社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【海兵隊がバイデンのワクチン義務化にNO!】200人以上の海兵隊員がコロナワクチン接種を拒否して除隊/海兵隊はワクチン接種の義務付けに厳しく「宗教上の免除」がゼロ

コロナ

200人以上の海兵隊員がコビド19ワクチンを拒否して除隊

Covid-19ワクチン拒否で200人以上の海兵隊員を除隊に

2021年12月31日 午前5時45分

大多数の海兵隊員が少なくとも部分的にCOVID-19の予防接種を受けているにもかかわらず、予防接種を拒否して解雇される隊員の数は増加している。

海兵隊の大半がCOVID-19の予防接種を少なくとも部分的に受けているが、接種を拒否したために解雇される隊員の数は増加しつつある。

木曜日、海兵隊は、COVID-19ワクチンの接種を拒否したために職務を解かれた隊員がさらに増え、その数は200を超えたことを明らかにした。

The Hillによれば、海兵隊は全兵士にワクチンを接種するよう努力しており、報道官のAndrew Wood少佐は、206人の海兵隊員が解雇されたと述べた。

スポンサーリンク


8月にロイド・オースティン国防長官が軍の全兵科に対してワクチン接種を義務付け、各兵科は独自のスケジュールを実行する責任を負わされた。

海兵隊の場合、現役兵士は11月28日まで、予備役兵士は12月28日までワクチン接種を義務付けられた。この2つの期限はすでに過ぎており、除隊者が続出する可能性がある。

月曜日、バイデン大統領は2022年度国防権限法に署名した。この法律の中には、軍隊のメンバーが “COVID-19ワクチンを受けるための合法的な命令に従わなかったという理由だけで、不名誉除隊になることはできない “という条項が含まれている。

その代わり、接種を拒否したことで釈放された者は、少なくとも一般除隊を受けることができる。
海兵隊はワクチン接種の義務付けにかなり厳しく、「宗教上の免除」がゼロであるとの報告もある。

More than 200 Marines discharged after refusing Covid-19 vaccine
While the vast majority of Marines have been at least partially vaccinated against COVID-19, the number of troops being let go for refusing the jab is climbing.

参考記事

【トランプ大統領だったらの声】バイデン正念場。アフガン失敗に続き今度はウクライナ危機/プーチンと50分間に渡り電話会談/ウクライナ侵攻を抑止できなければ、プーチン氏との神経戦は敗北に等しい
バイデン正念場。アフガン失敗に続きウクライナ危機 バイデン氏正念場 ウクライナ侵攻許せば台湾は… 2021/12/31 外交努力による緊張緩和か、重い代償を払う制裁か。12月30日の米露...続きを読む
「45thトランプ大統領、アリゾナ州でのラリーを発表」/アリゾナ監査では、2020選挙の不◯疑惑が噴出した
リズ・ハリントン氏「第45代大統領ドナルド・J・トランプアリゾナ州で集会を開催」 ドナルド・J・トランプ大統領- 2021年12月30日- 第45代大統領ドナルド・J・トランプアリゾナ州で集会を開...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました