社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アリゾナ選挙で3つの明白な憲法違反/カリ・レイク陣営はやり直しを求める/有権者の平等保護権、修正第一条の権利、そして投票権の侵害で再選挙すべき

政治

選挙当日の投票機の不具合でマリコパ郡のやり直しを呼びかけるレイク陣営

2022年11月16日

アリゾナ州知事選のカリ・レイク陣営は、先週の選挙当日に投票所の30%以上で票集計マシンが誤作動したことを受け、マリコパ郡の選挙のやり直しを呼びかけた。

マリコパ郡はアリゾナ州の登録有権者の60%を占めている。

投票集計機の故障もあり、70カ所の投票所で異常に長い列ができた。選挙当日のマリコパ郡全域の集計機のトラブルが原因であった可能性がある。

アリゾナの有権者がいかに投票が困難であったかを説明する20以上の独占ビデオを受け取った。ある有権者は7時間も列に並ばなければならなかった。

レイクとホッブスの得票差は1万7千票だから、機能不全の70カ所の投票所あたり、レイクの有権者約240人分の差になる。ハマデの場合は、わずか11票である。

数時間の待ち時間を聞いて、1カ所あたり数百人が列を離れたり、姿を見せなかったりした可能性があるようだ。

ワシントンポスト紙によると、ゲイツ氏は下のビデオで、この問題は20%の場所で発生していたと語っているが、後に30%以上であると判明したとのことである。

Lake Campaign Calls for Redo of Maricopa County Due to Widespread Vote Machine Malfunctioning on Election Day
Hundreds of people per malfunction location could have either left the line or didn’t show up as they heard about the hours-long wait times.

アリゾナ州の選挙はやり直されなければならない。

アリゾナ州の選挙はやり直さなければならない:少なくとも3つの明白な憲法違反があり、その結果、選挙結果を確認することはできない。

2022年11月16日 アリゾナ州共和党の主張は、結果を決定づけるような複数の違反、損害、マリコパ郡の有権者の権利剥奪を証明する憲法に則った議論のみに基づいているはずである。結果決定的とは、違反があまりにもひどく、選挙の結果を決定づけたということである。

アリゾナ州憲法第2条第21項には、「すべての選挙は自由かつ平等でなければならず、文民、軍人を問わず、いかなる権力も、参政権の自由な行使を妨げるために干渉してはならない」と記されている。マリコパ郡では70カ所以上の投票所で、投票集計機が有権者の投票用紙を読み取れないという問題が発生したのは事である。

また、プリンターの設定に問題があり、インクの設定さえも不適切で、投票用紙が読めないという報告もあった。これらの問題は、意図的であろうとなかろうと、「すべての選挙は自由かつ平等でなければならない」という第2条第21項第1文に違反する。マリコパ郡の全投票所の約30%に当たる70カ所以上の投票所が危険にさらされたり、機能しなかったり、操作できなかったりすることは、アリゾナ憲法に違反する

マリコパ郡で選挙当日に起こったことは、有権者の平等保護権、修正第一条の権利、そして投票権の侵害である。

さらに、マリコパ郡の選挙管理者は、投票するために別の投票所で「チェックアウト」して「チェックインし直す」ように指示したとき、有権者に嘘をついた

アリゾナ州の選挙マニュアルのどこにも、これが選択肢であるとも解決策であるとも書いていない。実際、投票したかどうかにかかわらず、一度「チェックイン」した人は、その場を離れて別の投票所に行くことはできない。

なぜなら、その人が二つの異なる投票所で投票しなかったかどうかを判断する方法がないため、「二重投票」とみなされるからである。このような理由から、この選挙は無効とされ、やり直されるべきなのだ。

Arizona’s Election Must Be Redone: Here Are At Least Three Provable Constitutional Violations That Render the Results Uncertifiable
Guest post by Josh Bernstein If the Republican Party of Arizona and/or the campaigns for Republican Governor, Attorney General, or Secretary of State (the Senat...続きを読む

カリ・レイク氏

アリゾナ州、彼らがこんなことをしてくれて本当に申し訳ない。私たちは、彼らが私たちの投票の権利を奪うことを許さない。

カリ・レイク は、マリコパ郡が投票用紙のプリンターにインクを入れるのを「忘れ」なければ、アリゾナ州の知事にもなれるかもしれない。

参考記事

BIG!!下院共和党、バイデンの調査を発表!コマー議員(監視委員会)「これはジョー・バイデンとバイデン一族の調査だ!」「共和党委員会は連邦犯罪の証拠を発見した。共謀、詐欺、外国不正行為法違反、人身売買、脱税、マネーロンダリングなどだ」(動画)
速報:下院共和党がジョー・バイデンとバイデン犯罪一族の調査を発表(動画あり) 2022年11月17日 さあ、行こうか! 下院共和党は木曜日に、連続的な嘘つきでペテン師のジョー・バイデンを...続きを読む
ペロシ敗北宣言!下院民主党の党首を辞任、再選を目指さないと発言/ネット「お笑いだ。下院党首辞めたからって逃げられると思うなよ」「82歳の婆さんには刑◯所は辛いぞ。」
ペロシが辞任しました。 下院を取られた次の日に引退発表。それまでは強気の発言をしていましたが、いきなりの辞任宣言です。 これで下院議長はペロシの可能性は無くなりました。(下院議長は来年の、議会...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました