社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ファウチらが、致死率15%のサル痘の変異型ウイルスを作成しようとしていたことが判明:議会報告

covid19(コロナ)

ドクター・アンソニー・ファウチの部門、(NIAID)が、パンデミックを引き起こす可能性のある変異型サル痘ウイルスの作成計画を隠蔽

アンソニー・ファウチ博士が関与する米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の部門が、変異型サル痘ウイルスを作成する計画を隠していたという衝撃的な報告が、議会の調査で判明。

この報告によると、NIAIDはより危険なサル痘ウイルスの作成に関与していた可能性がある。

そのような研究が実施されれば、公衆衛生に重大なリスクをもたらす可能性があることを示唆している。また、この報告は「爆弾的」と表現され、米国議会による調査によって明らかにされたとされている。

ファウチの国立衛生研究所が「サル痘の治療法の研究に資金援助を行っていた」のはなぜですか? しかも世界的に流行する少し前から/サル痘、ウイルス拡大の恐れ:WHO
ファウチ最近、1,000万ドルのサル痘助成金。 サル痘が世界的に流行する少し前から、ファウチ氏の所属する国立衛生研究所はサル痘の治療法を特定するための研究に資金援助を行っていた。 ファウチの所...続きを読む

計画の内容:
これらの計画は、危険性が高いにもかかわらず、十分な情報開示が行われていなかった。

隠蔽行為:
NIAIDはこの計画を公にせず、秘密裏に進行していたと報告されています。このため、科学界や一般市民へのリスクが十分に評価されることなく、潜在的に危険な実験が行われていたことになる。

議会の反応:
この報告に対して議会からは、透明性の欠如や、潜在的なリスクを軽視した行動に対する批判が高まっている。また、このような実験が公にされなかったことについての責任を問う声も上がっている。

倫理的な懸念:
変異型ウイルスの作成が倫理的に許容されるかどうかについても議論が起きている。この種の実験は、実験自体がパンデミックの原因になり得るため、非常に慎重に進める必要があるとされている。(TNW)

【動画あり】ファウチは、トランプ氏が2024年の大統領選に勝った場合、ホワイトハウスを去ると述べる/ネット「当たり前だろ。お前の行き先はあそこだからな」
ファウチは、トランプが2024年の選挙に勝った場合、ホワイトハウスを去ると述べる トランプとファウチは、コロナウイルスが大流行した最初の1年間、頻繁に衝突していた。 アンソニー・ファウ...続きを読む

ファウチ博士らは「パンデミックを引き起こす可能性があった」変異サル痘ウイルスを作成する計画を隠していた:議会の衝撃的な報告書

「爆弾のような議会報告書によると、アンソニー・ファウチ博士の部署が、『パンデミックを引き起こし得る』変異型のサル痘ウイルスを作る計画を隠していた。」

国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、 ファウチ博士がまだ研究所の責任者だった2015年に、より伝染力が高く、より致死性の高いサル痘株を開発する計画を提出した。

報告書 は、HHS、NIAID、NIHが、危険な実験が承認され実施されたかどうかについて繰り返し「委員会を妨害し、誤解させた」と述べ、調査への協力は「容認できないものであり、犯罪の可能性がある」としている。

天然痘と同じウイルス科に属するサル痘は発疹やインフルエンザのような症状を引き起こし、2022年に世界的に大流行し、数万人が感染した。

米も日本も同じ構図/ワクチンを推進したファウチら科学者が、製薬会社から100億円以上の報酬を得ていたことが判明
日本 厚労省ワクチン審議会のうち、製薬会社から金銭の受取のある人が過半数(藤江成光氏のポストより) どれだけ新型コロナワクチンの健康被害が出ようとも、”審議会が、重大な懸念は無い”と言っているから...続きを読む

2022年10月、政府の科学者チームは、より危険な系統Iのサル痘の遺伝子を系統IIに挿入し、より致死的で感染力も強い可能性のあるハイブリッド株を作ろうとした

この新しいサル痘ウイルスの致死率は最大15パーセント、再生産率は2.4と推定されており、これは1人の感染者が2人以上に感染させる可能性があることを意味する。

このままでは、ハイブリッド株はパンデミックを起こす可能性があったサル痘。

下院委員会は現在、危険な実験が一度も行われなかったことを確認するために、HHS、NIAID、NIHから追加の証拠を求めている。(dailymail

ファウチが認める「社会的距離に根拠ない」「マスクの感染予防効果の証拠はない」「研究室漏洩は陰謀論ではない」
ファウチは明日宣誓供述する:ラスムッセン ・ソーシャルディスタンス:フェイクサイエンス ・マスク命令:フェイクサイエンス ・ワクチン接種命令:疑わしい ・実験室漏洩:「陰謀論」ではない ・機...続きを読む

ネットの声

ファウチは独房に入れられるべきだ。

トニー・ファウチがパンデミックを引き起こす可能性のあるサル痘の変異株を作ろうと計画していたことを示す証拠である。

ファウチはなぜ起訴されないのか?

やつらは人口減少に焦点を当てている。

ファウチが行くところは決まっている。刑務所だ。場合によっては死刑だ!

やはりか、サル痘もそうだし、コロナもそうだった。真の犯罪者だ!極刑にしろ。

参考記事

日本メディア、トランプ大統領の大勝利に発狂し、涙目で報道「判事がトランプ寄りだ、キーッ!」
トランプ大統領、大勝利のニュースに日本メディアは発狂、涙目で伝えています。 時事通信:トランプ氏裁判を無期延期 機密文書事件、遅延戦術が奏功―米地裁 2024年05月08日 米南部フロリダ州連邦地...続きを読む
米裁判所、mRNAコロナワクチンは従来の医学的定義ではワクチンではないと判決
第9巡回控訴裁判所、mRNA COVID-19ワクチンは従来の医学的定義ではワクチンではないと判決 2024年6月8日 アメリカ合衆国第9巡回控訴裁判所は、全国の公衆衛生政策を根本から変える可能性の...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました