社会の話題と反応を発信していくネットメディア

CDCによると米国で報告されたオミクロン症例の大半は、完全にワクチンを接種した人だった/「症例43件中8割はワクチンを2度接種、そのうち3分の1は3度接種済み。現行ワクチンでは感染力の強い新亜種に対する防御力が低い可能性が」(ロイター)

コロナ

米国で報告されたオミクロン症例の大半は、完全にワクチンを接種した人を襲っている-CDC

金曜日に発表された米国の報告書によると、これまでに米国で確認されたオミクロン・バリアントによるCOVID-19の症例43件のうち、大部分は完全にワクチンを接種していた人で、そのうち3分の1はブースター接種を受けていた。

米国で報告されたオミクロンの症例のほとんどは、完全にワクチンを接種した人たちである-CDC

12月10日(ロイター) – 金曜日に発表された米国の報告書によると、これまでに米国で確認されたオミクロン変種によるCOVID-19症例43件のほとんどは、完全なワクチン接種を受けていた人であり、そのうち3分の1はブースター接種を受けていた。

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、オミクロン・バリアントに起因する43例のうち、34人が完全にワクチンを接種していたという。そのうち14人はブースターも受けていたが、そのうち5人は追加接種後、完全な防御が効くまでの14日以内に発症している。

現行のCOVID-19ワクチンでは、感染力の強い新亜種に対する防御力が低いのではないかという懸念が高まっている。

報告書によると、ほとんどの人は、咳、鼻づまり、疲労感などの軽い症状しかなく、1人は2日間入院しました。その他の症状としては、吐き気や嘔吐、息切れや呼吸困難、下痢、味覚や嗅覚の喪失など。

スポンサーリンク


CDCは、最初に報告されたオミクロンの症例の多くは軽度のようですが、感染とより重篤な結果との間にはラグが存在すると述べています。また、ワクチンを接種した人やSARS-CoV-2に感染したことのある人は、症状が軽いことが予想される。

このデルタ型は、米国での感染者の99%以上を占めています。しかし、南アフリカからの報告によると、オミクロン・バリアントは非常に感染しやすいとのこと。

今週発表された実験室での研究によると、オミクロン変異体は、ファイザー社(PFE.N)とバイオンテック社のCOVID-19ワクチンを2回接種した場合の防御力を鈍らせるが、3回目の接種で防御力が回復する可能性があるという。(ロイター)

Most reported U.S. Omicron cases have hit the fully vaccinated -CDC
Most of the 43 COVID-19 cases caused by the Omicron variant identified in the United States so far were in people who were fully vaccinated, and a third of them...続きを読む

参考記事

WHOアフリカ地域事務所は「オミクロン株」が、デルタ株に比べて重症化リスクが低い可能性があると発表
WHOアフリカ地域事務所は「オミクロン株」が、デルタ株に比べて重症化リスクが低い可能性があると発表 オミクロン株の重症化リスク「低い可能性」 WHOアフリカ事務所 2021...続きを読む
【アメリカ、民主党政権下で増える犯罪】12の主要都市が年間殺人事件の記録を更新/12都市はすべて民主党市長政権下
アメリカの死の年 2021年12月10日 フィラデルフィアの殺人件数がニューヨークとロサンゼルスを上回り、米国の主要都市のうち12都市が年間殺人件数の記録を更新(しかもすべて民主党)。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました