社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【恐るべきトランプ人気:日本メディアが伝えない不都合な真実】予備選終了、トランプ支持の候補者の勝率は92%!217勝19敗

政治

トランプの236人の推薦候補は、予備選選挙で217勝19敗

September 15, 2022

トランプ大統領の支持を受けた候補者は、217勝19敗という記録を残している。その記録には誰も及ばない。共和党はトランプ大統領のものだ。トランプ大統領は、2016年に行うべきことを行っている。そしてそれは、共和党からRINOSを粛清し、勝てる親米派候補に入れ替えることだ。

ドナルド・トランプ前大統領は、全米の共和党予備選に大きく立ちはだかり、誰もが欲しがる支持を得て、共和党の軌道を舵取りするキングメーカー的な役割を担ってきた。

火曜日の夜、予備選挙が終了すると、トランプ氏は、彼の推す候補者の約92%が力強くゴールした。

Just a moment...
【動画】トランプ大統領「急進左派民主党は私を止めようと必死だが、そうはさせない。私は贅沢な暮らしを捨てて、再び政治の世界に踏み入れることを決めたのだ!」
トランプ大統領登場待ちの間「USA、USA、USAの合唱」 オハイオの会場は超満員 トランプ大統領「贅沢な暮らしを捨てて、政治の世界に踏み入れることを決めた」 「あんなにいい暮らしをして...続きを読む

反トランプの象徴であるリズ・チェイニーが大敗した時も、無理やり反トランプに持っていこうとする日本メディア

2022年8月22日 トランプ政権時代、大統領補佐官を務めるも外交政策で対立し、解任されたジョン・ボルトン氏は「反トランプ」の急先鋒の象徴でもある。

FNNの取材に対しボルトン氏は「チェイニー氏の敗北は、共和党にとって本当に損失だと思った。彼女は自分の意識と原則に立っていた。私たちは、それが誰であろうと、一人の人間に依存する政党では決してない。」

さらに「もし彼女が(2024年の)大統領選に出馬すれば、私は興味深くそれを見守ることになる」とも話しチェイニー議員を支援し、反トランプの姿勢を貫く考えを強調した

11月には、2年後の大統領選の行方を占う中間選挙が行わる。トランプ氏の勢いとともに反トランプの勢いにも目が離せない。(fnn)

参考記事

【外国人ファーストにNOの声】岸田氏「高度専門的知識や技術を持つ外国人を招くため、制度の見直しや新設を行う」/ネット「また外国人優遇か!」「日本人はスルーか!」
岸田首相 制度の見直し・新設に意欲 外国人の人材獲得へ 9/17(土) 岸田首相は、訪問先の福島県で、高度な専門的知識や技術を持つ外国人を招くため、制度の見直しや新設を行う意欲を示した。 ...続きを読む
「死んだ方が楽」ワクチンで“急性散在性脳脊髄炎”下半身不随に…医師は「治らない」(CBC)
「死んだ方が楽」ワクチンで“急性散在性脳脊髄炎”下半身不随に…医師は「治らない」 2022/09/16 (男性) 「こんな苦しい生活をするんやったら、死んだ方が楽だなと思いましたね。...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました