社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】バー司法長官の不正捜査命令を不満として、司法省選挙犯罪支部長が辞任!

政治
スポンサーリンク

司法省選挙犯罪支部長が辞任

司法省選挙犯罪支部長のリチャード・ピルガーは、不正選挙の調査を承認したAGバーのメモに応えて辞任した-NYタイムズ

 

バーが連邦弁護士に投票の不正の支持されていない主張を調査するように言った後、司法省の最高選挙犯罪検察官は抗議して辞任する

ウィリアム・バー司法長官が連邦検察官に、州が今後数週間で結果を証明するために移動する前に投票の不正の申し立てを調査する必要があると述べた後、司法省の最高選挙犯罪検察官は月曜日に抗議して辞任した。

司法省の公的誠実部門の選挙犯罪部門の責任者であるリチャード・ピルガー氏は、司法長官が「投票詐欺調査のための40年前の非干渉政策を廃止する重要な新しい政策を発行している」とメールで同僚に語った。

選挙が認定され、争われなくなる前の期間。」ピルガーはまた、辞表でメモを同僚に転送した。ピルガーの辞任の電子メールは、彼が別の立場で部門にとどまる予定があるかどうかを明らかにしていませんでした。(keyt.com)

 

Page not found | NewsChannel 3-12

 

バーハンズ検察官は、不正投票の申し立てを調査する権限を持っています
司法長官は、彼は調査手順の「インスタンス」を承認したが、問い合わせは疑わしい主張に基づくべきではないと述べた。

ワシントン—ウィリアム・P・バー司法長官は、トランプ大統領の広範囲にわたる選挙の不正行為の根拠のない告発に踏み込んで、大統領選挙の結果が証明される前に、不正選挙の「特定の申し立て」を調査することを許可されたと月曜日に連邦検察官に語った。

ニューヨークタイムズが入手したピルガー氏が同僚に送信した電子メールによると、バー氏の承認により、不正選挙の調査を監督する司法省当局者、リチャードピルガーは数時間以内にポストから辞任するようになりました。

バー氏は、場合によっては調査手順の「特定の事例」を承認したと述べた。彼は注意深く書かれたメモの中で、検察官が調査する権限を持っていることを明らかにしたが、「疑わしい、投機的な、空想的な、または大げさな主張は、連邦政府の調査を開始する根拠とすべきではない」と警告した。

バー氏の指令は、法執行機関が選挙の結果に影響を与えないようにすることを目的とした司法省の長年の方針を無視していました。そしてそれは選挙の数週間前に、選挙前に不正選挙の調査の禁止を解除したという動きに続いた。(NYT)

 

Barr Hands Prosecutors the Authority to Investigate Voter Fraud Claims
The attorney general said that he had authorized “instances” of investigative steps but that inquiries should not be based on specious claims.

 

先の速報で伝えたバー司法長官が、不正捜査の追及の申し立てを許可したことに対して、司法省の犯罪対策支部長はこれを不満とし、辞任したものとみられます。

以前には、BLM鎮圧のための州兵の派遣にも反対した、バイデン側の人だった模様

タイトルとURLをコピーしました