社会の話題と反応を発信していくネットメディア

HUGE!【動画あり:コロナ死の真実/CDC所長が重大発言】CDCのワレンスキー所長は「COVIDによる死亡のほとんどが、少なくとも4つの併存疾患を持つ人々であった。これらの人々は元々体調が悪かった」と述べる

コロナ
スポンサーリンク

2年遅かった。コビド統計の真実は主流になりつつある

January 10, 2022

CDCのロシェル・ワレンスキー所長は認めた。圧倒的な数の死因の75%以上は、少なくとも4つの合併症を持っていた人たちによるものです。つまり、これらの人々は元々体調が悪かったのです」。

何だと?政府高官による真実の告白?しかもグッドモーニングアメリカで?大統領の世論調査が嘆かわしいという事実以外に、何が起こっているのだろう?

マサチューセッツとニューヨークは、コビッドのために入院した患者と、コビッドの陽性反応が出たが他の病気のために入院した患者を区別するようにすると発表したところだ。

WorldTribune.comは2020年8月に、CDCの統計によると、米国で記録されたウイルスによる死亡のうち、コビットが唯一の原因として挙げられたのはわずか6%であったと報告している

この統計は大手メディアによって無視されただけでなく、大手ハイテク企業の「ファクトチェッカー」たちも情報を抑えようと動いたのだ。

スポンサーリンク

では、いわゆる主流派がCovidの統計について真実を語り始めるのに、なぜ2年もかかったのでしょうか?

Mone○です。

「ワシントン・タイムズのコラムニスト、シェリル・K・チャムリー氏は1月10日、「もう一度言うが、統計で真実を語ることは最も重要なことのように思えるが、病院はこの点で惨めに失敗した。なぜかというと、怠慢かもしれない。群集心理かもしれない。政府や大手製薬会社の意向に従わなければならないというプレッシャーもあるだろう。しかし、もっとありそうなのは、M◯neyだ」。

メディケアは肺炎で入院した人一人につき5,000ドル、コビド結合性肺炎なら13,000ドル、コビド結合性肺炎で人工呼吸器を使用することになれば39,000ドル支払うことになる。

「これが事実である」とチャムリーは書いている。「これが、病院がコロナウイルスの統計で早とちりする動機となるのです」

「科学における真実、報道における真実、統計とデータにおける真実。これは、コロナウイルスへの対応に最初からあったはずの概念である」と、チャムリー氏は結論づけた。

Two years too late: The truth about Covid statistics is going mainstream
by WorldTribune Staff, January 10, 2022 CDC Director Rochelle Walensky has just admitted it: “The overwhelming number of deaths, over 75%, occurred in people wh...続きを読む
スポンサーリンク

CDCのワレンスキー所長「COVIDによる死亡のほとんどが4つの併存疾患を持つ人々であった」

CDCのワレンスキー所長は、COVID亜種による死亡のほとんどが少なくとも4つの併存疾患を持つ人々であったことは、「オミクロンとの関連において心強いニュース」であると述べた。

ワレンスキー所長「死因の75%以上は、少なくとも4つの併存疾患を持つ人であった。つまり、本当に元々体調が悪かった人たちなのです」

スポンサーリンク

参考記事

【岸防衛相またもGJ】極超音速兵器を迎撃 防衛省「レールガン」本格開発/一斉攻撃への対処力が格段に向上。5年後以降の試験運用を目指す/ネットには待望の声
極超音速兵器を迎撃 防衛省「レールガン」本格開発 極超音速兵器を迎撃 防衛省「レールガン」本格開発。5年後以降の試験運用を目指す。 2022/1/10 防衛省が、電磁力で砲弾を高速発射する「レールガン」(電...続きを読む
【動画あり】ポンペオ前国務長官「北京で開催されるこの冬季大会は、ジェノサイド・オリンピックとして語られるようになるだろう。中国で起きていることは、ジェノサイドにほかならない!」
ポンペオ氏「北京五輪はジェノサイド・オリンピックとして語られる」 北京で開催されるこの冬季大会は、ジェノサイド・オリンピックとして語られるようになるだろう。中国西部で起きていることは、ジェノサイドに他なりません。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました