社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】マケナニー報道官、「ペンシルバニアは勝利した!」PA裁判所『選挙後に到着した票は数えない』

政治
スポンサーリンク

マケナニー報道官、PAで勝利宣言

「勝利!! ペンシルベニア州の裁判所は、反トランプ国務長官のキャシー・ブックバーは、選挙日後に到着した投票用紙を数えようとして、彼女の権限を超えたことに留意した。米国憲法第1条第4項が重要です!」

FOXの記事によると、

ペンシルバニア州の判事は木曜日トランプ陣営に有利な判決を下し、有権者は身分証明書を提出する必要があり、11月9日までに提出しなかった投票用紙は、州が集計してはならないと命じた。

州法によると、有権者は選挙後6日後まで(今年は11月9日まで)に身分証明書の関する問題を解決しなければならないとされている。

ペンシルバニア最高裁判所が選挙日の3日後に郵送投票を受理できるとの判決を下した後、ペンシルバニア州長官キャシー・ボックバーは、(勝手に)投票受理期限から6日後の11月12日までは身分証明書の提出が可能であるというガイダンスを提出していた。このガイダンスは選挙日の2日前に発行されました。

 

「速報:ペンシルベニア。投票用紙と投票箱

「裁判官の命令で分離された投票はカウントされるべきではありません。これは、PA州務長官が選挙法を無効にする「法定権限の欠如」を規定しています。重要なことに、州には共和党の州議会があります。

合衆国最高裁判所は最終的に今ケースを決定するかもしれません」

(フォックスニュースのライターKyle Becker氏のツイート)

つまり👉「ペンシルバニア州の判事が州務長官は選挙法を超える権限はない。11月5日の裁判所命令によって分離された票は集計してはならない

PAは選挙後にも郵便投票を受理しカウントしていたので、それが無効になる

ペンシルベニア裁判所:国務長官は選挙日の2日前に期限を変更する権限を欠いていました
以前に取っておかれた裁判官の投票用紙は数えるべきではありません

ペンシルベニア州最高裁判所の州選挙法への変更に異議を唱える
特派員のブライアン・レナスは、ペンシルベニア州ハリスバーグから共和党の訴訟に関する最新情報を報告しています。

ペンシルベニア州の裁判官は、の有利な判決を下しトランプキャンペーン状態は有権者が識別の証拠を提供するために必要と11月9日によってそうすることができなかった投票用紙をカウントしない可能性があること木曜日、発表。

州法によると、有権者は選挙後6日(今年は11月9日)まで、身分証明書の欠如に関する問題を解決する必要があります。ペンシルベニア州最高裁判所が選挙日の3日後に郵送による投票を受け入れることができると裁定した後、ペンシルベニア州のキャシー・ブックバー国務長官は、投票用紙の受け入れから6日後の11月12日まで身分証明書を提出できるとのガイダンスを提出しました。締め切り。そのガイダンスは選挙日の2日前に発行されました。

「裁判所は、被告のキャシー・ブックバーは、連邦長官としての公式の立場で、期限を変更することを目的としたガイダンスである限り、2020年11月1日の被告郡選挙人団へのガイダンスを発行する法定権限を欠いていると結論付けています…特定の選挙人が身分証明書を確認するために」とメアリーハンナリービット裁判官は裁判所命令で述べた。

これは、州法には身元確認期限を延長する根拠がなく、Boockvarには一方的にそれを変更する権限がないというトランプキャンペーンの主張と一致していた。

ペンシルバニア州のキャシー・ブックバー国務長官は、2020年11月4日水曜日、ペンシルバニア州ハリスバーグで行われた総選挙での投票数に関する最新情報を提供する記者会見で講演しました(AP Photo / Julio Cortez)
ペンシルバニア州のキャシー・ブックバー国務長官は、2020年11月4日水曜日、ペンシルバニア州ハリスバーグで行われた総選挙での投票数に関する最新情報を提供する記者会見で講演しました(AP Photo / Julio Cortez)
裁判所は以前、有権者が11月10日から12日の間に身分証明書を提出したすべての投票用紙は、何をすべきかを決定する判決が出されるまで隔離するよう命じていました。

木曜日に、Leavittはそれらの投票は数えられないことを決定しました。

これは、トランプキャンペーンがペンシルベニアにもたらしているいくつかの法的課題の1つです。金曜日に、彼らは、必要な情報が不足しているにもかかわらず、不適切に数えられたと主張する何千もの投票についての公聴会を開く予定です。

さらに、キャンペーンは、ペンシルベニア州最高裁判所が郵送投票を受け入れるための3日間の延長を認めるのに適切に行動したかどうかに関する最高裁判所からの訴訟を待っています。(foxnews)

Pennsylvania court: Secretary of state lacked authority to change deadline 2 days before Election Day
A Pennsylvania judge ruled in favor of the Trump campaign Thursday, ordering that the state may not count ballots where the voters needed to provide proof of id...続きを読む

現在の状況

トランプ大統領:232(ノースカロライナ15+アラスカ3で新たに勝利)  バイデン:226

ウィスコンシン(10)とジョージア(16)は再集計が正式に認められ、ジョージアは手作業で再集計を開始。

ペンシルバニア(20)は、トランプ陣営の提訴に基づき最高裁判事のアリート判事が、投票日の午後8時以降に到着した票を別に集計しておくようにと指示し、実質的に最高裁が介入。(州裁判所が選挙後にも郵便投票を受理しカウントした票は無効←(NEW:本記事)

ウィスコンシンと、ジョージアと、ペンシルバニアを合計すると(46)。トランプ大統領の合計は(278)で勝利。

さらに、ネバダ(6)は、共和党が最低でも3,062件の不正について、個人を特定したとして提訴、バー司法長官が捜査を指示(←NEW)記事はこちら↓

さらに、ミシガン(16)は、トランプ陣営が票の集計を止めるように提訴したが、ミシガン州裁判所が却下→最高裁へ提訴予定

トランプ大統領が演説「合法的な票を数えれば、私は楽勝だ」投票の不正を主張

(FNN)

トランプ氏 集計合法なら楽勝 – Yahoo!ニュース
投票日から2日経過しても決着がついていない米大統領選。トランプ大統領はホワイトハウスで「選挙で不正が行われ、選挙は盗まれようとしている」「合法的な票を数えれば、私は楽勝だ」と演説した。

 

 

タイトルとURLをコピーしました