社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】バイデンは4発目を接種「なぜ私はステージでこんなことをしているのだろう」と言いながら、袖をまくり上げ、独り言をつぶやいている

コロナ

「少しも痛くなかった」:バイデン(79歳)は、質問の嵐に直面しながら2回目のブースターを受けた

2022年3月30日

ジョー・バイデン大統領(79)は、国がパンデミックの「新たな瞬間」に直面していると述べ、2回目のブースター注射に袖を通し、議会に新たな資金を数十億ドル提供するか、重要な治療法を使い果たす危険性があると訴えた。

バイデン氏は、「COVID19は、もはや私たちの生活を支配するものではありません」

バイデンは注射を受けながら、一通りの質問を受けた。ロシアのプーチン大統領が、挫折だらけのウクライナ侵攻について、アドバイザーから良い情報を得ていないという報道について聞かれたとき、彼は多くを明らかにしなかった。

それについては消極的だ」と彼は言った。プーチンが自分のアドバイザーを信用していないという機密解除された情報についてはコメントしないと言った。

スポンサーリンク


バイデンは、政府が国境で自称移民を追い返すために利用するタイトル42の延長について聞かれ、『それについてはすぐに決定する』と答えた。

彼は、外国人の予防接種キャンペーンや、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話で何が起こったかについての他の質問には答えなかった。

‘人が腕に針を刺されるのを見ると、予防接種を受ける気が失せる’と常々思っている。だから、落胆させたことを謝る。でも、少しも痛くなかった。そして、袖をまくり上げて皆さんに感謝することができました』と語った。(dailymail)

バイデンは独り言をつぶやきながらワクチンを打つ

バイデンは2度目のブースターを接種、「なぜ私はステージでこんなことをしているのだろう」と言いながら、袖をまくり上げ、何分も独り言をつぶやいている–やばい。

バイデン「今度は2回目のブースター接種(4発目)を受けに行くんです。

ステージで何をやっているのかよくわからない。

私は少しも痛くありませんでしたし、私は私の袖を腕まくりすることができたし、すべての人に感謝する」

参考記事

【動画】機内で:「トランプのシャツを着ている」と隣の男性に嫌がらせをした婦人がどうなったか、見てみますか?
若い男がトランプのシャツを着ているからと、女が嫌がらせをしている。彼女はポートランド出身 スポンサーリンク (adsbygoogle = window...続きを読む
【動画あり】クラウス・シュワブは、世界政府サミット2022で「世界のエネルギーシステム、食料システム、サプライチェーンが深く影響を受けることは分かっている」と予言していた。
シュワブ「世界のエネルギーシステム、食料システム、サプライチェーンが深く影響を受ける」 NEW - クラウス・シュワブ氏が世界政府サミット2022で「世界のエネルギーシステム、食料システム、サプライ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました