社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アメリカ国民、バイデン政権の経済とインフレに「深く悲観的」/83%のアメリカ人が経済について悲観的と回答。50年間で最も高い不満のレベルに

政治

米国人、米国経済とインフレに「深く悲観的」

6月7、2022 先週、バイデン大統領は、就任以来「より多くのアメリカ人が経済的に快適だと感じている」と主張した。

しかし、新しい世論調査によると、83%のアメリカ人がアメリカ経済について悲観的で、「悪い、あるいはあまり良くない」と表現し、35%が自分の経済状況に満足していないと答え、これはWall Street Journal-NORC(シカゴ大学)調査が始まって以来50年間で最も高い不満のレベルであることが明らかになった。

ジャーナル誌は、この感情を「深く悲観的なもの」とし、アメリカ人は国家が最も重要な価値観をめぐって大きく分裂していると見ていると述べている。

調査対象となった1,071人の成人のうち、生活水準を向上させる見込みがあると答えたのはわずか27%で、昨年より20%減少し、46%がそうではないと答えた。

また、約60%の人が、ほとんどの人がアメリカンドリームを実現することに悲観していると答えています。

何がこの結果を招いたのだろうか?もちろん、インフレだ。

NORCの広報・メディアリサーチ担当副社長、ジェニファー・ベンツ氏は、この調査結果は、特に高いインフレが暗い経済見通しを後押ししていることを示している、と語った。

インフレ率は過去40年間で最速に近いペースで推移しており、4月の年率は8.3%で、消費者を圧迫するいくつかの要因の一つとなっている。商務省によれば、家計は支出を支えるために貯蓄を切り崩しており、S&P500は最近、弱気圏でほぼ終値を迎えた。-WSJ

世論調査によると、86%が、重要な価値観に関してアメリカ人は「大きく分裂している」と答え、半数以上が、今後5年間で分裂が悪化すると予想しているという。

「私は怒っている」と、コロラド州バーサウドに住む69歳の退職した電気通信事業者のロバート・ベンダは言った。彼は、自由はアメリカの最も重要な価値観であり、ワシントンを支配する民主党はそれを奪おうとしている、と言うのだ。「政府は利権団体のために正しいことをやっているのであって、それ以外の人間はどうでもいいのだ」

Americans 'Deeply Pessimistic' About US Economy, Inflation | ZeroHedge
ZeroHedge - On a long enough timeline, the survival rate for everyone drops to zero

参考記事

吉村知事がゴリ押し 78億円で303人 大阪コロナ施設/事務方の反対押し切りパフォーマンス優先/ネット「何が身を切る改革だ!」「コロナを自分の点数稼ぎに使った?」
【独自】 事務方は反対していた!78億円で303人 大阪コロナ施設「吉村知事」のゴリ押し発言録を入手 6/7(火) 「人の前に、場所はどこが使えるか」 「コロナ対策では、国ならアベノマスク、大...続きを読む
NEW!岸田政権7年ぶり節電要請決定。需給逼迫「注意報」新設し節電促す/ネットは批判殺到「無能!節電じゃなく原発再稼働だろ」「無為無策!脱炭素に金使ってこれ?」
政府が7年ぶりに節電要請決定 東電管内7月の供給予備率、3.1% 政府は7日、電力需給に関する検討会合を開き、今夏、家庭や企業に対して節電要請することを決めた。老朽火力発電所の休廃止の増加や...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました