社会の話題と反応を発信していくネットメディア

45thトランプ大統領「中国ウイルスとも呼ばれるCOVID-19を早く駆除するために「当選」したのに、その成果はどうだ?」/バイデンはパンデミックを終わらせるという公約を破り、ワク未接種者は「死の冬を迎えるぞ」と脅す(*動画あり)

中国
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

ジョー・バイデンは、中国ウイルスとも呼ばれるCOVID-19を早く駆除するために「当選」したと思われる。その成果はどうだ?”

スポンサーリンク

共和党全国委員会

2020のバイデン「前にも言ったように、私はウイルスをシャットダウンするつもりだ!」

2021のバイデン「ワクチン未接種は 重篤な病気と死の冬を迎えることになる。彼ら自身とその家族によって病院はすぐに満員になってしまう」

スポンサーリンク

バイデン大統領、未接種者は「重病と死の冬」迎えると警告-接種促す

2021年12月17日

バイデン米大統領は16日、新型コロナウイルスワクチン未接種の米国民は「重病と死の冬」を迎えることになると警告し、米国で感染者が急増しオミクロン株も広がる中で初回免疫・追加免疫接種を行うよう促した。

大統領はホワイトハウスで新型コロナ対策チームから説明を受けた後、ワクチン接種を受けるべき時が来ていると発言。「われわれがそれを行えば経済の回復を守ることになるし、学校や企業は休まないで済むだろう」と訴えた。

バイデン大統領はオミクロン株について、政権が講じた措置により国内への流入と感染拡大を遅らせることができたものの、「現在は国内に入って広がっており、増えるだろう」とした上で、従来株や他の変異株と比べて「はるかに速いペースで」拡散し始めていると述べた。

スポンサーリンク


米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は今週、オミクロン株感染が既に全米の感染者の3%を占めており、ニューヨーク、ニュージャージー両州では13%に達していると推定されると述べた。

また大統領の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は16日、オミクロン株が数週間内に米国で主流になるとの見通しを示した。

CDCの当局者はこの日、オミクロン株が医療崩壊を引き起こす可能性があると警告。クリスマスまでに米国内で130万人が感染する可能性があるとの見通しを示した。

Bloomberg - Are you a robot?
スポンサーリンク

参考記事

45thトランプ大統領:「無知なジョー・バイデンは自分が作り出した危機を何一つ把握できない」(記事を引用し言及)
「無知なジョー・バイデンは自分が作り出した危機を何一つ把握できない」。 自分が引き起こした危機を全く理解できない無知なジョー・バイデン 12月8日 2021 バイデン政権ほど多くの局面で不意を突かれた政権があっただろうか。 ...続きを読む
45thトランプ大統領、ニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズを提訴/「ばかげた魔女狩り」のために「州司法長官の捜査・調査権を悪用し、憲法で保障された生存、自由、財産の権利を侵害した」
リズ・ハリントン氏「トランプ大統領声明」 レティシア(ニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズ)に、あなたの事務所などを含む腐敗した州の知事であるクオモ兄弟と、知事の汚れ仕事をしたフレド(クリス・クオモ)を相手にしていないことを伝えて...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました