社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【BIG!】ウィスコンシン州で爆弾発言/WI州ラシーン郡の捜査官が「WI州の選挙管理委員会が、2020大統領選で老人ホームスタッフに不◯に投票するよう指示して重罪を犯した」ことを示す広範な証拠を提示/ジョンソン上院議員「氷山の一角だ。疑惑の完全な調査が必要」

日本
スポンサーリンク

NewsTalk1130のホスト、ダン・オドネル

ウィスコンシン州で絶対的な爆弾発言があった。ラシーン郡の捜査官は、『ウィスコンシン州の選挙管理委員会』が、老人ホームのスタッフに住民のために不◯に投票するよう指示して重罪を犯したことを示す広範な証拠を提示した。

スポンサーリンク

ロン・ジョンソン上院議員

LABの報告によると、シュマリング保安官が発見、公開したものは、2020年の選挙における不◯の氷山の一角に過ぎないかもしれない。
立法府には、疑惑の完全な調査を行うための時間、リソース、選挙管理者の協力が与えられなければならない。

スポンサーリンク

捜査官がウィスコンシン州選挙管理委員会(WEC)が重罪の選挙違反を犯した証拠を提示

2021年10月29日

ラシーン郡保安官事務所の捜査官は、ウィスコンシン州選挙管理委員会(WEC)が、介護施設の職員に州法に違反して、自分ではできない介護施設の入居者に代わって投票用紙に記入するように指示し、重罪の選挙詐◯を行ったという証拠を提示した。

木曜日に行われた記者会見で、ラシーン郡のクリストファー・シュマリング保安官は、COVID-19パンデミックの際に、法律で定められた特別投票代理人が老人ホームに入ることを禁止し、代わりに老人ホームのスタッフに入居者の投票を手伝うように指示したWECの委員とスタッフは、最高で3年6ヶ月の懲役と1万ドルの罰金が科せられるクラスIの重罪を犯したと述べた。

ウィスコンシン州法6.875は、特別投票代理人が老人ホームでの投票を補助する権限を持つ唯一の人物であることを明確に規定しており、”自治体内の適格な老人ホームや居住用介護施設に雇用されているか保持されているか、任命される前の2年間に雇用されていたか保持されていた個人、またはその個人の近親者は…代理人として任命されてはならない “としている。

スポンサーリンク


2020年3月10日、WECは、ウィスコンシン州のトニー・エヴァース知事に対し、特別投票代行者を老人ホームに配置するという要件を停止するよう要請した。知事室は、公衆衛生上の緊急事態であっても、知事には投票法を停止する権限はないとWECに伝えた。

ディーン・クヌッドソン委員長は当時、「私たちが本当に言いたいのは…法律がどうなっていようと、選挙管理委員会は今回、法律に従わないための柔軟性が必要だと言っているのです」と語っている。

ウィスコンシン州法12.13(2)(b)(7)によると、「選挙管理者は、公務の過程で、または公職にあることを理由に、故意に選挙法に違反したり、故意に他人に違反させたりしてはならない」とされている。この規定に違反すると、第1級の重罪となります。調査官によると、WECが老人ホームのスタッフに州法違反を指示したことは、Wis. Stat. 12.13(2)(b)(7)に違反しているとしています。

スポンサーリンク

「シュマリング保安官は、「ウィスコンシン州の選挙管理委員会は、法律に従うことを怠っています。「これは上層部から始まっているのです」。

この違法なアドバイスのせいで、調査官は、マウント・プレザントにあるリッジウッド・ケア・センターの数十人の居住者のうち、普段は投票しない(愛する人が言うには、投票する気がないか、投票するだけの認知能力がない)人たちが、2020年の大統領選挙に向けて、新たに投票用紙を請求し、センターのスタッフの「助け」を借りて投票したと主張している

この中には、”ダン・オドネル・ショー “のリスナーであるジュディも含まれており、彼女の母親シャーリー(リッジウッド在住)は、”シャーリーが覚えている大統領はJFKだけ “。「The ダン・オドネル・ショー」は昨年11月にこの事件を報じ、ジュディに地元の警察に通報するよう提案した。その結果、ラシーン郡保安官事務所の調査が始まった。

全部で42人のリッジウッドの住民が2020年の選挙で投票し、そのうち38人が2020年中に新たに投票用紙を要求していました。ラシーンの捜査官は、”大統領選挙や非大統領選挙の際、通常は約10人が投票し、0~3人がリッジウッド・ケアセンターから不在者投票の申請を新たに行う “としている。

調査の結果、不在者投票の申請書は「施設のスタッフが事前に記入」しており、スタッフが実際の投票の立会人を務めていたことが判明した。

スポンサーリンク


投票はリッジウッドのレクリエーション・セラピー・ディレクターが監督しており、彼は調査員に「入居者が投票用紙を指差すことしかできない場合は、彼女のスタッフが適切な点を記入する」と語っていました。

シャーリーの場合、レクリエーション・セラピー部長は、”シャーリーが投票したいと思っていると確信していたが、その後、住民と接触していないことを認めた “と述べています。

リッジウッドの入居者の家族のうち、他に少なくとも7人が、愛する人が自分で投票することはあり得ないと調査員に語っており、その中には “候補者が誰なのか知らなかっただろう “という人も含まれていた。MyVote Wisconsinの記録によると、この住民が他の選挙で投票した記録はなかった。

スポンサーリンク

“誰かが彼女を利用したに違いない “と娘は捜査官に語った。

別の住人は「能力がないと判断され」、裁判所から「投票権を取り上げられた」とまで言われています。彼女は、「障害があるため、法的な書類に署名することができない」し、「不在者投票の申請方法も知らなかっただろう」という。MyVoteの記録によると、彼女は2012年以来、2020年の選挙で初めて投票しました。

さらに別の住人は、自分の息子を認識できず、実際には1995年に亡くなった実母を “数週間前に亡くなった “と信じていたという。彼女は、MyVoteの記録が始まった2012年以降は投票していなかったが、2020年の春の選挙と大統領選の両方で投票した。

Investigators Present Evidence WEC Committed Felony Election Fraud | News/Talk 1130 WISN | Dan O'Donnell
Racine County Sheriff's Department investigators have presented evidence that the Wisconsin Elections Commission committed felony election fraud by telling nurs...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【トランプ人気、バージニア州で炸裂:民主党に衝撃】中間選挙前哨戦の位置付け、VA州知事選挙調査で、トランプ氏が支持した共和党ヤンキン氏が民主党のマコーリフ氏を8ポイントリード/ VA州は長年民主党の州で2020もバイデンが勝利(投票は11/2)
バージニア州の衝撃。知事選の世論調査で、グレン・ヤングキンが民主党のテリー・マコーリフを8%上回る バージニア州の衝撃。世論調査でグレン・ヤングキンが民主党のテリー・マコーリフを8%上回った。 2021年10月28日 18時49分 ...続きを読む
【ヒラリー詰みか?:2】ダーラム特別顧問は、民主党とヒラリー・クリントンの法律事務所の元弁護士が「トランプがロシアと通じているという偽の情報」をFBIに持ち込み起訴された件で、FBIの元弁護士を召喚する。
これまでの要点 ・2016年大統領選の時期ロシア疑惑=ヒラリー疑惑 2016年ヒラリー陣営の弁護士サスマン容疑者は、トランプ陣営がロシアの銀行を通じてロシア当局との間で秘密の通信を行っているという話をFBIに持ち込んだのだが、それが...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました