社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NHK、「濃厚接触者は1000人!」/20日時点で都内のオミクロン株感染は延べ4人(軽症)/ネット「濃厚接触数えてどうすんの?」

コロナ
スポンサーリンク

オミクロン株 感染者の濃厚接触者 東京都内で1000人超える

2021年12月20日 19時56分

新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」への感染が海外から入国した人を中心に相次ぐ中、同じ航空機に乗っていたとして濃厚接触者になるケースが増えていて、都内では1000人を超えました

厚生労働省は、海外から入国した人でオミクロン株に感染していたことが分かった人と同じ航空機に乗っていた乗客を濃厚接触者と見なしています。

都によりますと、19日の時点でこのうち1002人が都内に住んでいる人や滞在している人だということです。

スポンサーリンク


1002人のうち408人は都の宿泊療養施設に入ったか、今後入る予定で、そのほかの人は自宅で待機して保健所などと連絡がとれているということです。

「オミクロン株」への感染が海外から入国した人を中心に相次ぐ中、濃厚接触者になるケースが増えていて、都内で最初に確認されたのは先月30日のおよそ40人でしたが、3日前の17日時点で742人、18日時点で909人、そして、19日時点で初めて1000人を超えました。

こうした人とは別に、都の健康安全研究センターでオミクロン株の感染が確認された4人の濃厚接触者が15人いるということです。

都は引き続き、健康観察などを進めて市中で感染が広がらないか警戒することにしています。

オミクロン株 感染者の濃厚接触者 東京都内で1000人超える | NHKニュース
【NHK】新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」への感染が海外から入国した人を中心に相次ぐ中、同じ航空機に乗っていたとして…
スポンサーリンク

オミクロン株 都内で新たに1人感染確認 アフリカ東部から帰国

2021年12月20日 19時43分

東京都によりますと、都内で新たに40代の男性1人がオミクロン株に感染していることが確認されました。男性は、アフリカ東部から帰国していて、都は海外で感染した疑いがあるとして「国内で市中感染したケースにはあたらない」としています。

都によりますと、新たにオミクロン株の感染が確認されたのは、都内に住む40代の男性です。

男性は、アフリカ東部から12月12日に帰国しました。

到着した成田空港の検疫で行った検査では陰性だったということで、その後、都内の宿泊施設に滞在していましたが、15日に発熱や頭痛などの症状が出たということです。

このため、都の健康安全研究センターで独自のPCR検査を行ったところ、オミクロン株に感染している疑いが出て、ゲノム解析を行った結果、20日にオミクロン株の感染が確認されました。

男性は入院していて、現在は発熱しておらず、症状は軽いということです。

都は、男性は海外で感染した疑いがあるとして「国内で市中感染したケースにはあたらない」としています。

都の健康安全研究センターでオミクロン株の感染が確認されたのは、これで4人になりました。

オミクロン株 都内で新たに1人感染確認 アフリカ東部から帰国 | NHKニュース
【NHK】東京都によりますと、都内で新たに40代の男性1人がオミクロン株に感染していることが確認されました。男性は、アフリカ東部か…
スポンサーリンク

ネットの声

コロナ騒ぎが終わらないのはメディアのせい。

メディアがコロナ禍を終わらせようとしない。

濃厚接触しても発症しなければないのと同じ。しかもオミクロンて世界で確か一人しか亡くなってない。

オミクロンは感染力はあるが、症状は軽症だよ。いい加減に煽るのはやめたらどうか?

あたかも多くの人が感染したかのような報道。1000人という数字を出して脅しているのか?

NHKはマジで電波停止してもらいたい。こんなくだらない記事で金取っていると思うと腹が立つ。

スポンサーリンク

参考記事

【バイデン看板政策に痛手。来年中間選挙を控える中、大きな打撃】民主党から1人でも造反が出ると可決できない状況で、米民主有力議員が大型歳出法案に不支持表明
米民主有力議員、大型歳出法案に不支持表明 バイデン氏看板政策に痛手 [ワシントン 19日 ロイター] - 米民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員は19日、1兆7500億ドル規模の気候変動・社会保障関連歳出法案「ビルド・バック・ベター(よ...続きを読む
【彭帥さんの発言動画】「環球時報の記者が、彭帥さんの姿」をTwitterに投稿「友人が送ってくれたビデオには、彭帥がNBA選手であるヤオ・ミンと対談している様子が映し出されていました」/ネット「ふむふむ、なるほど、なるほど」
彭帥さんが性的暴行の主張を撤回、健康状態への不安は消えず 中国のテニスプレーヤーがソーシャルメディアに投稿した、党の幹部からセックスを強要されたとする主張と矛盾しています。 2021年12月19日(日)14:58 GMT 中国...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました