社会の話題と反応を発信していくネットメディア

爆問・太田光氏「ご愁傷様」発言謝罪意向は“なりすましツイート”だった(日刊ゲンダイ)/ネットではさまざまな声

事件
スポンサーリンク

爆問・太田光氏「ご愁傷様」発言謝罪意向は“なりすましツイート”だった!被害に遭った光代さんに聞いた

11/3(水)

10月31日に放送されたTBS系の「選挙の日2021 太田光と問う! 私たちのミライ」で、選挙特番の初司会を務めたお笑いコンビ「爆笑問題」太田光(56)。小選挙区で敗れた甘利明幹事長(72)に対し、太田が笑いながら「ご愁傷様でした」などと言葉をかけたことについてネットで批判的な声が上がり、妻で所属事務所社長の太田光代さん(57)が甘利氏に謝罪の意向を示していると報じられた。光代さんが2日未明、ツイッターで<分かりました。甘利さんに謝るようにします><政治家がそれを望むのか確認します>と投稿した、という内容だった。

しかし、光代さんが直前まで太田の発言について<この言葉。決して悪い言葉ではありません。ご愁傷様は、おきのどくさまです。です。漢字でもご理解いただけるように><政治家は国民の代表であって、国民の偉い人ではないのよ>と夫をフォローするような書き込みをしていたため、どうして急に謝罪する方向に傾いたのか疑問の声が上がっていた。

「自民党の小渕優子・組織運動本部長の夫がTBSの将来の社長候補と目されている有力幹部のため、甘利氏が小渕氏の夫を通じてTBS側にクレームを入れたという情報が流れていました。ただ、もしそれで本当にTBS側が太田サイドに何らかの働きかけをしていたとしたら大問題です。どうやら根も葉もない憶測だったようです。光代さんが謝罪の意向を示したという話は、その後、光代さんのツイッターが乗っ取られていたことが判明しました」(永田町関係者)

スポンサーリンク

■「私自身が『甘利さんに謝るようにします』などとは書いたことはない」

このような、にわかに信じがたい話がまことしやかに語られてしまう背景には、安倍政権時代の露骨な政治介入によってメディアが委縮し、飼い慣らされてしまったこともあるだろう。今後、太田が甘利氏に謝ることはあるのだろうか。光代さんに改めて聞いてみた。

「太田の『ご愁傷様』という言葉だけが切り取られて報じられていることに少し戸惑っています。私がツイッターで書いたように、あれは決して悪い意味で使ったものではありません。甘利さんからも自民党からもTBS側からもこちら側に謝罪の要求はありませんし、正直、誰に何を謝罪すべきかも分かりません。よって今後も謝罪する予定はありません。

謝罪報道で引用された投稿は、私のツイッターを乗っ取った“なりすまし”によるものだったことが判明しました。私自身が『甘利さんに謝るようにします』などとは書いたことはありません」

どうやら、甘利シンパのネット民が太田に“謝れ”とやかましく騒いでいるようだ。しかも、光代さんのツイッターが乗っ取り被害にまで遭ってしまった。事態は思いのほか深刻だ。(日刊ゲンダイ)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

太田光代氏のツイート

ネットでは様々な声が溢れています。主なものを掲載したいところですが、やめておきます。

こういう話しは正直疲れます。

スポンサーリンク

参考記事

動画あり:太田光氏「いつまで政治家続けるつもり?」“直球質問”に二階俊博氏怒る「言葉を選びなさいよ!」/人相が悪い。自民党の象徴が二階さん/ネットには批判の声殺到
太田光 「いつまで政治家続けるつもり?」“直球質問”に二階俊博氏怒る「言葉を選びなさいよ!」 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(56)が31日、TBS系衆院選開票特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」(後7・57)に生出演...続きを読む
【動画あり】TBS選挙特番/太田光氏 甘利氏に「ご愁傷さま」ネットは苦言(デイリー)/怒りの声あふれる:「甘利氏にご愁傷様でしたからの大笑い、ありえない」「甘利氏の後ろにいる支持者をバカにする発言だ!」「タメ口で上から。何様?」「TBSは大丈夫か?」
爆問・太田光 甘利氏に「ご愁傷さま」ネットは苦言 衆議院議員選挙の投開票が31日、行われた。爆笑問題の太田光が31日、TBS系の衆議院議員選挙特番「選挙の日2021」に出演し、自民党の甘利明幹事長に「ご愁傷さまでした」とコメントした。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:TBS)

タイトルとURLをコピーしました