社会の話題と反応を発信していくネットメディア

WHOは南アの変異株を「Omicron オミクロン」と命名した。なぜ『Xi』を飛ばしたのか?理由は誰にでもわかる/WHO、南アの変異株を「懸念すべき」に 名称は「オミクロン株」

コロナ

WHO、南アの変異株を「懸念すべき」に 名称は「オミクロン株」

世界保健機関(WHO)は26日、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株について、デルタ株などと並ぶ「懸念すべき変異株」に分類すると発表した。

他の変異株と比べても感染力が高い恐れなどがあるためで、名称は「オミクロン株」とした

懸念すべき変異株の指定は今回で5件目で、これまでに英国の「アルファ株」、南アフリカの「ベータ株」、ブラジルの「ガンマ株」などがあった。(毎日新聞)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

彼らは「Xi 変異体」を飛ばした。

誰もがその理由を知っているが、それについて何も言うことができない。

(THE TIMESオミクロン・コロナウイルスの変異は、この冬のヨーロッパにどのような影響を与えるのでしょうか。科学者たちは、B.1.1.529の突然変異が、ワクチン接種や事前の感染による免疫をバイパスする可能性があることを懸念しています」

「Covidの亜種は昔の記憶を呼び起こすが、今回は何をすべきか」2021年11月26日(金)12.0l am GMT, The Times)

ギリシャ文字は全部で24文字

大文字 小文字 名前
Α α alpha アルファ
Β β beta ベータ
Γ γ gamma ガンマ
Δ δ delta デルタ
Ε ε epsilon イプシロン
Ζ ζ zeta ゼータ
Η η eta イータ
Θ θ theta シータ
Ι ι iota イオタ
Κ κ kappa カッパ
Λ λ lambda ラムダ
Μ μ mu ミュー
Ν ν nu ニュー
Ξ ξ xi クサイ
Ο ο omicron オミクロン
Π π pi パイ
Ρ ρ rho ロー
Σ σ sigma シグマ
Τ τ tau タウ
Υ υ upsilon ユプシロン
Φ φ phi ファイ
Χ χ chi カイ
Ψ ψ psi プサイ
Ω ω omega オメガ

「nu ニュー」型に命名の予定が「omicron オミクロン」に?

「歴代最悪の変異株」…デルタより強力な「ニュー」型、すでに南アを襲っていた

11/26(金) 16:08

今月11日、アフリカ南部ボツワナで初めて見つかった新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新型変異株ウイルス(B.1.1.529)の急速な拡大で、世界保健機関(WHO)が緊急対策会議を招集した。

25日(現地時間)、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)などによると、WHOは26日、新型ウイルスB.1.1.529にギリシャのアルファベットを名付けた新しいコード名「ニュー(N)」を付与してこれに対する対策を議論する予定だ。WHOは新型ウイルスの感染力などの特性を考慮して「懸念される変異株(VOC)」や「注目すべき変異株(VOI)」などに指定して管理している。

この日、FTはある関係者の言葉を引用して「WHOはまず新ウイルスをVOIに入れて監視する予定」と説明した。WHOのVOIリストには今年1月にコロンビアで初めて報告されたもっとも最近の「ミュー株」を含めてラムダ、イータ、イオタ、カッパ株などが含まれている。WHO指定のVOCには現在アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ4種がリストインしている。(中央日報抜粋)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

nu ニューと命名すると、次はXiをつけざるを得ない?よって、2つ飛ばした?

ラムダ、ミュー、イータ…変異株から学ぶギリシャ文字 全24文字のどこまで出現?(9/30の記事)河北新報

 世界保健機関(WHO)は8月末、南米コロンビアで1月に発見された新型コロナウイルス変異株を「ミュー株」と命名した。世界的に監視が必要とされる変異株には、ギリシャ文字を冠した呼称が用いられる。24文字からなるギリシャ文字でミュー(μ)は12番目に当たる。残りは12文字。新たな変異株の出現はどこでとどまるか。(編集局コンテンツセンター・佐藤理史)

(クサイはXi)

スポンサーリンク


 当初、WHOは変異株が初めて確認された国名を呼称に使用した。5月末、呼称となる国への差別につながる恐れがあるとしてギリシャ文字を使う方針に切り替え、英国株、インド株をそれぞれアルファ(α)株、デルタ(δ)株などと言い換えた。

 WHOは感染力が強まったり、ワクチンの効果が下がったりする性質を持つとみられる変異株を「懸念される変異株(VOC)」と分類し、警戒を強める。これまでにアルファ、ベータ(β)、ガンマ(γ)、そして日本国内で「第5波」を引き起こしているデルタの4株がVOCに指定されている。

 VOCには至らないまでも、ワクチンの効果などに影響を与える可能性がある変異株は「注目すべき変異株(VOI)」として動向を注視する。9月30日現在、ラムダ(λ)、ミューの2株がVOIに位置付けられる。世界の変異株の発生情報を集約するサイト「アウトブレーク・インフォ」によると、日本国内での確認例はラムダ、ミューともに5件にとどまっている。

ラムダ、ミュー、オミクロン…変異株から学ぶギリシャ文字 全24文字のどこまで出現? | 河北新報オンラインニュース
 世界保健機関(WHO)は11月26日、南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株を「オミクロン株」と命名した。世界的に監視が必要とされる変異株には、ギリシャ文字を冠した呼称が用いら…

習近平(しゅう きんぺい、英語: Xi Jinping、拼音: Xí Jìnpíngは、中華人民共和国の第5代最高指導者(在任:2012年11月15日 – 現職)(wikipedia)

参考記事

動画あり【不都合な真◯8】ゲイツ、ファウチ、尾身氏に続き、ついにWHOテドロス氏「東欧のワクチ◯接種率が低い国でも、西欧の世界有数の接種率が高い国でも急増中だ!」「何度も言っているが、ワクチ◯は感染を完全に防ぐものではない!」「『誤った安心感』を持つな!」
WHOテドロス氏「コロナは東欧のワクチ◯接種率が低い国でも、西欧の世界有数の接種率が高い国でも急増しているんだ!」「何度も言っている!ワクチ◯は感染を完全に防ぐものではない!」「ワクチ◯がパンデミック...続きを読む
テドロスWHO事務局長「研究所漏えい説を排除するのは時期尚早」と発言/中国以外の世界諸国の幹部や保健当局からは、「人工的にウイルスが生成された可能性」
テドロスWHO事務局長「研究所漏えい説を排除するのは時期尚早」と発言 2021年8月8日 インド太平洋諸国で中国製ワクチンの評価が下がる中、世界保健機関事務局長が「研究所漏洩説を排除するのは『...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました