社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【トランプ政権が実施した「ファーウェイ輸出規制」が結実】ファーウェイ売上高3割減 21年、米制裁で成長止まる 会長「困難続く」/ネット「さすがのトランプ政権」「ジェノサイド認定が大きかった」

政治
スポンサーリンク

ファーウェイ売上高3割減 21年、米制裁で成長止まる 会長「困難続く」

スポンサーリンク

ファーウェイ売上高3割減 21年、米制裁で成長止まる 会長「困難続く」/成長路線は曲がり角に

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は31日、2021年の売上高が前年比29%減の約6340億元(約11兆4000億円)になるとの見通しを示した。

米国による半導体の輸出規制が続き、スマートフォン事業が落ち込んだ。20年は制裁下でも売上高は過去最高を更新したが、成長路線は曲がり角を迎えた。

郭平輪番会長が社内向けの新年のあいさつで明らかにした。郭氏は「22年も困難が待ち受けている」と述べ、「生き残り」に向けて研究開発や新商品の投入を強化する考えを示した。

ファーウェイ売上高3割減 21年、米制裁で成長止まる 会長「困難続く」
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は31日、2021年の売上高が前年比29%減の約6340億元(約11兆4000億円)になるとの見通しを示した。米国によ…
スポンサーリンク

トランプ政権がファーウェイに対する半導体の輸出規制を開始(2020.9.11)

ファーウェイ輸出規制、米国が本格化へ 逃げ場失う中国

2020年9月11日

米トランプ政権による中国通信大手、華為技術(ファーウェイ)に対する半導体の輸出規制が、15日に本格適用される。経済・軍事両面の競争力の決め手となる中核部品で米中の「デカップリング(切り離し)」が進み、華為に部品を供給する日本企業にも影響が広がりそうだ。

トランプ米政権は今年5月と8月、華為に対する半導体の規制強化策を発表した。いまは「猶予期間」だが、15日から本格的に導入される。米国側が「中国軍に所有または管理されている」とみる華為への高性能半導体の供給を、事実上絶つ狙いがある。

半導体産業では、受託メーカーは自ら設計せず、顧客からの設計データに基づいてつくるケースが多い。5月の規制では、華為の設計に基づいて、「米国製の半導体製造装置や設計ソフトウェア」を使ってつくる半導体について、華為への輸出を禁止した。華為は自社で設計した高性能半導体の製造を、世界最大の受託メーカー、台湾積体電路製造(TSMC)に委託しており、規制の対象となった。

ファーウェイ輸出規制、米国が本格化へ 逃げ場失う中国:朝日新聞デジタル
 米トランプ政権による中国通信大手、華為技術(ファーウェイ)に対する半導体の輸出規制が、15日に本格適用される。経済・軍事両面の競争力の決め手となる中核部品で米中の「デカップリング(切り離し)」が進み…
スポンサーリンク

ネットの声

今の流れはトランプ政権が作ったもの。去り際にやったジェノサイド認定が本当に効いている。

せっかくの流れを消さないように、日本も協力してほしい。

日本でも販売中止にしないと。

2024に絶対復活してほしい。その前に2022の中間選挙で民主党をボコボコにしてもらいたい。

日本では普通に売ってるぞ。岸田政権なんとかして。

日本もファーウェイとかライン使ってる場合じゃないのにな。

トランプ政権は本当に素晴らしかった。アメリカもバイデンではなく、今もトランプ政権が続いていたらこんなにならずに済んだのに。

スポンサーリンク

参考記事

【トランプ大統領だったらの声】バイデン正念場。アフガン失敗に続き今度はウクライナ危機/プーチンと50分間に渡り電話会談/ウクライナ侵攻を抑止できなければ、プーチン氏との神経戦は敗北に等しい
バイデン正念場。アフガン失敗に続きウクライナ危機 バイデン氏正念場 ウクライナ侵攻許せば台湾は… 2021/12/31 外交努力による緊張緩和か、重い代償を払う制裁か。12月30日の米露首脳会談で、バイデン米大統領はプーチン露...続きを読む
ナンシー・ペロシ、インサイダー取引禁止の議会法違反か?/ペロシとその夫は「議会議員に株取引を認めるべき」と主張した数日後に、グーグル、ロブロックス、ディズニー株のコールオプションを数百万ドル分購入した
ペロシとその夫は、議会議員に株取引を認めるべきと主張した数日後に、グーグル、ロブロックス、ディズニー株のコールオプションの数百万ドル分を購入した(NYP) ペロシとその夫は、議会議員に株取引を認めるべきと主張した数日後に、グーグル、ロブロ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました