社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【ヒラリー詰みか?:ダーラムの狙いはヒラリー陣営】ロシア疑惑をデッチ上げた『スティール文書』の情報主「イゴール・ダンチェンコ」の逮捕は、スティール文書がいかにヒラリーによって仕組まれた政治的な汚いトリックであったかを示している(NewyorkPost)

事件
スポンサーリンク

要点「ダーラムはクリントン陣営に狙いを定めている」

*ヒラリー陣営に関係する主な人物は、本記事末尾を参照

・ダーラムの起訴状によると、クリントン陣営はエージェントを使ってトランプとロシアの噂を政府やメディアに売り込み、トランプが調査されているという事実をキャンペーンのメッセージの一部として利用した。
トランプ陣営がロシアと共謀したとデッチ上げた報告書(スティール文書)はクリントン陣営が作成した。
逮捕されたダンチェンコはビルとヒラリーの選挙キャンペーンの両方に携わっていたことを隠していた
スポンサーリンク

逮捕は、スティールの書類がいかにヒラリー・クリントンによって仕組まれた政治的な汚いトリックであったかを示している

ジョン・ダーラム特別弁護人が、FBIがトランプとロシアの捜査の根拠として使用したインチキなスティール資料の主要な情報源であるイゴール・ダンチェンコを起訴したことは、ダーラムがクリントン陣営に狙いを定めていることをさらに物語っている。

ダンチェンコは、ドナルド・トランプとその陣営がクレムリンの秘密工作員であるという突拍子もない疑惑を検証しようとFBIが無駄に奮闘していた2017年中に、FBIへのインタビューで5つの嘘をついた罪で起訴されている。

これらの疑惑は、FBIが秘密の連邦裁判所から監視令状を取得する際に依拠した、いわゆるスティール文書にまとめられていた。この書類はクリントン陣営が作成したものである。

主な執筆者は元英国スパイのクリストファー・スティールスティールの主な情報源は、米国在住のロシア人で、ワシントンのシンクタンクであるブルッキングス研究所に勤務していたダンチェンコで、元会長のストローブ・タルボットはビル・クリントンの大学時代の友人であり、クリントン国務省に勤務していた。

ブルッキングスでダンチェンコは、後にトランプ大統領の国家安全保障会議のメンバーとなるフィオナ・ヒルと仕事をした(無関係なウクライナ問題をめぐるトランプ大統領の最初の弾劾では重要な証人となった)。ダンチェンコはヒルを介して、英国のスパイ組織MI-6を辞めてロンドンで諜報会社を経営していたスティールと知り合いになった。

スポンサーリンク

ダーラムの起訴状では、ダンチェンコが大きく2つの点で嘘をついたとされている。

まず、2016年の大統領選挙期間中に、トランプ氏がロシアのウラジーミル・プーチン大統領の政権と、よく練られた「協力の陰謀」に関与していたことを、ロシア・アメリカ商工会議所の会頭から知らされたという主張を捏造した。実際には、この会話はなかったと起訴状には書かれている。

起訴状では、チャンバー大統領の名前は特定されていない。しかし、スティール文書が公表された後、同会議所の創設者であるセルゲイ・ミリアンがスティール文書の情報源ではないかとの憶測が広がった。私がロシアゲートに関する著書「Ball of Collusion(共謀のボール)」で述べたように、ミリアンは情報源であることを否定し、書類を「病んだ心が生み出したフェイクニュース」と切り捨てた。

ダンチェンコは、スティールに提供した情報の情報源のひとつが、クリントン夫妻と親しい長年の民主党工作員であり、ビル・クリントンの成功した大統領選挙キャンペーンとヒラリー・クリントンの失敗した2008年の大統領選挙キャンペーンの両方に携わっていたことを隠していたとされている。

この情報源は、木曜日に明らかにされたもので、ロシアとの接点を持つ広報担当重役のチャールズ・ドーラン起訴状では「PR Executive-1」と呼ばれている。

FBIがダンチェンコを聴取したのは、スティール文書の主張を必死に裏付けようとしていたからである。ダーラムは一つの疑問を抱いているに違いない。なぜFBIはこれほど時間がかかったのか?オバマ司法省は2016年10月、FBIの宣誓した主張を秘密裏に連邦外国情報監視裁判所に持ち込んだ。FBIは法廷に出る前に主張を確認することになっているが、書類の主な情報源であるダンチェンコにインタビューしたのは2017年1月で、そのときには90日間の2回目のスパイ令状を取得していたようだ。

スポンサーリンク

ダーラムは、トランプとロシアの共謀というストーリーは、クリントン陣営が製造した政治的攻撃であると説いているようだ。

スティールはダンチェンコを頼りに、政治的な汚れを掘り起こすことを専門とする諜報会社Fusion-GPSの共同設立者であるグレン・シンプソンのために報告書をまとめた。Fusion-GPSは、クリントン陣営の法律事務所であるパーキンス・コーイからトランププロジェクトの依頼を受けていた。

ダーラムは、トランプとロシアの共謀の物語は、クリントン陣営が製造した政治的攻撃であると説いているようだ。

9月、ダーラムはパーキンス・コーイの元弁護士マイケル・サスマンを、FBIが最終的に根拠がないと判断したトランプとロシアの疑惑を売り込んだ際に、FBIに虚偽の供述をしたとして起訴した。ダーラムは、サスマンがクリントン陣営のために働いていたことや、クリントンが当選すれば政府の重要な仕事に就けると期待していた技術系の幹部であることを隠していたと主張している。

ダーラムの起訴状によると、クリントン陣営はエージェントを使ってトランプとロシアの噂を政府やメディアに売り込み、トランプが調査されているという事実をキャンペーンのメッセージの一部として利用したという。

Arrest illustrates how the Steele dossier was a political dirty trick orchestrated by Hillary Clinton
Special counsel John Durham’s indictment of Igor Danchenko illustrates that he has his sights set on the Clinton campaign.
スポンサーリンク

ヒラリー陣営に関係する主な人物

「チャールズ・ドーラン」:民主党、クリントン陣営の工作員(の疑義)
「クリストファー・スティール」:元英国スパイ。クリントン陣営が資金提供し、民主党から報酬を得て、トランプ陣営がロシアと共謀したとデッチ上げた報告書を書いた人物。
「イゴール・ダンチェンコ」今回ダーラムによりFBIから逮捕された。クリストファー・スティールに偽の情報を提供した人物。
・「サスマン」ヒラリー陣営の弁護士ですでに逮捕。トランプ陣営がロシアの銀行を通じてロシア当局との間で秘密の通信を行っているというFBIだけでなくマスコミにも偽の情報を持ち込んだ人物。

参考記事

【BIG!】民主党とヒラリー大打撃/ダーラム特別顧問、FBIが『クリントンが資金提供し、民主党から報酬を得ていたクリストファー・スティールが書いた文書(トランプ陣営がロシアと共謀したとデッチ上げた報告書)の情報源である「イゴール・ダンチェンコ」を逮捕したと発表
FBI、クリントンが資金提供したスティール文書の情報源イゴール・ダンチェンコを逮捕 トランプ・ロシア調査の資料に情報を提供したアナリストのイゴール・ダンチェンコ氏が、FBIに嘘をついた5つの罪で起訴されたことを、司法省が1日に発表...続きを読む
トランプJR は激怒「メディアは敵だ」、リズ・ハリントン氏「彼らは、ロシアとの共謀について嘘をつき、ウクライナについて嘘をつき、地獄からのラップトップについて嘘をついた。彼らは11月3日について嘘をついた」
トランプJrのツイート ロシアの共謀罪のデマに関するメディアの報道が5年前に始まったことを考えると、この段落がどれほど注目に値するか考えてみてほしい。企業メディアは本当に人々の敵だ。 アダム・ゴールドマン、チャーリー・サヴェッジ 20...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました