社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画】(ソ連を崩壊させた)ロナルド・レーガン「自由というものは、一世代で消滅するものではない。世代ごとに戦い、守っていかなければならないものなのだ」/ダン・スカビノ氏がトランププロモーションビデオ「MAGA& AGAIN!」とともにツイート

事件
スポンサーリンク

ダン・スカビノ氏

スポンサーリンク

オハイオラリー

スポンサーリンク

トランプ氏が尊敬する共和党大統領、ロナルド・レーガンの言葉

「自由というものは、一世代で消滅するものではない。世代ごとに戦い、守っていかなければならない」

スポンサーリンク


スポンサーリンク

トランプ氏プロモビデオ

MAKE AMERICA GREAT AGAIN, AGAIN!
Video montage of 45 on the road…

ロナルド・ウィルソン・レーガン

1911年2月6日 – 2004年6月5日。アメリカ合衆国の政治家、俳優。同国第40代大統領 (在任: 1981年1月20日 – 1989年1月20日)、第33代カリフォルニア州知事(在任: 1967年1月2日 – 1975年1月6日)。選出当時は歴代最高齢で、2021年現在でも歴代3位の高齢(69歳349日)で選出された大統領。身長6フィート1インチ(約185センチメートル)。

ソ連を崩壊させたレーガンの功績

アメリカで政治家になる条件に、「見栄えのする容姿」と、大衆の好感度を引き出す「目には見えない魅力」がある。俳優出身のレーガンにはこの双方を満たして余りあるものがあった

静かな語り口ながら、率直で分りやすく、誰もを納得させてしまう話術は、「グレート・コミュニケーター(偉大なる伝達者)」というレーガンのあだ名に凝縮されている。

止む事無い軍備増強を続けた結果、ソ連の軍事力は1980年代初頭までにアメリカのそれを凌駕するまでに巨大化していた。それまでアメリカの軍備は数の上ではソ連に及ばないものの、技術面ではソ連を寄せ付けない先端技術を保持し続けており、これがソ連に対する「質の脅威」であり得たが、1980年代におけるソ連の科学技術の進歩はこの両者の開きをかつてないほど狭いものにしていた。

スポンサーリンク


その槍玉にあげられたのがデタントだった。レーガン政権は、デタントを「米ソ両国の力の均衡を維持することに役立っただけで、冷戦そのものの解決には全くならなかったばかりか、いたずらにこれを長期化させる原因」であるとして否定し、ソ連を「悪の帝国」と名指しで非難。替わりに「力による平和」と呼ばれる一連の外交戦略でソ連と真っ向から対抗する道を選んだ。その概要は以下の通りである。

1.国防予算を大幅に増額してスターウォーズ計画を一方的に推進する
2.ソ連はこれに追いつこうとするあまり、より一層の無理を強いられる
3.その結果アフガニスタン侵攻の泥沼化でただでさえ逼迫しているソ連の国家財政は破綻し、社会保障制度が麻痺する
4.ソ連の国民はそんな共産主義政権を見限りソビエト連邦は崩壊する
というシナリオだった。

果たしてその読み通り早くも1980年代中頃になるとソ連の財政赤字は肥大化し、財政は危機的状況に陥った。1984年にはレーガンはソ連とその同盟国を除いた1984年ロサンゼルスオリンピックを挙行して西側諸国の結束を誇示した。また1985年にゴルバチョフが書記長に就任すると、「グラスノスチ」によりソ連の危機的状況が西側にも明らかとなり、アメリカはソ連から核兵力・通常兵力・対東欧諸国政策のすべてにおいて大幅な譲歩を引き出すことに成功した。西側諸国の一員である日本も防衛費1パーセント枠を1987年より廃止し防衛費を一時的に増額した。

スポンサーリンク

参考記事

米国の有権者の約6割、無党派層の約7割が、バイデン大統領就任後、米国経済が悪化した。バイデンが大統領になってから景気が良くなったと思う人はわずか2割(Rasmussen Reports)
バイデンの下で経済は悪化しているか? 共和党員 - 84% 民主党員- 26% 無党派 - 66% バイデン政権下で経済が悪化したと答えた人は57% 2021年10月29日 米国民の大多数は、ジョ...続きを読む
【BIG!】ウィスコンシン州で爆弾発言/WI州ラシーン郡の捜査官が「WI州の選挙管理委員会が、2020大統領選で老人ホームスタッフに不◯に投票するよう指示して重罪を犯した」ことを示す広範な証拠を提示/ジョンソン上院議員「氷山の一角だ。疑惑の完全な調査が必要」
NewsTalk1130のホスト、ダン・オドネル ウィスコンシン州で絶対的な爆弾発言があった。ラシーン郡の捜査官は、『ウィスコンシン州の選挙管理委員会』が、老人ホームのスタッフに住民のために不◯に投票するよう指示して重罪を犯したことを示す...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました