社会の話題と反応を発信していくネットメディア

青い鳥の内部告発者は、安全性よりも成長を優先させたと批判/マスク氏は前CEOに 、偽アカウントやスパムアカウントについての情報を求める召喚状を提出

一般

Twitterの内部告発者は、プラットフォームが安全性よりも成長を優先させたと主張

2022年8月24日

このところ、Twitterは非難を浴びており、多くの人がこのプラットフォームに対して、その慣行についてより透明性を高めるよう求めている。

内部告発者で元サイバーセキュリティ責任者のピーター・ザトコ氏は、同社が無数のセキュリティとプライバシーの問題を抱えたまま運営を続けているという主張を発表した。

同氏は、同社を「混沌として舵取りができない」「内紛に悩まされ、政府機関や国家元首など影響力のある公人など、毎日2億3800万人のユーザーを適切に保護することができない」と評している。

CNBCの報道によると、ザトコ氏は、ボーナスを受け取るために、幹部がボットを含むスパムの削減よりもユーザーの増加を優先させたと主張している。

Twitter whistleblower alleges platform prioritized growth over safety
Zatko alleged that in order to receive bonuses, executives prioritized user growth over reducing spam, including bots....

イーロン・マスク氏、ツイッター元責任者ジャック・ドーシー氏を召喚

イーロン・マスクはジャック・ドーシーに “偽アカウントやスパムアカウントがTwitterのビジネスや運営に与える影響や効果 “についての情報を求める召喚状を提出。

イーロン・マスクは、ツイッターの元CEOのジャック・ドーシーに召喚状を提出した。

2022年8月23日 ドーシー氏は4月に締結された買収取引に関連するあらゆるコミュニケーションや文書をマスク氏に与えるよう法的命令を受けた

Twitterは、マスク氏が買収提案の際にそのテーマに関する情報を求めていなかったため、ボット数が間違っていることが判明した場合、同氏には手を引く権利があるという主張にも反論している。

Twitterの共同創業者であるドーシー氏は昨年11月、2度目のCEO就任を終え、マスク氏による買収を支持する声を上げていた。

ツイッターの契約には、契約が決裂した場合、一定の状況下で契約を破棄した側が10億ドルの契約解除金を支払うという条項が含まれていた。

Elon Musk subpoenas former Twitter chief Jack Dorsey - Insider Paper
Elon Musk has served former Twitter boss Jack Dorsey with a subpoena in a hunt for material to help him get out of buying the giant social media platform for ...続きを読む

参考記事

NEW!トランプ大統領、マー・ア・ラゴの家宅捜索時の「不当な捜索と押収」をめぐりバイデン政権を提訴/「家宅捜索と特定の文書の押収は修正第4条違反だ」
ジャック・ポソビック:元OANN特派員、政治活動家、保守ニュースサイトHuman Eventsにシニア編集者 トランプ氏、マー・ア・ラゴ襲撃時の「不当な捜索と押収」を理由にバイデン政権を提訴 ...続きを読む
「全数把握」見直し、首相が午後表明へ/ネット「遅すぎた感はあるがここは評価」「コロナ脳、涙目だな」「次は5類にワクチン有料でエンド」
感染者の全数把握、自治体が判断 政府方針、首相が午後表明へ 8/24(水) 政府は24日、新型コロナウイルス感染者の全数把握見直しに関し、全国一律ではなく各自治体の判断で行う方針を固めた。医療現場に...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました