社会の話題と反応を発信していくネットメディア

高市大臣「ショック」とポスト/高市氏が処理水を中国へ反論も、岸田氏「中国を刺激しないか」と周囲に不安/ネット「ビビリメガネ」

中国

高市大臣、中国への反論は「急きょ入れた」 処理水めぐりIAEA総会で激しい応酬「突出した輸入規制は中国のみ」

2023年9月26日

オーストリア・ウィーンで9月25日、IAEA(国際原子力機関)の総会が始まった。日本からは高市早苗科学技術相らが参加。福島第一原発の処理水放出をめぐり、中国側と激しい応酬を繰り広げた。

やや険しい表情で会場に入った、高市早苗科学技術相。中国が福島第一原発の処理水放出を非難したことに対し反論した。

高市科学技術相「突出した輸入規制をとっているのは中国のみです。日本としては引き続き、科学的根拠に基づく行動や正確な情報発信を中国に対して求めていきます」と述べた。

一方、演説を終えた高市科学技術相は「急きょ入れました、反論。ここ(IAEA総会)で言うか~。国連で言わはれへんかったのにね。(fnn

高市早苗経済安保相、岸田総理の不安に「ショック」「日本の水産関係者を守りたい一心だったのですが」

10/11(水)

高市早苗経済安全保障相が11日夜、自身のXに新規投稿。「今日の読売新聞を読んでショック」と打ち明けた。

高市さんは「IAEA総会で中国代表が『核汚染水』と日本を批判したので反論したのですが、岸田総理が『中国を再び刺激しないか』と周囲に不安を漏らしておられたとの記事」とショックを受けたという記事を紹介。

そして「私は日本の水産関係者を守りたい一心だったのですが、結果的に国益を損ねたという事なのか…」と胸の内を吐露した。これに対してフォロワーらからは擁護の声が相次いだ(中日スポーツ

高市早苗氏「また戦わせていただく」 来年の総裁選立候補に意欲
高市大臣が総裁選に立候補する意欲みせる 高市氏が再び立候補する決意を固めたようですが、残念ながら総裁選に勝てる可能性は極めて低い状況です。 前回は安倍元総理の応援のもと、安倍派や他の派閥や無派...続きを読む

高市大臣のポスト

岸田総理が『中国を再び刺激しないか』と周囲に不安を漏らしておられたとの記事」とショックを受けた

「保守を割っていた」のは自民党だったことをお忘れか?/高市氏に「今や悪人扱い」とまで言わせた自民党
保守を割っていたのは自民党 日本保守党が政党を立ち上げてからというもの、「保守を割るな」との声が多いようですが、そもそも彼らがいう「保守」とは一体どこの党なのでしょうか? もし、自民党だとした...続きを読む

ネットの声

岸田のチキン、いい加減にしろ!不安ならさっさと辞めろや!!!

今度は「ビビりメガネ」と言われたいのかな?

国益など損ねていません。正しいことをしたと思います。

高市大臣「G7の議長国として岸田首相や林外相は、中国に対する対抗手段を取るべき」:全面禁輸に対し
高市大臣「WTOに提訴すべきだ」 中国を健康を理由に処理水排出を認めないのだったら、中国は日本より多いトリチウムを排出している。 WTOに提訴すべきだ。協議の要請をすべき。多くの国に関わっても...続きを読む

高市さんが、ああ言った場で国の為にはっきりと反論していただいたのをニュースで見て、本当に国民として嬉しかったです!

IAEAでしっかり中国に反論されていて、素晴らしかったです。

増税メガネ👓はビビりメガネ👓に掛け替えてます。

岸田はダメですって。

チキンメガネ🫠

これは引いちゃいけないとこだと思います、、岸田総理残念な感じ

言う事はしっかり言って欲しいので良いと思います首相が腰抜けではどうしようもないですが。。

まず岸田総理が本当にそんな事を言ったのかを確かめるべきです。それができる立場なのですから。おそらく総理は言ってないです。そこでマスコミへの批判を行えば、さすが高市さんだとなりますよ。

中国側が不条理な理論で日本を蔑むのに、それを否定してどうして中国を刺激することになるのか?岸田総理の言ってる事は支離滅裂です。

そんなことでは意図して仕掛けてきた悪事も相手を刺激するからと、何も言えなくなる。

増税メガネ👓はビビりメガネ👓弱腰メガネ👓に掛け替えた

参考記事

http://totalnewsjp.com/2023/09/17/covid19-976/
バイデン、イランに60億ドル→ハマス「武器を提供してくれたイランに感謝する」/イラン議会「アメリカに死を!!」(動画)
ハマスのイスラエル攻撃後、イランのテヘランで祝賀会 JUST IN - Celebrations in Tehran, Iran after Hamas attack on Israel pi...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました