社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ロシア外務省は米国の指摘について「挑発、デマであり脅しだ」と否定/米ブリンケン国務長官「ウクライナへのロシアの侵略はいつでも起こるる可能性がある」/米大統領補佐官「おそらく空爆から始まるだろう」

政治

ブリンケン「数日から数週間のうちに攻撃する可能性があると警告」

アントニー・ブリンケン米国務長官は、ロシアがウクライナ付近にさらに多くの軍隊を集結させており、数日から数週間のうちに攻撃する可能性があると警告した。ブリンケン氏はまた、旧ソ連邦にいるアメリカ人に対し、ウクライナから脱出するよう促した。

ブリンケン「ウクライナへのロシアの侵略はいつでも起こる可能性がある」

ロシア、五輪閉幕前にも侵攻の可能性

サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は11日、ロシアによるウクライナへの侵攻はいつ開始されてもおかしくはなく、おそらく空爆で始まるとの見解を示した。首都キエフへの奇襲もあり得るという。

[ワシントン 11日 ロイター] – サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は11日、ロシアはウクライナ侵攻に十分な兵力を集結させたとし、侵攻はいつ開始されてもおかしくはないとの見方を示した。おそらく空爆で始まるとの見解を示し、首都キエフへの奇襲もあり得るとした。

スポンサーリンク


サリバン補佐官はホワイトハウスで行った記者会見で、ロシアは空爆で侵攻を開始する可能性があり、出国が困難になる恐れがあるとして、ウクライナ国内にいる米国民に対し24─48時間以内に退避するよう呼び掛けた。ただ具体的な根拠は挙げなかった。ウクライナ国内に滞在する米国人の数は分からないとしている。

その上で、ロシアのプーチン大統領は今月20日の北京冬季五輪閉幕前にも侵攻を命令する可能性があり、首都キエフに対する急襲も考えられるとの見方を示した。

同補佐官によると、プーチン大統領が侵攻開始の命令を発出したかどうかは不明。また、バイデン大統領がプーチン大統領との電話会談を行うことを期待していると語った。

ロシア、五輪閉幕前にも侵攻の可能性 十分な兵力集結=米大統領補佐官
サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は11日、ロシアはウクライナ侵攻に十分な兵力を集結させたとし、侵攻はいつ開始されてもおかしくはないとの見方を示した。おそらく空爆で始まるとの見解を示し、首都キエフへの奇襲もあり得るとした。

【モスクワ共同】ロシア外務省のザハロワ情報局長は11日、ロシアが近くウクライナに侵攻する可能性があるとした米国の指摘について「挑発、デマであり脅しだ」と否定した。タス通信が伝えた。

ロシア、ウクライナ侵攻可能性は「デマ」 | 共同通信

参考記事

丸山穂高氏 ドンキの〝受信料を払わなくていいテレビ〟売り切れ続出に「NHKへの不満」「見たくない人からヤクザまがいに受信料を取り立てて、民間でも出来るドラマや〝軍艦島〟を貶める様な映像を垂れ流す」/ネットでは賛同の声殺到
丸山穂高氏 ドンキの〝受信料を払わなくていいテレビ〟売り切れ続出に「NHKへの不満だろう」 2/11(金) 「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(現・NHK受信料を支払わない国民を守る...続きを読む
【バイデンフレーション】またも記録塗り替え/1月の米インフレ率は前年比7.5%に急上昇、40年ぶりの高水準で予想を上回る。エネルギーコストは平均27%という驚異的な上昇。ガソリン価格は昨年より40%も上昇
インフレ率が40年ぶりに上昇:価格が7.5%上昇 1月の米インフレ率は前年比7.5%に急上昇、40年ぶりの高水準で予想を上回る。 バイデン氏は40年ぶりの高水準に急騰し...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました