社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【ボリス・ジョンソン、ダブスタ炸裂】ジョンソン氏は、屋内での社交が厳しく禁止されているにもかかわらず、スタッフにワインパーティーを奨励し自身も参加/市民はジョンソンのお面とかつらを被り、ワインを持って抗議

コロナ

ジョンソン氏、ワインパーティーに参加

ダウニング街のスタッフは、パンデミックの期間中、「ワインタイム・フライデー」を開催していました。ボリス・ジョンソンは定期的にその集まりに参加していた。

スタッフは、ワイン、プロセッコ、ビールを保存するための冷蔵庫を購入した。

ボリス・ジョンソンの「ワインタイム・フライデー」 – パンデミック時にNo10スタッフが毎週飲み会を実施

2022年1月15日

ダウニング街はコヴィッド・パンデミックの間、さらに多くのパーティーを開き、ボリス・ジョンソン首相は、屋内での社交が厳しく禁止されているにもかかわらず、スタッフに「息抜き」をするよう奨励し、毎週金曜日にイベントが開催された。

ダウニング街のスタッフはパンデミックの間、「ワインタイム・フライデー」を開催し、ボリス・ジョンソンも定期的にその集まりに立ち会っていた。

この定期的なイベントは非常に人気があり、スタッフは白ワイン、プロセッコ、ビールのボトルを冷やすために142ポンドのドリンク冷蔵庫を購入したほどだ。

フィリップ王子の葬儀の前夜に行われるパーティーのために、スタッフがスーツケースを持ってスーパーマーケットに行き、酒を仕入れたという報道は、一度や二度ではなかった。

当時のイギリスは、社会的な理由から家庭間の屋内混在が許されない、第二次国家封鎖の真っ只中にあった。

ある関係者は言う。「ボリスはよく立ち寄って、酒を飲みながらおしゃべりしていました」(mirror)

Boris Johnson's 'wine time Fridays' - No10 staff drinks every week in pandemic
EXCLUSIVE: Downing Street held yet MORE parties throughout the Covid pandemic with events taking place every Friday as Prime Minister Boris Johnson encouraged s...続きを読む

ボリスジョンソンを真似て抗議する市民

ダウニング街の外では「私の名前はボリスだ」「これは仕事のイベントだ」と唱え、100人ほどのボリスのそっくりさんが通りでジロジロ見ています。まったくもってシュール

タイトルとURLをコピーしました