社会の話題と反応を発信していくネットメディア

琉球新報の警察担当記者、酒気帯びで摘発。同紙は飲酒運転防止に向けたキャンペーン期間中だった/ネット「実名報道しないの?自衛隊の時は名前載せるのに」「処分はこれから?公務員でも普通の会社でも即効懲戒解雇だけど」

事件
スポンサーリンク

琉球新報の警察担当記者、酒気帯びで摘発 「飲んでいますか」自宅前で警官から質問

12/29(水) 19:26配信

琉球新報社は29日、同社編集局警察取材班キャップの男性記者(32)が、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで宜野湾署に摘発されたと発表した。男性記者の呼気からは基準値の5倍を上回るアルコールが検出されたという。

同社によると、 28日午後7時ごろから、那覇市内で取材関係者とともに飲酒。その後、宜野湾市の自宅近くの公園までタクシーで移動した。29日午前2時過ぎ、公園に駐車してあった自身の車を自宅までの約100メートル運転したところ、自宅前で警察官から「酒を飲んでいますか」との質問を受け、男性記者は「飲んでいます」と認めて、交通切符(赤切符)の交付を受けた。同日午前、男性記者が同社のデスクに報告し、発覚したという。

スポンサーリンク


今後の処分については「摘発された記者については、今後、さらに詳しい事情を調査するとともに社として厳正に処分する方針」としている。

同社の松元剛取締役編集局長は「弊社の警察担当キャップが酒気帯び運転で摘発されました。県民、読者の皆さまの信頼を著しく損なうこととなり、深くおわび申し上げます。飲酒運転根絶を呼び掛ける報道に取り組んでいる中、高い倫理観を求められる記者職による酒気帯び運転は言語道断の行為です。社として厳正に処分します。全社員に法令順守の指導を徹底するとともに記者教育を見直し、二度とこのような事態を招かないように努めます」とコメントした。

同社は毎週土曜の紙面で「NO! 飲酒運転」とのタイトルで、1週間に飲酒運転で逮捕された人たちの性別や市町村、職業、年齢を記載するなど、飲酒運転防止に向けたキャンペーンに取り組んでいた。(沖縄タイムス)

琉球新報の警察担当記者、酒気帯びで摘発 「飲んでいますか」自宅前で警官から質問(沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース
 琉球新報社は29日、同社編集局警察取材班キャップの男性記者(32)が、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで宜野湾署に摘発されたと発表した。男性記者の呼気からは基準値の5倍を上回るアルコールが検出され
スポンサーリンク

ネットの声

散々新聞紙面で在日米軍を叩いておいて「これ」ですか。事件だけでなく「琉球新報」の体質そのものが問われるスキャンダル。

公務員なら懲戒免職なので、普通に懲戒解雇だと思うけど、琉球新報では違うの?

社員の質がそのまま記事のクオリティーってかんじ?

必ずや実名報道してくれると思う。でないと、示しが付かない。

高い倫理観wwww

警察担当キャップが酒気帯び運転て、どんだけだ。当該記者だけの問題じゃない。

はっきり言って酒気帯び運転は酔っ払い運転。普通の会社なら懲戒解雇。普通の会社ならね。

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり:西安のロックダウン】住民は食料購入のための外出もできなくなり、飢えとの戦いを余儀なくされる/当初は2日に1回、各世帯の1人が買い物に行くことが許されていたが、外出できるのはPCR検査の時のみ
中国西安の封鎖は7日目に入り、住民は食料購入のために外出できなくなった。サムスンは現地工場の操業を停止。 中国の西安市では厳しい監禁が行われ、人々は「飢え」を余儀なくされている。 当初は2日に1回、各世帯の1...続きを読む
動画あり【まるで文化大◯命】中国ではロックダウンのルールに違反した者は、顔写真と名前を書いたプラカードを下げて街中を歩かされ、養豚用のトラックの荷台に乗せられて晒される
さながら文革のようだ 中国のロックダウンのルール違反者は、文化大◯命のような懲罰措置で公に恥をかかされ、自分の名前を書いたプラカードを持って通りをパレードした。 靖西市の警察は、監禁規則違反の容疑者を街頭でパレードさせた。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました