社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【不都合な真実38】マスク義務化VSマスク義務づけなしのCDCのデータを見てみますか

コロナ

これは、マスク着用義務のある郡とない郡を比較したものです。

「何かをする」ことは人々の「気分」を良くするかもしれませんが、残念ながらその「何か」はマスクの義務化ではありません。 予防医療、肥満、OSA、予防可能な糖尿病のスクリーニングに重点を置いてほしい。

【米国における10万人当たりのCOVID-19感染者数(日別内訳- 人口10万人以上のオミクロン郡レベルの公共マスク義務化と義務化なしとの比較(CDCデータ)】

マスク義務化のケベック州と義務化していないオンタリオ州

私は決してアンチマスクではありませんし、アンチマスク義務化でもありませんが、オンタリオ州でよく議論されるように、明らかに決定的なものではありません。(ケベック州はマスク義務化を維持している)。

義務化のスコットランドと義務化していないイングランド

マスク着用が義務化されていないイングランドでは、マスク着用が継続されているスコットランドとまったく同じ時期に、患者数のピークがかなり低くなっています。このようなことがあと何回起これば、マスク着用義務は重要ではないということが人々に受け入れられるのか、私にはわかりません。

参考記事

松原仁議員「ならず者的な中国が日本のEEZ内で資源開発をする可能性がある、この時どう対応するのか?」林外相「外交ルートを通じて抗議する」/ネット「やれやれ・・」
林外相「EEZで中国が資源開発をしたら抗議する!」 松原仁議員「EEZで中国が資源開発をする可能性はある。この時大臣はどう対応するのか?」 林外相「国連海洋法条約において、沿岸国はEEZでの主...続きを読む
http://totalnewsjp.com/2022/04/13/biden-675/

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました