社会の話題と反応を発信していくネットメディア

2022中間選挙、新たな区割りで共和党圧倒的有利の予測/共和党寄りの議席が202、民主党寄りの議席が171、激戦34

政治

2022年の中間選挙とそれ以降に民主党と共和党のどちらが有利になるかを示す、議会地図案の最新トラッカーです。

これまでのところ、新区割りには民主党寄りの議席が171共和党寄りの議席が202、競合の激しい議席が34あります。

旧地図からの変化 民主党寄りの議席が+7、共和党寄りの議席が+1、競争力の高い議席が-7。

2022年5月20日

42の州(直近ではミズーリ州)が現在、議会地図の再作成を終えている(議会区が1つしかない6州は除く)。現在、2022年の選挙に向けた議会地図が整備されていないのは2州だけである。ニューハンプシャー州はまだ地図を制定しておらず、ニューヨーク州は新しい地図が制定されたものの、裁判で破棄された。

共和党はより多くの選挙区を設定できるようになったが、実際、下院における共和党の偏向は再編成によって削られている。これまでのところ、全米で民主党寄りの議席が7つ増え、共和党寄りの議席が1つ増えている。

しかし、現職議員を考慮すると、これまでのところ、区割り変更で得をしたのは共和党である。2022年には、新しい区割りのおかげで、共和党は4~6議席の純増を見込んでいる。共和党は、フロリダ州などで大胆な選挙区割りを行い、メリーランド州やニューヨーク州で民主党のゲリマンダーを裁判所が取り締まったことが功を奏した。共和党はまた、テキサス州などで薄紅色の地区をより安全な席に変えることで、既存の地位を強固にしている。

What Redistricting Looks Like In Every State
An updating tracker of proposed congressional maps — and whether they might benefit Democrats or Republicans in the 2022 midterm elections and beyond

参考記事

FDA(米食品医薬品局)はファイザーの関連会社の「サル痘治療薬」の静脈注射を承認/ネット「なるほどね」
FDAはファイザーの関連会社、SIGAテクノロジーズからの新しい静脈内サル痘薬物治療を承認します 2022年5月20日21時00分掲載 ファイザーがまたまたやってくれた。西洋で流行している最新...続きを読む
NEW!ナンシー・ペロシ、米大司教から「カトリック教会の中心的な儀式」への出禁通告を喰らう
米大司教、ペロシ氏の中絶権支持を理由に聖体拝領を禁ずる 米大司教、ペロシ氏の聖体拝領を禁止 中絶権支持で 20年05月20日 サンフランシスコの大司教は、ナンシー・ペ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました