社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報!(続報)】ペンシルバニア州共和党は選挙人団を指名する決議案を決定!/あまりの不正を受け入れることはできない

政治

前回の記事

「ペンシルバニア(他の激戦州も)は州議会に選挙人を選ばせる戦略が濃厚」と記しましたが、PA共和党は自ら選挙人団を選ぶ決議を実施。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ペンシルベニア州の共和党員が選挙結果を争う決議案を発表

金曜日にペンシルベニア州の共和党の州議会議員は、2020年の選挙の結果に異議を唱えるために間もなく導入する決議を発表しました。

11月27日にメモで発表された決議のテキストは、キーストーン州政府の行政府と司法部門が選挙の規則を設定するために立法府の憲法上の権限を奪ったと述べています。

決議は、「大統領選挙人の選出およびその他の州全体の選挙コンテストの結果がこの連邦で争われていることを宣言し」「連邦長官および知事に大統領選挙人の証明を撤回または無効にし、結果の証明を延期するよう要請する」他の州全体の選挙人団は2020年の総選挙で投票しました。」

また、「米国議会に対し、この連邦での大統領選挙人の選出を争議中であると宣言するよう要請する」。

ペンシルベニア州議会のメンバーは声明の中で次のように述べています。「2020年の総選挙中にペンシルベニア州の選挙法の多くの妥協が行われました。郵送による投票、事前の勧誘、および勧誘に関連する文書化された不規則性と不正は、私たちの選挙プロセスを弱体化させ、その結果、州全体のレースでの結果の証明を受け入れることができません。

彼らはさらに、「この瞬間は極めて重要であり、総会がこれらの並外れた質問に答えるために並外れた措置を講じる必要があるほど重要であると信じています。また、ペンシルベニア州の立法府が憲法上の権限を取り戻し、直ちに行動を起こすことを要求しているため、代表的な監督義務があると信じています。」

提案されたテキストは、選挙の規則を変更するために司法および行政機関によって取られた3つのステップをリストしています。

まず、9月17日、ペンシルベニア州最高裁判所は、郵便投票用紙を受け取ることができる期限を「違法かつ一方的に」延長し、消印のない投票用紙はタイムリーに扱われることを義務付け、確認済みの投票署名のない投票用紙を許可しました。受け入れられた、決議は言います。

第二に、10月23日、連邦長官からの請願により、ペンシルベニア州最高裁判所は、郵送投票用紙の署名を認証する必要はないとの判決を下しました。

そして第3に、11月2日、連邦長官は「投票用紙に欠陥が含まれている郵送投票者の党および候補者代表に通知するよう特定の郡に奨励した」と決議は述べている。

すべての変更は、選挙日の午後8時に郵送投票を受け取ることを義務付け、郵送投票の署名を認証することを義務付け、欠陥のある郵送投票のカウントを禁止するペンシルベニア州選挙法に反しています。 。

決議はまた、11月25日のペンシルバニア上院多数派政策委員会での公聴会中に目撃者によって提起された問題を含む、さまざまな選挙の不規則性と潜在的な詐欺をリストしています。

「2020年11月24日、連邦長官は、訴訟が続いているにもかかわらず、大統領選挙人に関する2020年11月3日の選挙の結果を一方的に早期に認定した」と決議は述べている。

「ペンシルベニア州衆議院は、この連邦の市民が権利を剥奪されないようにし、すべての選挙が法律に従って行われることを主張し、すべての法定投票が正確にカウントされることを一般大衆に満足させる義務があります。」

共和党のペンシルベニア州上院議員、ダグ・マストリアーノ議員は金曜日、GOPが管理する州議会は、州の選挙人を選挙人団に任命する権限を取り戻すための入札を行うと述べ、11月30日にプロセスを開始できると述べた。(epochtimes抜粋)

Pennsylvania Republicans to Introduce Resolution Disputing Election Results
Republican state lawmakers in Pennsylvania introduced a resolution on Friday disputing the results of the 2020 election.
スポンサーリンク

ダグ・マストリアーノ議員は上院・下院はまとまっていると発言

「ペンシルベニア州上院議員、ダグ・マストリアーノ議員は、ペンシルベニア州議会は大統領選挙人に対する憲法上の権限を再主張しなければならないと述べた」

トランプ陣営上級顧問ジェナエリス弁護士:「ペンシルバニア州上院議員、総会の決議について@newsmax」

トランプ陣営上級顧問ジェナエリス氏「ペンシルバニア州議会の勇気に感謝します!彼らの決議は、不正選挙の後に選挙人団の代表を任命するという彼らの第2条の権限を取り戻します! 「偽の聴聞会」だと言っているツイッターティにとって、あなたは明らかに憲法を読んでいません!」

スポンサーリンク

もともと選挙人団は州議会が決定できることを憲法が定めており、ペンシルバニア共和党州議会の手続きは合法

「各々の州は、その立法部が定める方法により、その州から連邦議会に選出することのできる上院議員および下院議員の総数と同数の選挙人を任命する。(後略)」(アメリカン・センター訳)

マスコミなどでは、選挙人は大統領選挙の一般投票で最大得票の候補者の選挙人団に勝者総取りで配分されると解説されるが、それは各州の議会がそう定めた慣習に従っているからだけで、選挙人選出の主体はあくまでも州議会にあるのだ。(fnn記事抜粋)

『大統領選出までの流れ』12/8に選挙人団を州議会が選出、12/14に選挙人が投票。

(出典: NHK)

ネバダは12/3に公聴会を実施(11/25の記事)こちら👇

アリゾナは11/30に公聴会を実施(本日の記事)こちら👇

その後、ミシガン州も12/1に公聴会を実施することが確定。

公聴会で不正、詐欺選挙を公にし、共和党議員団をまとめ選挙人を州議会が決めるという流れに

NEW👇
NEW👇
タイトルとURLをコピーしました