社会の話題と反応を発信していくネットメディア

香港立法会選、親中派「圧勝」 民主派初のゼロ 投票率過去最低/立候補に当たっては、一定数の親中派の推薦を得た上で、中国や香港への「忠誠心」を基準とした審査を通過しなければならず、民主派出馬は極めて困難な状況となった。

中国
スポンサーリンク

香港議会選の投票率、過去最低に

スポンサーリンク

香港立法会選、親中派「圧勝」 民主派初のゼロ 投票率過去最低

12/20(月)

数人の自称民主派は全員が大差で落選し、親中派の「圧勝」が確定。過去の立法会選で3~4割の議席を維持してきた民主派は、1997年の香港返還後初めて選挙によってゼロとなった。

153人の候補者のうち、自称民主派と中間的な路線を掲げる十数人が「非親中派」とされていた。業界別の間接選挙枠(定数30)で1人の非親中派が当選した以外、軒並み敗れた。

香港では今年5月、中国主導で選挙制度が大幅に変更され、定数は70から90に拡大された。

香港では伝統的に市民の6割が民主派支持と言われるが、民意が反映されやすい直接選挙枠は従来の35から20に縮小。立候補に当たっては、一定数の親中派の推薦を得た上で、中国や香港への「忠誠心」を基準とした審査を通過しなければならず、民主派出馬は極めて困難な状況となった。

主要民主派政党は候補者擁立を見送り、有権者の投票意欲も低下。直接選挙枠の投票率は2016年の前回選挙から30ポイント近く下がり、過去最低の30.2%だった。多くの民主派支持層が棄権を選んだ結果、親中派に票が集中した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

香港立法会選挙 “親中派”一色に 投票率過去最低の30.2%

中国政府主導で選挙制度が変更され、立候補には政府機関から“愛国者”認定が必要になるなど、民主派は候補者の擁立を断念。はじめから親中派の勝利が約束されていた選挙戦で、有権者の関心低下は早くから危惧されていました。(TBS)

香港立法会選挙 “親中派”一色に 投票率過去最低の30.2%
スポンサーリンク

ネットの声

香港は完全に民主化の方向を失った。

こうやって中国がサラミ戦術で他国に入っていく。恐ろしい事態だ。

民主派が立候補できなかったことが理由であることは明白だが、そんなことには中国・香港政府はお構いなし。

完全な出来レース。選挙の体をなしていない。

中共に忠誠を誓った者しか、立候補できないなんて。。。

この選挙は中共のアリバイ作り。国際社会に向かってやりましたというポーズ。

まったく意味の無い選挙。

こんな国でも金さえ稼げればいいという日本企業のだらしなさ!

スポンサーリンク

参考記事

【彭帥さんの発言動画】「環球時報の記者が、彭帥さんの姿」をTwitterに投稿「友人が送ってくれたビデオには、彭帥がNBA選手であるヤオ・ミンと対談している様子が映し出されていました」/ネット「ふむふむ、なるほど、なるほど」
彭帥さんが性的暴行の主張を撤回、健康状態への不安は消えず 中国のテニスプレーヤーがソーシャルメディアに投稿した、党の幹部からセックスを強要されたとする主張と矛盾しています。 2021年12月19日(日)14:58 GMT 中国...続きを読む
自民 高市氏 台湾への圧力「邦人保護など協議を」「中国が台湾周辺での軍事活動を活発化させており、かなり深刻な状況だ」
自民党の高市早苗政調会長「どのように邦人の保護、非戦闘員の退避を行うのか。日本と台湾で早く協議しておかないといけない」 自民 高市氏 台湾への圧力「邦人保護など協議を」 中国が台湾への圧力を強めていることをめぐり、自民党の高...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました