社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ついに5発目:COVID-19の5回目のワクチン注射が秋に必要になるかもしれない。FDA(米食品医薬品局)の責任者が述べる

コロナ

COVID-19の5回目のワクチン注射が秋に必要になるかもしれない。FDA関係者

3月31日、2022

食品医薬品局(FDA)が、50歳以上のすべてのアメリカ人を対象に、モデナとファイザーのCOVID-19ワクチンの4回目の接種を許可した数時間後、FDA関係者は、秋に5回目の接種が必要になるかもしれないと述べた。

ワクチンを規制するFDAセンターの責任者であるピーター・マークス博士は、3月29日の電話会議で、「誰にもショックを与えたくはないが、秋には、より一般的なブースターキャンペーンとともに、別の変種補償に移行する必要があるかもしれない」と記者団に語った。

今回の緊急使用許可は、50歳以上のアメリカ人に対する4回目の予防接種と、免疫力が低下している12歳以下の人々に対する5回目の予防接種のためのものである。モデナとファイザーのブースターは、2021年初頭に流通していたSARS-CoV-2、つまりCCP(中国共産党)ウイルスの株を対象としている。その後、複数の株が出現し、米国で優勢になっている。オミクロンが最新だ。

スポンサーリンク


「現在あるワクチン(プロトタイプウイルスに対するワクチンと呼ばれる)ではなく、変種(オミクロン、ベータ、デルタのいずれか、あるいは他の何か、今はまだ言えませんが)に対するワクチンに移行することが決定されるかもしれませんし、異なるものの混合であるかもしれません」とマークス氏は述べた。「とマークスは言う。「しかし、人々が別のワクチンを接種する必要がある可能性はあります」

FDAが時代遅れのブースターを認可したのは、規制当局がそうすることで命を救えると考えたからで、オミクロン特有のブースターが有効かどうかを見極めるには数ヶ月かかりそうだからだと、彼は付け加えています。

そして、最適なブースターは何であるべきかは、実はまだ明確になっていない」とマークス氏は述べた。

この問題は、4月6日に開かれるFDAの専門家諮問委員会で議論される予定だ(zerohedge)抜粋

参考記事

【動画あり】怒りのFOXタッカー・カールソン、バイデンの罷免を公式要求「憲法修正第25条を発動せよ。こんな男を権力の座においておくべきではない」
タッカー・カールソン、ジョー・バイデンの罷免を公式に要求。 「憲法修正第25条を発動せよ ジョー・バイデン自身が言ったように、For God's sake, this man cannot rema...続きを読む
【45代トランプ大統領声明】「バイデンは、私の政権が石油備蓄を100%満杯に積み上げたのに、空っぽにするようだ!」/バイデンはガソリン価格の高騰のため、備蓄から1日あたり100万バレルの石油放出を検討
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領– 2...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました