「航行の自由」活動を行うという言葉は、PLA(人民解放軍)の軍艦をグアム、オーストラリア、日本の12マイル以内に送り込むという脅しを意図したものであることは明らかである。(フィリピンは米国の条約上の同盟国だが、その大統領は習近平の人間のペットになっている)。)

いずれにせよ、米海軍が国際水域を通過することは一つのことである。しかし、米海軍が国際水域を通過することと、PLAが主権国家である米国や同盟国の海岸から12マイル以内を通過することは、全く別の問題である。言い換えれば、米国が公共の公園を歩いているときに、中国は公共の公園を占領して家に侵入する権利を主張しているのである。

現実は明らかである。中国の意図と国際法によれば、脅威となる中国の侵攻は、戦争に近い挑発行為となる。

中国には、水を濁す正当な理由はない。

China threatens to send warships inside US territorial waters
China, on Wednesday, threatened to send warships into U.S. territorial waters.
スポンサーリンク

参考記事

サークルバック・サキ、テキサス州アボット知事がレイプ犯を排除すると主張したことについて、「世界の歴史の中でレイプ犯を街から排除することができた人はいない」と述べ、批判を浴びる
我々の街からレイプ犯を排除することができた指導者は一人もいない ジェン・サキは、グレッグ・アボットがすべてのレイプ犯を排除すると主張したことに対して、次のように述べました。"世界の国の歴史の中で、レイプを排除し、我々の街からレイプ犯を排除...続きを読む
45thトランプ大統領、ラリーを開催を発表!/9月25日にジョージア州、10月9日にアイオワ州でそれぞれ開催
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明がアイオワでラリー」 ドナルド・J・トランプ大統領、2021年10月9日にアイオワ州デモインで集会を発表 SAVE AMERICAドナルド・J・トランプ大統領 - 2021年9月7...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました