社会の話題と反応を発信していくネットメディア

米諜報機関が、「中国が世界的な遺伝子データベースを構築しており、米国に対する優位性を持つ可能性がある」と警告/中国がCovidテストキットやバイオテック企業の買収によって世界的な遺伝子データベースを構築しており、決定的な軍事的優位性を得る可能性がある

中国
スポンサーリンク

米国諜報機関は、中国が米国を支配する可能性のある世界的な遺伝子データベースを作成していると警告

スポンサーリンク

米国諜報機関が、中国が世界的な遺伝子データベースを構築しており、米国に対する優位性を持つ可能性があると警告している

22 October 2021

・諜報機関は、中国がCovidテストキットやバイオテック企業の買収によって世界的な遺伝子データベースを構築しており、米国のヘルスケア業界を支配し、決定的な軍事的優位性を得る可能性があると警告している
・ある政府関係者によると、中国はCOVID-19検査や遺伝子検査に関与しているという。
・同センターの新興技術担当室のエドワード・ユー氏は、それによって最終的には米国の医療分野が北京に依存することになるかもしれないと述べている
・これは、テクノロジーの優位性を利用して軍事的な優位性を得ようとする動きの一環である、と報告書は述べています。
・米国防総省の2人の高官が、米国は北京に負けていると警告した後のことである。

諜報機関は金曜日、中国の野望について新たな警告を発した。中国は、軍事的に決定的な優位性を持ち、米国の医療分野を支配する可能性のある技術的推進の一環として、世界中から遺伝子データを収集しているという。

National Counterintelligence and Security Centerの報告書では、企業や大学が中国からの投資や専門知識の提供を受け入れる際のリスクについて、憂慮すべき状況が描かれています。

スポンサーリンク


同センターの新興・破壊的技術担当役員であるエドワード・ユーは、中国企業が米国や欧州のバイオテクノロジーや製薬に投資していることを指摘しました。

また、遺伝子検査やCOVID-19検査キットを提供し、最終的に北京の手に渡る可能性のあるデータを収集しているという。

そのデータ収集とテクノロジーの進歩により、いつの日か北京がヘルスケアの分野で支配的になり、米国が完全に中国に依存するようになるかもしれない、と彼は言う。

全米防諜・安全保障センターのマイケル・オーランド所長は、米国は中国に「負けるわけにはいかない」と述べ、習近平政権の脅威を警告した。

'China's technology dominance could give it decisive military edge'
A report by the National Counterintelligence and Security Center on Friday painted an alarming picture of the risks for businesses in accepting Chinese investme...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】バイデン、大失言で非難轟々/バイデンはあざ笑うように言った「私には、私のCOVIDであなたを殺す自由がある」/「パウエル元国務長官はワクチンを接種していたが、それでも亡くなった。基礎疾患があったからだ。接種していなかったらもっと早く死んでいた」
バイデン「私には、私のCOVIDであなたを殺す自由がある」 バイデンは、人々がワクチンの義務化を政治的な問題にすることに関心があると言います。 "Freedom!(自由だ)"とバイデンはあざ笑うように言った。「私には、私のCOVID...続きを読む
【動画あり】「バイデンの奇行」タウンミーティング中、記者との会話中にロボットのようにフリーズする/聴衆の中にボルチモア市長がいると言ったが、実際は全くの別人だった/ネット「国民は分かっている」「悲惨だ」「彼が行くべき場所はあそこだ」
CNNのタウンホールで、なぜかバイデンがロボットのように何度もフリーズした。 2021年10月21日 木曜日の夜、CNNのタウンホールで台本通りの話法を繰り返したジョー・バイデン大統領のプラグを抜く時が来たのかもしれない。 大...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました