社会の話題と反応を発信していくネットメディア

Big!!アリゾナ州選挙部長が、選挙当日にプリンターの設定変更したことを法廷で認める 。意図的だった!/当日20箇所の投票所でマシントラブル。約9割が共和党地盤

政治

アリゾナ州選挙部長は、選挙当日にプリンターの設定を変更したことを法廷で認める – これは意図的なものだった!

アリゾナ州郡選挙部長スコット・ジャレットが法廷で認める。プリンタ設定は選挙当日に変更された – それは意図的なものだった!

2022年12月22日

マリコパ郡のチームは、間違ったサイズの投票用紙を使って選挙を妨害したことがバレるのを恐れていたのです。

マシンに問題があった20の投票所のうち17(84%)は、共和党の地区であった。これらの投票用紙は、マリコパ郡の選挙の日に、すべて集計機で詰まった。

投票用紙は、民主党の候補者と原因に厳しく寄付する、非常にリベラルなアリゾナの家族によって運営されている印刷会社、ランベック・カンパニーですべて印刷された。

欠陥のある投票用紙は、選挙当日に共和党が大挙して押し寄せることがわかっていたのに、配られたのだ。

選挙当日の有権者の72%は共和党に投票していた。その日の有権者のうち、民主党に投票したのはわずか17%であった。

木曜日、マリコパ郡選挙管理者のスコット・ジャレットは、投票用紙の大きさを変えるために、選挙当日にプリンタの設定を変更したことを認めた。

彼らは設定を認めたのだ!(thegatewaypundit)

BREAKING: Arizona County Elections Director Scott Jarrett Admits in Court that Printer Settings Were Switched on Election Day - IT WAS ON PURPOSE! (VIDEO)
One week ago, Maricopa County officials squirmed when Kari Lake’s team requested to inspect the Maricopa County ballots from Election Day. This was obvious at t...続きを読む

カリ・レイク陣営「選挙管理者のスコット・ジャレットは、アリゾナ州の有権者から大規模な権利剥奪につながったプリンター設定の変更が、選挙日の朝に発生したことを認めた

カリ・レイク氏

「いわゆる「シュリンク・トゥ・フィット(縮んでフィット)」問題につながったプリンターセットの変更は、選挙当日に行われたという証言でしょうか?」

マリコパ郡選挙部長スコット・ジャレット「その通りです」

参考記事

トランプ大統領、FBIの声明に反論「FBIはツイッターと協力したのだと言ったが、それはバイデンとトランプの支持をひっくり返し、選挙結果を変えるためだったのだ」
【FBIの声明】12/22 FBIとTwitterの間の通信は、私たちの伝統的で長期的かつ継続的な連邦政府と民間企業との関わり合いの例に他ならず、複数の分野と産業にわたる多数の企業が関与しているもの...続きを読む
岸田首相の長男翔太郎氏「官邸極秘情報ダダ漏れ」疑惑/就任直後から女性記者スクープ連発/ネット「事実かは知らんが息子を秘書官にするからこうなる」「某大臣まねた?」
「官邸極秘情報ダダ漏れ」情報源は首相長男・岸田翔太郎氏か/「早すぎるフジテレビ」スクープ連発/秘書官就任直後から 岸田文雄首相が「公私混同」との批判を受けながら10月、首相秘書官に起用したばかりの長...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました